スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.07.31 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    テルビナフィン250mg(ラミシール)

    0

      テルビナフィン250mg(ラミシール)


      真菌はカビの仲間であり、真菌の感染による真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
      よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症などがあります。

      テルビナフィンは内服タイプの真菌症治療薬です。主に抗真菌外用薬で改善が見られなかった足白癬(水虫)などの皮膚真菌症や爪白癬(爪水虫)の治療に使用されます。
      飲んで身体の内側からしっかり治します。

      テルビナフィンは水虫の飲み薬として広く認知されておりますが、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルが特徴であるため、白癬菌やカンジダ菌をはじめとする数多くの真菌に対して有効です。

      本剤は「ラミシール」のジェネリック医薬品であり、ラミシールと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

      テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
      腸から吸収された有効成分は爪や皮膚角質などの病巣にすばやく集まり、真菌細胞内へ移行します。そして真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの成長を阻害することで真菌細胞を破壊、死滅させます。
      尚、人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでありエルゴステロールは存在しません。そのため人間の細胞には影響を及ぼさないので安全性が高いです。

      テルビナフィンは数多くの真菌に対して殺菌効果を発揮します。
      主に深在性皮膚真菌症や爪白癬、頭部白癬、その他角質増殖型の白癬、爪カンジダ症などの治療に幅広く使用されています。
      殺菌的に作用するため、一定期間根気よく治療すれば根治可能です。

      特に、爪白癬治療薬といえばテルビナフィン内服もしくはイトラコナゾール内服(商品名イトリゾールなど)の2大巨塔です。
      爪白癬は手足の白癬(水虫)が進行し、爪の間にまで白癬菌が侵食して爪が肥厚肥厚・変色・変形などの病変が起こる疾患です。水虫の末期症状だとも言われます。足白癬を放置しているとかかりやすいです。
      爪は角質が非常に硬く外用薬が浸透しにくいため、爪白癬の治療では内服薬が選択されることが多いです。
      テルビナフィンを長期間(3〜12ヶ月以上)服用することで爪白癬の根治が可能です。
      もうひとつの爪白癬治療内服薬イトラコナゾールも優れた抗真菌薬ですが、併用禁忌薬や併用注意薬が非常に多いのがデメリットです。テルビナフィンに併用禁忌薬はありません。

      ただし、テルビナフィンは肝障害と血液障害の重大な副作用が報告されているため注意が必要です。重い肝障害や血液障害がある方は服用できません。
      テルビナフィンを長期間服用する際には定期的な肝機能検査や血液検査を受けてください。

      テルビナフィン250mg(ラミシール)

      ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)

      0

        ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)


        ケトコナゾールクリームは古くからある有名な抗真菌外用薬です。
        どんな症状にも使いやすく皮膚への負担が少ないクリームタイプです。

        真菌はカビの一種です。誰もが聞いたことがあって多くの方がかかってしまう「水虫」も白癬菌という真菌による真菌感染症ですし、女性に多い「カンジダ」もカンジダ菌による真菌感染症です。

        白癬菌は高温多湿の環境を好む真菌で、大半は足に寄生して足白癬すなわち水虫となります。共有したタオルやバスマットなどから簡単に感染します。
        カンジダ菌は普段から体内に存在する真菌ですが、身体が弱って免疫力が低下すると異常増殖してカンジダ症を発症します。膣カンジダは性行為でも感染するため性感染症としても知られています。

        頭皮や顔など皮脂の分泌が盛んな部位に多く発症する脂漏性皮膚炎も、原因はマラセチアという真菌の異常増殖です。(ただし、他にも原因が多数あります。まだ完全には解明されておりません。)脂漏性皮膚炎の症状は発赤、かゆみ、ブツブツ、炎症、大量のフケや脱毛(頭皮)などです。

        ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールは真菌の発育を抑制して殺菌し、真菌感染症による症状を改善して根治してくれます。

        ケトコナゾールクリームは主に足白癬(水虫)、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎の治療に世界中で非常に多く使用されています。

        本剤はジェネリック医薬品であり、先発品の商品名は「ニゾラールクリーム」です。ニゾラールクリームと同一成分・効果ですが、値段がお安く設定されています。

        ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持っています。白癬菌、カンジダ、癜風菌をはじめ数多くの真菌に対して抗真菌効果を発揮します。

        ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜を構成するエルゴステロールという成分の生合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。
        エルゴステロールは真菌細胞独自の成分であるため、人間など哺乳類の細胞には存在しません。そのため人間の細胞には無害で安全です。

        また、ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の原因物質ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)を抑制する作用があり、AGAの予防・改善効果があることが明らかになっています。
        ただし、本剤のようなクリームタイプは頭皮への使用はやや不向きです。AGAや頭皮の脂漏性皮膚炎の改善目的の場合は、有効成分ケトコナゾールのローションタイプやシャンプータイプをお勧めします。(このサイト内で販売しております。)

        ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)

        テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠

        0

          テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠


          テルビナフィン250mgは、真菌(カビ)による感染症である水虫やカンジダ症治療薬ラミシール錠125mgのジェネリック医薬品です。

          服用することで、病気の原因となる真菌の皮膚糸状菌(白癬菌)や性行為感染症としても有名なカンジダ菌に対して殺真菌効果をあらわします。

          血液とともに全身に有効成分が移行するため全身の真菌感染症に対して殺真菌効果をあらわすことができ、抗真菌クリームなどの塗り薬では治療できない局所的な部位に対しても優れた効果をあらわします。

          日本で販売されている先発品ラミシール錠125mgよりも高用量の有効成分を含有しているので、より強力な効果が期待できます。

          皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症(但し、外用抗真菌剤では治療困難な患者に限る。)

          深在性皮膚真菌

          白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス
          表在性皮膚真菌症

          白癬:爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急
          性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬
          カンジダ症:爪カンジダ症

          テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠

          イトラコナゾール100mg15錠

          0

            イトラコナゾール100mg15錠


            イトラコナゾールとは、水虫の原因となる白癬菌や、カンジダの原因となるカンジダ菌などの真菌に対して効果のある抗生物質です。

            イトリゾールの作用機序は、エルゴステロールと呼ばれる細胞膜の合成に必要なP450と呼ばれる酵素を阻害することです。人間も真菌などの細菌も、細胞を守るために細胞1つ1つが細胞膜という膜で守られています。人間の体には白血球を初めとした様々な免疫機構が存在し、体内や体表面に存在する異物を攻撃しています。

            しかし、真菌の場合は、エルゴステロールで構成された細胞膜が存在するため、もともとある免疫機構だけでは対処することができないため、真菌が増殖し、水虫やカンジダといった症状を引き起こします。イトラコナゾールは、真菌がエルゴステロールの細胞膜を合成ために必要なP450という酵素の働きを妨げます。この結果、真菌の防御機能がなくなるため、人間がもともと持っている防御機構で対処が可能となり、治療が行われるというものです。

            イトラコナゾールは、真菌に対して効果を持っていますが、爪水虫に対して使用していただくことをおすすめいたします。パルス療法と呼ばれる投与方法があり、先発品であるイトリゾールカプセルが正式に厚生労働省よりその使用方法の承認を取っており、他の抗真菌薬よりも効果が認められている投与方法です。

            また、性病であるカンジダに対しても効果が認められていることから、病院に行かなくても自宅でこっそり治療ができます。

            ※この商品は、Mylan New Zealand Limitedによって製造されています。

            イトラコナゾール100mg15錠

            カネステンクリーム

            0

              カネステンクリーム


              カネステンクリームは、真菌を殺真菌することができる塗り薬(クリーム)です。
              白癬(水虫)やカンジダ症の治療のために使用することができます。

              世界的に有名な製薬企業であるドイツ・バイエル社によって製造販売されており、日本でも販売名は異なりますが承認・使用されているため、信頼性の高いお薬です。
              世界で最初のイミダゾール系抗真菌剤として承認されており、日本では1975年に製造販売承認を得て、1976年1月に販売されています。

              日本だけでなく、カネステンクリームはイギリス、ドイツを含む世界60ヵ国以上の国や地域で承認・販売されています。
              カネステンクリームは世界中で、真菌による症状に悩む患者のために使用されています。

              1日2〜3回塗ることで、皮膚の真菌感染症状を改善し、皮膚をきれいに治すことができます。
              主に足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風の治療に使用することができます。

              注意点として、比較的副作用を起こしにくく安全性は高いのですが、完治するまでには長期間継続してカネステンクリームを使用する必要があります。
              これはカネステンクリームの効果が弱いのではなく、皮膚の奥深くに潜んでいる真菌を完全に殺しきるためには長期間の使用をする必要があるからです。

              見た目の症状がよくなっても途中でやめてしまうと再発してしまうおそれもあるので、根気よく粘り強くカネステンクリームを使用するようにしてください。

              下記の皮膚真菌症の治療

              白癬:足部白癬(汗疱状白癬、趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬
              カンジダ症:指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎
              癜風

              カネステンクリーム

              ニゾラールクリーム

              0

                ニゾラールクリーム


                ニゾラールクリームの有効成分ケトコナゾールは「イミダゾール系」と呼ばれる抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持っています。
                白癬菌、カンジダ、癜風菌などの多くの真菌に対して強力な抗真菌効果を発揮します。

                有効成分ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。殺菌的に働き、真菌を死滅・根治させることが可能です。
                人間など哺乳類の細胞にはエルゴステロールは存在しません。そのため体内の細胞に対しては毒性がなく安全です。

                また、有効成分ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の予防・改善効果があることが明らかになっています。
                これは、ケトコナゾールにはAGAの原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する作用があるためです。
                そのため海外では有効成分ケトコナゾールを配合したシャンプータイプの商品(商品名ニゾラールシャンプーなど)が市販されており、非常に人気があります。

                本剤のようなクリームタイプは頭皮への使用は問題ありませんが使い心地的にやや不向きです。頭皮には有効成分ケトコナゾールのローションタイプ(ニゾラールローション )やシャンプータイプ(ニゾラールシャンプー)が使用しやすいです。当サイトでも多くの商品が販売されております。
                国内の医療機関でもニゾラールクリーム→足白癬、カンジダ、顔や身体の脂漏性皮膚炎、ニゾラールローション→足白癬、頭皮や身体の脂漏性皮膚炎という風に使い分けがされている傾向があります。

                クリームタイプは刺激が少なく、どんな症状に対しても問題なく使用できることがメリットで、刺激感などの副作用もほとんどないため長期的な治療に適しています。
                犬や猫などペットの皮膚症状にも効果を発揮します。

                ニゾラールクリーム

                ケトコナゾールクリーム(KZ Cream)

                0

                  ケトコナゾールクリーム(KZ Cream)


                  ケトコナゾールクリームは抗真菌作用を持った外用クリームです。古くから日本を含め世界中で非常に多く使用されています。

                  真菌はカビの一種です。多くの方々が悩まされる「水虫」は白癬菌、「カンジダ」はカンジダ菌という真菌の感染による皮膚真菌症です。
                  真菌には沢山の種類がありますが、代表的な真菌は白癬菌、カンジダ菌、癜風菌などです。

                  真菌は身近に多く存在しています。例えばカンジダは常在菌で普段は体内で眠っていますが、疲労・病気・ストレスなどの要因で身体の免疫が低下するとカンジダ菌が異常増殖してカンジダ症を発症します。また、性器カンジダは性器感染するために性感染症としても知られています。

                  ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールは強力な抗真菌作用を持っており、真菌の発育を抑制して殺菌します。
                  主に白癬(水虫)や皮膚カンジダ症の治療に世界中で非常に多く使用されています。
                  膣内・尿道部など粘膜部位を除けば、もちろん陰部にも使用できます。

                  更にケトコナゾールクリームは「脂漏性皮膚炎」に対しても有効です。
                  脂漏性皮膚炎は頭皮や顔など全身に起こる皮膚の炎症・湿疹ですが、マラセチアという真菌の異常増殖が主な原因のひとつであるため、有効成分ケトコナゾールの抗真菌作用がマラセチアを殺菌して脂漏性皮膚炎による症状を改善します。

                  日本でも「ニゾラールクリーム」という商品名で販売されております。処方箋医薬品なのでドラッグストアなどでは購入できません。
                  ケトコナゾールクリームはニゾラールクリームのジェネリック医薬品なのでお安くお買い得です。

                  ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルが特徴です。
                  白癬菌、カンジダ、癜風菌などの様々な真菌に対して抗真菌作用を発揮します。

                  ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで真菌の発育を抑制・阻止し、死滅させます。
                  エルゴステロールは真菌細胞が持つ特有の成分であるため、エルゴステロールを持たない人間の細胞に対してケトコナゾールは影響しません。そのため細胞毒性がなく安心してご使用頂けます。

                  ケトコナゾールクリームは白癬菌による足白癬(水虫)・体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ菌による皮膚カンジダ症、癜風菌による癜風、脂漏性皮膚炎などの治療に世界中で非常に多く使用されています。

                  また、有効成分ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の原因物質である悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する作用があり、AGAの予防・改善効果も認められています。
                  ただし、本剤のようにクリームタイプは頭皮への使用はあまり適していません。AGAの予防改善目的や頭皮に発症した脂漏性皮膚炎の治療目的で頭皮に使用したい場合は有効成分ケトコナゾールのローションタイプやシャンプータイプを推奨します。(当サイトで購入できます。)

                  クリームタイプは頭皮には不向きですが、刺激が少なくどんな症状に対しても万能に使用できることがメリットです。刺激痛や炎症などの皮膚の副作用もほとんどないので長期的な治療に適しています。
                  また、人間だけでなく犬や猫などペットの皮膚症状にも使用可能です。

                  ケトコナゾールクリーム(KZ Cream)

                  スポラノックスジェネリック

                  0

                    スポラノックスジェネリック


                    スポラノックスジェネリックは有効成分イトラコナゾール100mgを含有する世界的に有名な抗真菌薬です。
                    本剤はジェネリック医薬品であるためお安く設定されています。

                    真菌はカビの仲間です。真菌によって引き起こされる真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
                    よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症です。

                    スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは白癬菌、カンジダ、アスペルギルスなど多くの真菌に対して有効なので、様々な真菌症の治療に世界中で使用されています。特に難治性の爪白癬の治療に多く使用されています。

                    スポラノックスジェネリックはトリアゾール系と呼ばれる抗真菌薬です。
                    強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持ち、白癬菌やカンジダをはじめ様々な真菌に対して著しい殺菌効果を発揮します。

                    スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは、真菌の細胞膜を構成する成分「エルゴステロール」の合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。
                    ヒトの細胞膜にエルゴステロールは存在しないため、有効成分イトラコナゾールは人間の細胞には影響をきたしません。そのため毒性は低く安全に服用できます。

                    有効成分イトラコナゾールは病巣の移行性が良く、長く留まって殺菌効果を持続させるために様々な真菌症の治療に多く使用されています。
                    特に、爪白癬の治療といえばイトラコナゾールです。爪白癬は爪の中に真菌が隠れこんでしまうため治療が長くかかり厄介な病態だと言われていますが、イトラコナゾールがよく効きます。
                    一般的には外用薬で効果が見られなかった場合に本剤のような内服薬を検討します。

                    スポラノックスジェネリック

                    ラミシールジェネリック(ファンゴテック)

                    0

                      ラミシールジェネリック(ファンゴテック)


                      ファンゴテックは、アリルアミン(非アゾール)系抗真菌剤であるラミシール錠125mgのジェネリック医薬品です。

                      1936年に設立された歴史の古いインドの製薬会社であるFDC (エフディーシー)社によって製造・販売されています。

                      服用することで、有効成分が血流にのって全身に回るため、塗り薬ではなかなか治らなかった難治性の水虫やいんきんたむしを治療することができます。

                      水虫やいんきんたむしの発症部位である爪や皮膚への移行性がよく、長期間感染部位に残留するため1日1回服用するだけで治療効果が期待できます。

                      有効成分を日本で承認されている先発品のラミシール錠125mgの2倍量配合しているので、錠剤を半分に割って服用するだけでも十分に治療効果をあらわします。

                      皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症
                      但し、外用抗真菌剤(塗り薬等)では治療が困難な患者に限ります。

                      深在性皮膚真菌症
                      白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス

                      表在性皮膚真菌症
                      白癬:爪白癬、手・足白癬(水虫)、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬
                      カンジダ症:爪カンジダ症

                      ラミシールジェネリック(ファンゴテック)

                      カンジドクリーム(クロトリマゾール)1%

                      0

                        カンジドクリーム(クロトリマゾール)1%


                        カンジドクリームは有効成分クロトリマゾール1%を含有する抗真菌外用薬です。インドの製薬会社グレンマーク・ファーマ社から販売されています。
                        世界的に有名な抗真菌外用薬「エンペシドクリーム」のジェネリック医薬品であり、同成分・効果でありながらエンペシドクリームよりもお安くお買い得です。

                        有効成分クロトリマゾールは日本で発売されたのは1976年という古い薬ですが、現在でも多くの方に使用されており確固たる人気を維持しています。

                        クロトリマゾールは主に白癬菌による足白癬(水虫)・体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)などやカンジダ菌による皮膚・膣カンジダ症の治療に使用されています。

                        真菌はカビの仲間であり、真菌が身体に感染することによって様々な症状が引き起こされます。
                        白癬菌やカンジダ菌は代表的な真菌の一種です。皮膚に常在している菌ですが、通常の状態では潜伏しているだけで身体に何の悪さもしません。
                        ただし、何かの拍子に急激に繁殖を始めて真菌による感染症を発症します。
                        これら真菌が好むのは高温多湿の環境や身体の免疫力低下で、こういった環境や条件が揃えば男女共に簡単に発症してしまう非常にメジャーな感染症です。

                        また、白癬は共有するタオルやバスマットから接触感染し、カンジダ症は性行為によって性感染するので注意が必要です。そして再発率も高いです。(特にカンジダ症)

                        真菌症を放置すると症状が徐々に悪化するので、発症したらすぐに治療を開始することを強く推奨します。

                        真菌による感染症には、身体の表面に感染する「表在性真菌症」と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する「深在性真菌症」の2種類があります。
                        カンジドクリームは前者の表在性真菌症を治療する外用薬です。

                        カンジドクリームの有効成分クロトリマゾールは白癬菌、カンジダ菌、癜風菌など多くの真菌に対して強力な殺菌効果を発揮します。
                        殺菌的に作用するため、一定期間根気よくカンジドクリームを使用することで根治することができます。

                        有効成分クロトリマゾールは病巣から真菌細胞内へすばやく移行し、真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの成長を阻害することで真菌細胞を破壊・死滅させます。

                        細胞に作用する薬であるため人体に害はないか不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでありエルゴステロールが存在しません。そのため人間の細胞には全く影響しないので安全性が高く安心して使用できます。

                        国内でのクロトリマゾールの適応は以下の症状です。

                        白癬
                        足部白癬(汗疱状白癬,趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬
                        カンジダ症
                        指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎
                        癜風

                        カンジドクリーム(クロトリマゾール)1%

                        クロトリマゾールジェル

                        0

                          クロトリマゾールジェル


                          クロトリマゾールジェルは、真菌を殺真菌することができるジェルタイプの塗り薬です。

                          白癬(水虫)やカンジダ症の治療のために使用することができます。

                          日本で販売されていないジェルタイプのクロトリマゾール製剤で、ジェルの特徴として皮膚刺激をほとんど起こすことなく皮膚症状を治療します。

                          主に足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風の治療に使用することができます。

                          水虫、ぜにたむし、いんきんたむしとは、原因となる白癬菌が体のどの部位に感染したかで呼び名が変わるだけで同じ疾患です。

                          足なら水虫、股以外の体部ならぜにたむし、股間周囲にならいんきんたむしとなります。

                          主な症状は強い痒みや皮膚のブツブツです。

                          カンジダ症も、いんきんたむしと同様に真菌のカンジダ菌が陰部に感染してかゆみやブツブツが出る疾患です。

                          性行為感染症として性行為をしても感染して発症しますが、実は成人の多くの方がすでにカンジダ菌に感染しています。

                          ほとんどの場合は無症状なのですが、仕事による疲れやストレス、風邪などになることで免疫力が低下することで症状があらわれることもあります。

                          クロトリマゾールジェルは、1日2〜3回塗ることでこのような皮膚の真菌感染症状を改善し、皮膚をきれいに治すことができます。

                          下記の皮膚真菌症の治療

                          白癬:足部白癬(汗疱状白癬、趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬
                          カンジダ症:指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎
                          癜風

                          クロトリマゾールジェル

                          スポラノックス

                          0

                            スポラノックス


                            スポラノックスは、真菌(カビ)を殺すお薬です。

                            水虫やいんきんたむし、カンジダ症などの真菌感染症の治療のために使用することができます。

                            スポラノックスは世界的に有名な製薬企業であるJanssen(ヤンセン)社によって製造・販売されています。

                            そのためスポラノックスは世界中の国や地域で承認されており、多くの医療機関で処方・使用されています。

                            日本でもスポラノックスは承認されており、日本ではイトリゾールカプセル50という商品名で販売されています。

                            強い抗真菌作用を持ち、幅広い種類の真菌に効果をあらわすことができるので信頼性の高いお薬となっています。

                            それでいながら安全性が高く、副作用を起こしにくいのもこのスポラノックスが選ばれている理由の1つとなっています。

                            <適応菌種>

                            皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、マラセチア属、アスペルギルス属、クリプトコックス属、スポロトリックス属、ホンセカエア属
                            <適応症>

                            内臓真菌症(深在性真菌症)
                            真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎
                            深在性皮膚真菌症
                            スポロトリコーシス、クロモミコーシス
                            表在性皮膚真菌症(爪白癬以外)
                            白癬:体部白癬、股部白癬、手白癬、足白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡
                            カンジダ症:口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、爪カンジダ症、カンジダ性爪囲爪炎、カンジダ性毛瘡、慢性皮膚粘膜カンジダ症
                            癜風、マラセチア毛包炎
                            爪白癬

                            スポラノックス

                            テルビナフィンジェネリック(テルビシップ)250mg

                            0

                              テルビナフィンジェネリック(テルビシップ)250mg


                              テルビシップ250mgは、真菌(カビ)を殺すことができるお薬です。

                              真菌が原因となる感染症を治療することができます。

                              主に足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症の治療に使用することができます。

                              爪や皮膚への移行性・貯留性が非常によく、1日1回服用するだけで24時間効果をあらわすことができるので、飲み忘れる心配がなく人気のあるお薬です。

                              塗り薬でも治りにくいような真菌症にも良好な治療効果が得られるので、きちんと治療すれば真菌感染症を完全に治すことができます。

                              効果が強力な分副作用として肝障害や血液障害を起こすこともあるので、自己判断で服用量の調節をせず、医師の指示などを受けるようにしてください。

                              皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症(但し、外用抗真菌剤では治療困難な患者に限る。)

                              深在性皮膚真菌症
                              白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス
                              表在性皮膚真菌症
                              白癬:爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬
                              カンジダ症:爪カンジダ症

                              テルビナフィンジェネリック(テルビシップ)250mg

                              ラミシールクリームジェネリック(テルビシップ)10gm

                              0

                                ラミシールクリームジェネリック(テルビシップ)10gm


                                ラミシールクリームジェネリックはインドの大手製薬会社シプラ社から販売されている抗真菌外用薬で、商品名は「テルビシップ」です。

                                日本含め世界中で非常に人気のある抗真菌外用薬「ラミシールクリーム」のジェネリック医薬品であり、ラミシールクリームと同一成分・効果でありながら値段がお安いです。

                                水虫の治療薬として広く認知されていますが、多くの真菌に対して殺菌効果を発揮するため水虫以外の表在性真菌症にも有効です。

                                ラミシールクリームジェネリックは主に以下の病態に有効です。

                                白癬菌による足白癬(水虫)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(いんきんたむし)
                                カンジダ菌による皮膚カンジダ症
                                癜風菌(マラセチア)による癜風

                                ラミシールクリームジェネリックの有効成分テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬で、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを持っていることが特徴です。
                                内服タイプのラミシールも販売されており、こちらも非常に有名で人気のある薬です。外用で効果が見られない場合や爪白癬治療の場合に内服が使用されます。

                                真菌はカビの仲間です。真菌の感染によって引き起こされる疾患を真菌症と呼びます。
                                真菌症には身体の表面に感染する「表在性真菌症」と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する「深在性真菌症」とがあります。

                                ラミシールクリームジェネリックは表在性真菌症を治療します。(深在性真菌症は重篤な全身的疾患であるため、点滴や内服で治療します。)
                                よく見られる代表的な表在性真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌による皮膚カンジダ症です。
                                特に足白癬(水虫)は中高年男性を中心に多くの人が発症するメジャーな皮膚疾患ですが、ラミシールクリームジェネリックはそんな水虫やその他多くの表在性真菌症に有効です。継続的に使用することで完治が可能です。

                                ただし、足白癬が悪化して発症しやすくなる爪白癬の治療には適しておりません。クリームタイプは爪の内部まで浸透することができないためです。爪白癬治療には抗真菌内服薬や爪白癬治療に適した外用薬を選択して下さい。

                                ラミシールクリームジェネリックの有効成分テルビナフィンは、真菌細胞を構成する細胞膜の成分「エルゴステロール」の合成を阻害することで真菌細胞を破壊し死滅させます。
                                細胞に働きかける作用を持ちますが、人間の細胞の細胞膜はエルゴステロールではないため、身体の細胞に影響をきたすことはなく安全性が高いです。

                                ラミシールクリームジェネリック(テルビシップ)10gm

                                ラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)10gm

                                0

                                  ラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)10gm


                                  ファンゴテッククリームは、インドのFDC社が製造販売しているお薬です。
                                  FDC社は様々な医薬品のジェネリックを製造販売しております。

                                  ファンゴテックの有効成分テルビナフィンは様々な真菌(カビ)に対して効果が期待できます。
                                  股部白癬(いんきんたむし)にもご使用いただけます。

                                  足・体・股の白癬(水虫)や皮膚カンジダ、癜風(でんぷう)の疾患に対して効果があります。
                                  水虫は白癬と呼ばれ、真菌に分類される感染症です。
                                  感染すると、足などの皮膚がかゆくなったり、乾燥、ひび割れなどすることがあります。

                                  足以外にもいんきんたむしという股に真菌が感染することもあります。
                                  5人に1人は水虫になると言われております。
                                  足や股が蒸れることで真菌が増えやすい環境にあるため、夏場に多いのが特徴です。

                                  しかし冬に発症することもあります。
                                  特に女性は、長めのブーツを履かれることで、足が蒸れやすい状態になり、雑菌などの繁殖で水虫になられる方がいます。
                                  こまめに足を洗う習慣を心がけて、清潔な状態を保ちましょう。

                                  水虫と汗疹(あせも)は、ご自身で判断することが難しく、治療薬も全く異なります。
                                  特に水虫に汗疹のお薬(かゆみ止めとして使われるステロイド薬)を使うと、却って悪化します。必ず皮膚科へ受診してください。

                                  テルビナフィンを使用することにより、水虫などの真菌細胞内のスクアレンエポキシダーゼという細胞を作る酵素を選択的に阻害しますこれによって、真菌の細胞が作れなくなり(スクアレンの蓄積、エルゴステロール含量の低下)抗真菌作用を示します。
                                  皮膚糸状菌に対しては低濃度で細胞膜構造を破壊し、殺真菌的に作用します。

                                  ラミシールクリームジェネリック(ファンゴテック)10gm

                                  ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%

                                  0

                                    ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%


                                    ラミシールスプレーは、日本を含め世界中で使用されている抗真菌外用薬です。
                                    主に水虫の治療に使用されますが、多くの真菌に対して強力な抗真菌作用を発揮するため水虫以外の皮膚真菌症にも有効です。

                                    真菌はカビの一種です。多くの方がかかり誰もが聞いたことのある皮膚疾患「水虫」も、白癬菌という真菌が皮膚に寄生することで発症する皮膚真菌症です。足に感染するものを水虫すなわち足白癬と呼びますが、足以外にも爪に感染する爪白癬、身体に感染する体部白癬(たむし)などがあります。

                                    皮膚真菌症の多くは白癬菌によるものですが、その他にもカンジダや癜風菌が挙げられます。
                                    カンジダは元々体内に存在する常在菌で、疲労・病気などの要因によって免疫力が低下したときに活性化してカンジダ症を発症します。発疹、鱗屑(うろこ状のくず)、かゆみ、腫れなどが主な症状です。感染部位により、カンジダ性間擦疹(股部・腋窩・乳房下など)・カンジダ性指間びらん症・カンジダ性爪周囲炎・陰部カンジダ症などに分類されます。
                                    癜風は水虫と同様に高温・多湿を好む真菌で、「マラセチア」とも呼ばれています。症状として体・腕・首などに淡い茶色の斑点が現れるのが特徴です。

                                    ラミシールスプレーの適応症は以下のようになっております。

                                    白癬菌による足白癬(水虫)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(いんきんたむし)
                                    カンジダ菌による皮膚カンジダ症
                                    癜風菌(マラセチア)による癜風
                                    患部に噴霧するだけのスプレータイプなので患部に直接手を触れず清潔に治療できます。また、広い範囲に使用しやすい・携帯に便利などたくさんのメリットがあります。

                                    ラミシールスプレーの有効成分テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
                                    強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを兼ね備えていることが特徴で、様々な真菌を強力に抑制します。

                                    ラミシールスプレーの有効成分テルビナフィンは、真菌細胞特有の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することによって真菌の発育を抑制・阻止して死滅させます。
                                    テルビナフィンは細胞自体に働きかける薬ですが、人間の細胞にはエルゴステロールがないため影響せず安全です。

                                    ラミシール・スプレー(テルビナフィン)1%

                                    ロセリルクリーム0.25%

                                    0

                                      ロセリルクリーム0.25%


                                      爪水虫(爪真菌症)は、白癬菌が爪に侵入して引き起こされる感染症です。爪水虫の症状は、爪の一部が白や黄色っぽくなる、爪が厚くなる、爪の周囲のの皮膚がガサガサになる、などがあり、放置しておくと、爪の色が茶褐色〜黒っぽく変化したり、爪がボロボロになり剥がれることもあります。そして、一度感染すれば白癬菌を退治しなければ治りません。

                                      爪水虫の治療には抗真菌薬の内服が有効ですが、内服薬には副作用もあり、妊婦や肝臓の弱い方などは服用できません。他の治療方法としては概要の抗真菌剤の塗り薬がありますが、白癬菌は爪の奥にひそんでいるので、塗ってもなかなか成分が浸透しません。また、通常の外用薬は爪が生え替わるまで患部に毎日塗り続ける必要がありますが、爪が1枚生え変わるまでには手では約半年、足では1年弱かかります。治療にはかなりの根気が必要で、継続できずに再発するケースも多く見られます。

                                      ロセリルクリームは爪に成分が浸透しやすい爪専用の水虫治療の外用薬で、1週間に1回の塗布で効果が期待できます。ロセリルクリームの有効成分の塩酸アモロルフィンはモルホリン系の抗真菌剤で、白癬菌の細胞膜の合成をブロックすることで強力にやっつける作用があります。浸透性が高く、塗布した後に有効成分が長時間にわたって患部にとどまるので、従来の外用薬に比べると使用回数が少なくても効果があります。

                                      また、ロセリルクリームは塗り薬なので、薬の作用が局所的です。抗真菌薬の内服薬のような全身への影響がないので、副作用が出にくいというメリットがあります。

                                      ロセリルクリーム0.25%

                                      フィントップクリーム(メンタックスジェネリック)

                                      0

                                        フィントップクリーム(メンタックスジェネリック)


                                        フェントップクリームは、一般名ブテナフィンのクリーム外用剤です。国内では同様の成分を含む医療用医薬品としてメンタックスクリームがあります。メンタックスクリームには1%の濃度でブテナフィンが含まれています。フェントップクリームは、足部白癬、股部白癬、体部白癬などの皮膚白癬症に効果を持ちます。成分のブテナフィンは真菌の細胞膜のエルゴステロールの合成を妨げます。そのため真菌は新たに細胞を作る事が出来ず、ヒトの体で増殖する事ができなります。真菌と異なりヒトの細胞膜は主にコレステロールで作られています。エルゴステロールの合成を妨げるブテナフィンは真菌の細胞だけに作用し、ヒトの細胞を傷付ける事なく真菌の増殖を抑える薬剤です。

                                        フィントップクリーム(メンタックスジェネリック)

                                        テルビナフィン250mg(ラミシール)

                                        0

                                          テルビナフィン250mg(ラミシール)


                                          真菌はカビの仲間であり、真菌の感染による真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
                                          よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症などがあります。

                                          テルビナフィンは内服タイプの真菌症治療薬です。主に抗真菌外用薬で改善が見られなかった足白癬(水虫)などの皮膚真菌症や爪白癬(爪水虫)の治療に使用されます。
                                          飲んで身体の内側からしっかり治します。

                                          テルビナフィンは水虫の飲み薬として広く認知されておりますが、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルが特徴であるため、白癬菌やカンジダ菌をはじめとする数多くの真菌に対して有効です。

                                          本剤は「ラミシール」のジェネリック医薬品であり、ラミシールと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

                                          テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
                                          腸から吸収された有効成分は爪や皮膚角質などの病巣にすばやく集まり、真菌細胞内へ移行します。そして真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの成長を阻害することで真菌細胞を破壊、死滅させます。
                                          尚、人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでありエルゴステロールは存在しません。そのため人間の細胞には影響を及ぼさないので安全性が高いです。

                                          テルビナフィンは数多くの真菌に対して殺菌効果を発揮します。
                                          主に深在性皮膚真菌症や爪白癬、頭部白癬、その他角質増殖型の白癬、爪カンジダ症などの治療に幅広く使用されています。
                                          殺菌的に作用するため、一定期間根気よく治療すれば根治可能です。

                                          特に、爪白癬治療薬といえばテルビナフィン内服もしくはイトラコナゾール内服(商品名イトリゾールなど)の2大巨塔です。
                                          爪白癬は手足の白癬(水虫)が進行し、爪の間にまで白癬菌が侵食して爪が肥厚肥厚・変色・変形などの病変が起こる疾患です。水虫の末期症状だとも言われます。足白癬を放置しているとかかりやすいです。
                                          爪は角質が非常に硬く外用薬が浸透しにくいため、爪白癬の治療では内服薬が選択されることが多いです。
                                          テルビナフィンを長期間(3〜12ヶ月以上)服用することで爪白癬の根治が可能です。
                                          もうひとつの爪白癬治療内服薬イトラコナゾールも優れた抗真菌薬ですが、併用禁忌薬や併用注意薬が非常に多いのがデメリットです。テルビナフィンに併用禁忌薬はありません。

                                          ただし、テルビナフィンは肝障害と血液障害の重大な副作用が報告されているため注意が必要です。重い肝障害や血液障害がある方は服用できません。
                                          テルビナフィンを長期間服用する際には定期的な肝機能検査や血液検査を受けてください。

                                          テルビナフィン250mg(ラミシール)

                                          ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)

                                          0

                                            ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)


                                            ケトコナゾールクリームは古くからある有名な抗真菌外用薬です。
                                            どんな症状にも使いやすく皮膚への負担が少ないクリームタイプです。

                                            真菌はカビの一種です。誰もが聞いたことがあって多くの方がかかってしまう「水虫」も白癬菌という真菌による真菌感染症ですし、女性に多い「カンジダ」もカンジダ菌による真菌感染症です。

                                            白癬菌は高温多湿の環境を好む真菌で、大半は足に寄生して足白癬すなわち水虫となります。共有したタオルやバスマットなどから簡単に感染します。
                                            カンジダ菌は普段から体内に存在する真菌ですが、身体が弱って免疫力が低下すると異常増殖してカンジダ症を発症します。膣カンジダは性行為でも感染するため性感染症としても知られています。

                                            頭皮や顔など皮脂の分泌が盛んな部位に多く発症する脂漏性皮膚炎も、原因はマラセチアという真菌の異常増殖です。(ただし、他にも原因が多数あります。まだ完全には解明されておりません。)脂漏性皮膚炎の症状は発赤、かゆみ、ブツブツ、炎症、大量のフケや脱毛(頭皮)などです。

                                            ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールは真菌の発育を抑制して殺菌し、真菌感染症による症状を改善して根治してくれます。

                                            ケトコナゾールクリームは主に足白癬(水虫)、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、皮膚カンジダ症、癜風、脂漏性皮膚炎の治療に世界中で非常に多く使用されています。

                                            本剤はジェネリック医薬品であり、先発品の商品名は「ニゾラールクリーム」です。ニゾラールクリームと同一成分・効果ですが、値段がお安く設定されています。

                                            ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持っています。白癬菌、カンジダ、癜風菌をはじめ数多くの真菌に対して抗真菌効果を発揮します。

                                            ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜を構成するエルゴステロールという成分の生合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。
                                            エルゴステロールは真菌細胞独自の成分であるため、人間など哺乳類の細胞には存在しません。そのため人間の細胞には無害で安全です。

                                            また、ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の原因物質ジヒドロテストステロン(悪玉男性ホルモン)を抑制する作用があり、AGAの予防・改善効果があることが明らかになっています。
                                            ただし、本剤のようなクリームタイプは頭皮への使用はやや不向きです。AGAや頭皮の脂漏性皮膚炎の改善目的の場合は、有効成分ケトコナゾールのローションタイプやシャンプータイプをお勧めします。(このサイト内で販売しております。)

                                            ケトコナゾールクリーム2%(真菌症治療)

                                            ロセリルクリーム0.25%

                                            0

                                              ロセリルクリーム0.25%


                                              爪水虫(爪真菌症)は、白癬菌が爪に侵入して引き起こされる感染症です。爪水虫の症状は、爪の一部が白や黄色っぽくなる、爪が厚くなる、爪の周囲のの皮膚がガサガサになる、などがあり、放置しておくと、爪の色が茶褐色〜黒っぽく変化したり、爪がボロボロになり剥がれることもあります。そして、一度感染すれば白癬菌を退治しなければ治りません。

                                              爪水虫の治療には抗真菌薬の内服が有効ですが、内服薬には副作用もあり、妊婦や肝臓の弱い方などは服用できません。他の治療方法としては概要の抗真菌剤の塗り薬がありますが、白癬菌は爪の奥にひそんでいるので、塗ってもなかなか成分が浸透しません。また、通常の外用薬は爪が生え替わるまで患部に毎日塗り続ける必要がありますが、爪が1枚生え変わるまでには手では約半年、足では1年弱かかります。治療にはかなりの根気が必要で、継続できずに再発するケースも多く見られます。

                                              ロセリルクリームは爪に成分が浸透しやすい爪専用の水虫治療の外用薬で、1週間に1回の塗布で効果が期待できます。ロセリルクリームの有効成分の塩酸アモロルフィンはモルホリン系の抗真菌剤で、白癬菌の細胞膜の合成をブロックすることで強力にやっつける作用があります。浸透性が高く、塗布した後に有効成分が長時間にわたって患部にとどまるので、従来の外用薬に比べると使用回数が少なくても効果があります。

                                              また、ロセリルクリームは塗り薬なので、薬の作用が局所的です。抗真菌薬の内服薬のような全身への影響がないので、副作用が出にくいというメリットがあります。

                                              ロセリルクリーム0.25%

                                              ニゾラールクリーム

                                              0

                                                ニゾラールクリーム


                                                ニゾラールクリームの有効成分ケトコナゾールは「イミダゾール系」と呼ばれる抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持っています。
                                                白癬菌、カンジダ、癜風菌などの多くの真菌に対して強力な抗真菌効果を発揮します。

                                                有効成分ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。殺菌的に働き、真菌を死滅・根治させることが可能です。
                                                人間など哺乳類の細胞にはエルゴステロールは存在しません。そのため体内の細胞に対しては毒性がなく安全です。

                                                また、有効成分ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の予防・改善効果があることが明らかになっています。
                                                これは、ケトコナゾールにはAGAの原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する作用があるためです。
                                                そのため海外では有効成分ケトコナゾールを配合したシャンプータイプの商品(商品名ニゾラールシャンプーなど)が市販されており、非常に人気があります。

                                                本剤のようなクリームタイプは頭皮への使用は問題ありませんが使い心地的にやや不向きです。頭皮には有効成分ケトコナゾールのローションタイプ(ニゾラールローション )やシャンプータイプ(ニゾラールシャンプー)が使用しやすいです。当サイトでも多くの商品が販売されております。
                                                国内の医療機関でもニゾラールクリーム→足白癬、カンジダ、顔や身体の脂漏性皮膚炎、ニゾラールローション→足白癬、頭皮や身体の脂漏性皮膚炎という風に使い分けがされている傾向があります。

                                                クリームタイプは刺激が少なく、どんな症状に対しても問題なく使用できることがメリットで、刺激感などの副作用もほとんどないため長期的な治療に適しています。
                                                犬や猫などペットの皮膚症状にも効果を発揮します。

                                                ニゾラールクリーム

                                                イトラコナゾール100mg15錠

                                                0

                                                  イトラコナゾール100mg15錠


                                                  イトラコナゾールとは、水虫の原因となる白癬菌や、カンジダの原因となるカンジダ菌などの真菌に対して効果のある抗生物質です。

                                                  イトリゾールの作用機序は、エルゴステロールと呼ばれる細胞膜の合成に必要なP450と呼ばれる酵素を阻害することです。人間も真菌などの細菌も、細胞を守るために細胞1つ1つが細胞膜という膜で守られています。人間の体には白血球を初めとした様々な免疫機構が存在し、体内や体表面に存在する異物を攻撃しています。

                                                  しかし、真菌の場合は、エルゴステロールで構成された細胞膜が存在するため、もともとある免疫機構だけでは対処することができないため、真菌が増殖し、水虫やカンジダといった症状を引き起こします。イトラコナゾールは、真菌がエルゴステロールの細胞膜を合成ために必要なP450という酵素の働きを妨げます。この結果、真菌の防御機能がなくなるため、人間がもともと持っている防御機構で対処が可能となり、治療が行われるというものです。

                                                  イトラコナゾールは、真菌に対して効果を持っていますが、爪水虫に対して使用していただくことをおすすめいたします。パルス療法と呼ばれる投与方法があり、先発品であるイトリゾールカプセルが正式に厚生労働省よりその使用方法の承認を取っており、他の抗真菌薬よりも効果が認められている投与方法です。

                                                  また、性病であるカンジダに対しても効果が認められていることから、病院に行かなくても自宅でこっそり治療ができます。

                                                  ※この商品は、Mylan New Zealand Limitedによって製造されています。

                                                  イトラコナゾール100mg15錠

                                                  ケトコナゾールクリーム(KZ Cream)

                                                  0

                                                    ケトコナゾールクリーム(KZ Cream)


                                                    ケトコナゾールクリームは抗真菌作用を持った外用クリームです。古くから日本を含め世界中で非常に多く使用されています。

                                                    真菌はカビの一種です。多くの方々が悩まされる「水虫」は白癬菌、「カンジダ」はカンジダ菌という真菌の感染による皮膚真菌症です。
                                                    真菌には沢山の種類がありますが、代表的な真菌は白癬菌、カンジダ菌、癜風菌などです。

                                                    真菌は身近に多く存在しています。例えばカンジダは常在菌で普段は体内で眠っていますが、疲労・病気・ストレスなどの要因で身体の免疫が低下するとカンジダ菌が異常増殖してカンジダ症を発症します。また、性器カンジダは性器感染するために性感染症としても知られています。

                                                    ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールは強力な抗真菌作用を持っており、真菌の発育を抑制して殺菌します。
                                                    主に白癬(水虫)や皮膚カンジダ症の治療に世界中で非常に多く使用されています。
                                                    膣内・尿道部など粘膜部位を除けば、もちろん陰部にも使用できます。

                                                    更にケトコナゾールクリームは「脂漏性皮膚炎」に対しても有効です。
                                                    脂漏性皮膚炎は頭皮や顔など全身に起こる皮膚の炎症・湿疹ですが、マラセチアという真菌の異常増殖が主な原因のひとつであるため、有効成分ケトコナゾールの抗真菌作用がマラセチアを殺菌して脂漏性皮膚炎による症状を改善します。

                                                    日本でも「ニゾラールクリーム」という商品名で販売されております。処方箋医薬品なのでドラッグストアなどでは購入できません。
                                                    ケトコナゾールクリームはニゾラールクリームのジェネリック医薬品なのでお安くお買い得です。

                                                    ケトコナゾールクリームの有効成分ケトコナゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルが特徴です。
                                                    白癬菌、カンジダ、癜風菌などの様々な真菌に対して抗真菌作用を発揮します。

                                                    ケトコナゾールは真菌細胞の細胞膜の成分であるエルゴステロールの生合成を阻害することで真菌の発育を抑制・阻止し、死滅させます。
                                                    エルゴステロールは真菌細胞が持つ特有の成分であるため、エルゴステロールを持たない人間の細胞に対してケトコナゾールは影響しません。そのため細胞毒性がなく安心してご使用頂けます。

                                                    ケトコナゾールクリームは白癬菌による足白癬(水虫)・体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ菌による皮膚カンジダ症、癜風菌による癜風、脂漏性皮膚炎などの治療に世界中で非常に多く使用されています。

                                                    また、有効成分ケトコナゾールにはAGA(男性型脱毛症)の原因物質である悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する作用があり、AGAの予防・改善効果も認められています。
                                                    ただし、本剤のようにクリームタイプは頭皮への使用はあまり適していません。AGAの予防改善目的や頭皮に発症した脂漏性皮膚炎の治療目的で頭皮に使用したい場合は有効成分ケトコナゾールのローションタイプやシャンプータイプを推奨します。(当サイトで購入できます。)

                                                    クリームタイプは頭皮には不向きですが、刺激が少なくどんな症状に対しても万能に使用できることがメリットです。刺激痛や炎症などの皮膚の副作用もほとんどないので長期的な治療に適しています。
                                                    また、人間だけでなく犬や猫などペットの皮膚症状にも使用可能です。

                                                    ケトコナゾールクリーム(KZ Cream)

                                                    テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠

                                                    0

                                                      テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠


                                                      テルビナフィン250mgは、真菌(カビ)による感染症である水虫やカンジダ症治療薬ラミシール錠125mgのジェネリック医薬品です。

                                                      服用することで、病気の原因となる真菌の皮膚糸状菌(白癬菌)や性行為感染症としても有名なカンジダ菌に対して殺真菌効果をあらわします。

                                                      血液とともに全身に有効成分が移行するため全身の真菌感染症に対して殺真菌効果をあらわすことができ、抗真菌クリームなどの塗り薬では治療できない局所的な部位に対しても優れた効果をあらわします。

                                                      日本で販売されている先発品ラミシール錠125mgよりも高用量の有効成分を含有しているので、より強力な効果が期待できます。

                                                      皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、スポロトリックス属、ホンセカエア属による下記感染症(但し、外用抗真菌剤では治療困難な患者に限る。)

                                                      深在性皮膚真菌

                                                      白癬性肉芽腫、スポロトリコーシス、クロモミコーシス
                                                      表在性皮膚真菌症

                                                      白癬:爪白癬、手・足白癬、生毛部白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡、生毛部急
                                                      性深在性白癬、硬毛部急性深在性白癬
                                                      カンジダ症:爪カンジダ症

                                                      テルビナフィン(ラミシール)250mg28錠

                                                      カネステンクリーム

                                                      0

                                                        カネステンクリーム


                                                        カネステンクリームは、真菌を殺真菌することができる塗り薬(クリーム)です。
                                                        白癬(水虫)やカンジダ症の治療のために使用することができます。

                                                        世界的に有名な製薬企業であるドイツ・バイエル社によって製造販売されており、日本でも販売名は異なりますが承認・使用されているため、信頼性の高いお薬です。
                                                        世界で最初のイミダゾール系抗真菌剤として承認されており、日本では1975年に製造販売承認を得て、1976年1月に販売されています。

                                                        日本だけでなく、カネステンクリームはイギリス、ドイツを含む世界60ヵ国以上の国や地域で承認・販売されています。
                                                        カネステンクリームは世界中で、真菌による症状に悩む患者のために使用されています。

                                                        1日2〜3回塗ることで、皮膚の真菌感染症状を改善し、皮膚をきれいに治すことができます。
                                                        主に足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風の治療に使用することができます。

                                                        注意点として、比較的副作用を起こしにくく安全性は高いのですが、完治するまでには長期間継続してカネステンクリームを使用する必要があります。
                                                        これはカネステンクリームの効果が弱いのではなく、皮膚の奥深くに潜んでいる真菌を完全に殺しきるためには長期間の使用をする必要があるからです。

                                                        見た目の症状がよくなっても途中でやめてしまうと再発してしまうおそれもあるので、根気よく粘り強くカネステンクリームを使用するようにしてください。

                                                        下記の皮膚真菌症の治療

                                                        白癬:足部白癬(汗疱状白癬、趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬
                                                        カンジダ症:指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎
                                                        癜風

                                                        カネステンクリーム

                                                        カンジドクリーム(クロトリマゾール)1%

                                                        0

                                                          カンジドクリーム(クロトリマゾール)1%


                                                          カンジドクリームは有効成分クロトリマゾール1%を含有する抗真菌外用薬です。インドの製薬会社グレンマーク・ファーマ社から販売されています。
                                                          世界的に有名な抗真菌外用薬「エンペシドクリーム」のジェネリック医薬品であり、同成分・効果でありながらエンペシドクリームよりもお安くお買い得です。

                                                          有効成分クロトリマゾールは日本で発売されたのは1976年という古い薬ですが、現在でも多くの方に使用されており確固たる人気を維持しています。

                                                          クロトリマゾールは主に白癬菌による足白癬(水虫)・体部白癬(ぜにたむし)・股部白癬(いんきんたむし)などやカンジダ菌による皮膚・膣カンジダ症の治療に使用されています。

                                                          真菌はカビの仲間であり、真菌が身体に感染することによって様々な症状が引き起こされます。
                                                          白癬菌やカンジダ菌は代表的な真菌の一種です。皮膚に常在している菌ですが、通常の状態では潜伏しているだけで身体に何の悪さもしません。
                                                          ただし、何かの拍子に急激に繁殖を始めて真菌による感染症を発症します。
                                                          これら真菌が好むのは高温多湿の環境や身体の免疫力低下で、こういった環境や条件が揃えば男女共に簡単に発症してしまう非常にメジャーな感染症です。

                                                          また、白癬は共有するタオルやバスマットから接触感染し、カンジダ症は性行為によって性感染するので注意が必要です。そして再発率も高いです。(特にカンジダ症)

                                                          真菌症を放置すると症状が徐々に悪化するので、発症したらすぐに治療を開始することを強く推奨します。

                                                          真菌による感染症には、身体の表面に感染する「表在性真菌症」と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する「深在性真菌症」の2種類があります。
                                                          カンジドクリームは前者の表在性真菌症を治療する外用薬です。

                                                          カンジドクリームの有効成分クロトリマゾールは白癬菌、カンジダ菌、癜風菌など多くの真菌に対して強力な殺菌効果を発揮します。
                                                          殺菌的に作用するため、一定期間根気よくカンジドクリームを使用することで根治することができます。

                                                          有効成分クロトリマゾールは病巣から真菌細胞内へすばやく移行し、真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの成長を阻害することで真菌細胞を破壊・死滅させます。

                                                          細胞に作用する薬であるため人体に害はないか不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでありエルゴステロールが存在しません。そのため人間の細胞には全く影響しないので安全性が高く安心して使用できます。

                                                          国内でのクロトリマゾールの適応は以下の症状です。

                                                          白癬
                                                          足部白癬(汗疱状白癬,趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬
                                                          カンジダ症
                                                          指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎
                                                          癜風

                                                          カンジドクリーム(クロトリマゾール)1%

                                                          クロトリマゾールジェル

                                                          0

                                                            クロトリマゾールジェル


                                                            クロトリマゾールジェルは、真菌を殺真菌することができるジェルタイプの塗り薬です。

                                                            白癬(水虫)やカンジダ症の治療のために使用することができます。

                                                            日本で販売されていないジェルタイプのクロトリマゾール製剤で、ジェルの特徴として皮膚刺激をほとんど起こすことなく皮膚症状を治療します。

                                                            主に足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風の治療に使用することができます。

                                                            水虫、ぜにたむし、いんきんたむしとは、原因となる白癬菌が体のどの部位に感染したかで呼び名が変わるだけで同じ疾患です。

                                                            足なら水虫、股以外の体部ならぜにたむし、股間周囲にならいんきんたむしとなります。

                                                            主な症状は強い痒みや皮膚のブツブツです。

                                                            カンジダ症も、いんきんたむしと同様に真菌のカンジダ菌が陰部に感染してかゆみやブツブツが出る疾患です。

                                                            性行為感染症として性行為をしても感染して発症しますが、実は成人の多くの方がすでにカンジダ菌に感染しています。

                                                            ほとんどの場合は無症状なのですが、仕事による疲れやストレス、風邪などになることで免疫力が低下することで症状があらわれることもあります。

                                                            クロトリマゾールジェルは、1日2〜3回塗ることでこのような皮膚の真菌感染症状を改善し、皮膚をきれいに治すことができます。

                                                            下記の皮膚真菌症の治療

                                                            白癬:足部白癬(汗疱状白癬、趾間白癬)、頑癬、斑状小水疱性白癬
                                                            カンジダ症:指間糜爛症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、皮膚カンジダ症、爪囲炎
                                                            癜風

                                                            クロトリマゾールジェル

                                                            スポラノックス

                                                            0

                                                              スポラノックス


                                                              スポラノックスは、真菌(カビ)を殺すお薬です。

                                                              水虫やいんきんたむし、カンジダ症などの真菌感染症の治療のために使用することができます。

                                                              スポラノックスは世界的に有名な製薬企業であるJanssen(ヤンセン)社によって製造・販売されています。

                                                              そのためスポラノックスは世界中の国や地域で承認されており、多くの医療機関で処方・使用されています。

                                                              日本でもスポラノックスは承認されており、日本ではイトリゾールカプセル50という商品名で販売されています。

                                                              強い抗真菌作用を持ち、幅広い種類の真菌に効果をあらわすことができるので信頼性の高いお薬となっています。

                                                              それでいながら安全性が高く、副作用を起こしにくいのもこのスポラノックスが選ばれている理由の1つとなっています。

                                                              <適応菌種>

                                                              皮膚糸状菌(トリコフィトン属、ミクロスポルム属、エピデルモフィトン属)、カンジダ属、マラセチア属、アスペルギルス属、クリプトコックス属、スポロトリックス属、ホンセカエア属
                                                              <適応症>

                                                              内臓真菌症(深在性真菌症)
                                                              真菌血症、呼吸器真菌症、消化器真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎
                                                              深在性皮膚真菌症
                                                              スポロトリコーシス、クロモミコーシス
                                                              表在性皮膚真菌症(爪白癬以外)
                                                              白癬:体部白癬、股部白癬、手白癬、足白癬、頭部白癬、ケルスス禿瘡、白癬性毛瘡
                                                              カンジダ症:口腔カンジダ症、皮膚カンジダ症、爪カンジダ症、カンジダ性爪囲爪炎、カンジダ性毛瘡、慢性皮膚粘膜カンジダ症
                                                              癜風、マラセチア毛包炎
                                                              爪白癬

                                                              スポラノックス

                                                              スポラノックスジェネリック

                                                              0

                                                                スポラノックスジェネリック


                                                                スポラノックスジェネリックは有効成分イトラコナゾール100mgを含有する世界的に有名な抗真菌薬です。
                                                                本剤はジェネリック医薬品であるためお安く設定されています。

                                                                真菌はカビの仲間です。真菌によって引き起こされる真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
                                                                よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症です。

                                                                スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは白癬菌、カンジダ、アスペルギルスなど多くの真菌に対して有効なので、様々な真菌症の治療に世界中で使用されています。特に難治性の爪白癬の治療に多く使用されています。

                                                                スポラノックスジェネリックはトリアゾール系と呼ばれる抗真菌薬です。
                                                                強い抗真菌活性と広い抗真菌スペクトルを持ち、白癬菌やカンジダをはじめ様々な真菌に対して著しい殺菌効果を発揮します。

                                                                スポラノックスジェネリックの有効成分イトラコナゾールは、真菌の細胞膜を構成する成分「エルゴステロール」の合成を阻害することで真菌の発育を抑制します。
                                                                ヒトの細胞膜にエルゴステロールは存在しないため、有効成分イトラコナゾールは人間の細胞には影響をきたしません。そのため毒性は低く安全に服用できます。

                                                                有効成分イトラコナゾールは病巣の移行性が良く、長く留まって殺菌効果を持続させるために様々な真菌症の治療に多く使用されています。
                                                                特に、爪白癬の治療といえばイトラコナゾールです。爪白癬は爪の中に真菌が隠れこんでしまうため治療が長くかかり厄介な病態だと言われていますが、イトラコナゾールがよく効きます。
                                                                一般的には外用薬で効果が見られなかった場合に本剤のような内服薬を検討します。

                                                                スポラノックスジェネリック

                                                                | 1/2PAGES | >>

                                                                PR

                                                                calendar

                                                                S M T W T F S
                                                                  12345
                                                                6789101112
                                                                13141516171819
                                                                20212223242526
                                                                27282930   
                                                                << September 2020 >>

                                                                selected entries

                                                                categories

                                                                archives

                                                                recommend

                                                                links

                                                                profile

                                                                search this site.

                                                                others

                                                                mobile

                                                                qrcode

                                                                powered

                                                                無料ブログ作成サービス JUGEM