スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.07.31 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    テンビル300mg30錠

    0

      テンビル300mg30錠


      テンビルは世界的に有名な抗HIV薬「ツルバダ配合錠」のジェネリック医薬品です。
      インドの大手製薬シプラ社が製造販売しており、多くの国に輸出されております。
      ツルバダ配合錠と同一成分・効果ですが、お安く購入できるのが特徴です。

      HIVすなわちヒト免疫不全ウイルス(エイズウイルス)は血液や精液を介して感染するウイルスですが、性感染が9割を占めており中でも特に同性間のセックスで感染します。
      HIVに感染してもしばらくは無症状ですが、何年かの月日を経て発症する疾患が「エイズ」、すなわち後天性免疫不全症候群です。
      免疫力が著しく低下し、様々な感染症や病気にかかりやすくなります。
      根治治療法が現在の医学においても存在しないため、「不治の病」だと呼ばれております。

      ツルバダ配合錠はHIVの増殖を抑制する抗ウイルス薬(抗HIV薬)で、エイズの発症や進行を遅らせることができます。数十年もの間エイズを発症させないことも可能です。

      また、日本では治療薬としてしか認められておりませんが、欧米などの海外ではツルバダ配合錠による「予防的服用」が認められております。
      それが PrEP(プレップ)です。

      PrEP:Pre-exposure prophylaxis(曝露前予防内服)は、HIV感染を予防する方法です。
      ツルバダ配合錠を1日1錠一定期間服用することで、HIVの感染を90%〜100%近く回避できることが研究で明らかになっております。

      また、より簡単なのはセックス前後に薬を飲む「オンデマンドPrEP」という方法です。
      セックスの前後にツルバダ配合錠を合計4錠服用することで、HIV感染を回避します。
      オンデマンドPrEPによる予防効果は87%以上だと言われております。

      テンビルはツルバダ配合錠のジェネリック医薬品であるため、同様の効果が期待できます。

      尚、PrEPやオンデマンドPrEPで梅毒・淋菌・クラミジアなど他の性感染症を予防することはできません。
      HIVを含め、全ての性感染症を予防することができるのはコンドームの使用に限ります。

      国内での適応症:HIV-1感染症
      海外の多くの国ではHIV感染予防薬(PrEP・オンデマンドPrEP)としても承認されております。
      PrEPは2012年にアメリカでが初めて承認されました。
      そしてWHO(世界保健機関)もHIV感染リスクが高い人たちに対してPrEPを推奨し、2015年にはガイドラインが策定されました。
      PrEPが承認されている国は欧米を中心に世界中で多くありますが、残念ながら日本ではまだ承認されておりません。

      テンビル300mg30錠

      テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)

      0

        テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)


        テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖を抑えることができるツルバダ配合錠のジェネリック医薬品です。

        テンビルEMは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

        シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

        シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

        インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

        テンビルEMもそんなシプラ社が製造・販売している高品質な商品であり、安価でありながら非常に優れた治療効果を得ることができます。

        先発品ツルバダ配合錠と同様に、1日1回服用することで後天性免疫不全症候群(AIDS)の治療に用いることができます。

        海外ではHIV感染予防のためにも使用されています。

        日本では、HIV-1感染症の治療のために承認されています。

        海外では感染予防のためにも承認・使用されています。

        テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)

        デュオビル(ラミブジン/ジドブジン)150mg/300mg

        0

          デュオビル(ラミブジン/ジドブジン)150mg/300mg


          デュオビルはラミブジン150?rとジドブジン300?rの合剤です。国内では同じ薬剤構成のメジャー医薬品として、コンビビル配合錠があります。このデュオビルは海外メーカー製のジェネリック医薬品です。ウイルスには遺伝情報としてDNAを持つものとRNAを持つものの2種類があり、これらはそれぞれDNAウイルス、RNAウイルスと分類されています。例えばB型肝炎ウイルスはDNAウイルス、インフルエンザウイルスはRNAウイルスです。HIVウイルスはRNAウイルスに分類されるウイルスです。ウイルスは、自身では新しいウイルスを生み出す能力を持ちません。そのため人間の細胞に寄生し、人間の細胞にウイルス細胞を作らせる事で増殖していきます。
          RNAウイルスは感染によって自身のRNAを人間の細胞に侵入させます。本来であれば、人間の細胞はウイルスに侵入されてもRNAからDNAを作る能力はありませんが、RNAウイルスはRNAからDNAを作る酵素をもっています。そのためウイルスに感染すると、ウイルスRNAからウイルスDNAが作られ、新たなウイルス細胞が作られます。このRNAからDNAを作る過程を逆転写と呼び、そのために用いられる酵素は逆転写酵素と呼ばれています。デュオビルの構成薬剤であるラミブジンとジドブジンはこの逆転写酵素の働きを妨げる事でHIVウイルスの増殖を抑えます。

          デュオビル(ラミブジン/ジドブジン)150mg/300mg

          ラミビル(ラミブジン)150mg

          0

            ラミビル(ラミブジン)150mg


            ラミビルはエイズウイルス(HIV)の増殖を抑える抗HIVウイルス剤です。HIVキャリアのエイズ発症を予防し、すでに発症しているエイズの進行を遅くする効果もあります。B型肝炎ウイルスにも効果があります。

            一般名はラミブジンです。国内では同成分の医薬品としてゼフィックスが使われており、国内のゼフィックスは100mgの規格です。

            ラミビルはHIVやB型肝炎ウィルスがひきおこす症状を改善する医薬品です。ウィルスは宿主の細胞に感染する事で増殖していきます。これはウィルスのDNAを宿主のDNAに組み込み、宿主の細胞に自身のDNAを生成させるという過程です。B型肝炎ウィスルはこの増殖の過程で、RNAからDNAを作ります。このRNAからDNAを作る過程にはウィルスの持つ逆転写酵素という酵素が必要です。ラミビルはこの、ウィルスの持つ逆転写酵素の働きを妨げる作用を持つ医薬品です。逆転写酵素の働きが妨げられるため、ウィルスは新たなDNAを作り出して増殖する事ができません。一方でヒトの細胞は逆転写酵素を持たないため、ラミビルはヒトの細胞を傷付ける事無くウィルスの細胞だけに働き、AIDSやB型肝炎の症状を改善します。

            ラミビル(ラミブジン)150mg

            リブチン(リファブチン)150mg

            0

              リブチン(リファブチン)150mg


              リブチンは、結核症、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症、HIV感染症患者における播種性MAC症の発症抑制に処方されます。この薬は、リファンピシン製剤を使用しずらい場合に用います。他の抗HIV薬との相互作用が少ないという利点があります。有効成分リファブチンは、細菌の遺伝情報物質の合成を阻害し、抗菌作用を発揮します。

              抗酸菌症は、抗酸菌(マイコバクテリウム)という細菌が、体に侵入することで発症します。抗酸菌の代表が結核菌で、他にはマイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症などを起こす非結核性抗酸菌があります。肺が主な病変部位で、一般的に咳や痰など呼吸器症状が長引きます。通常の抗生物質は、あまり効果がありません。

              エイズ以外の人の非結核性抗酸菌症に効果がある国内初の抗菌薬です。従来品のリファンピシン(リファジン)と同一系統ですが、利点として、併用薬の制約が少ないことや、抗エイズウイルス薬との併用も可能なことが利点です。多剤耐性結核に対しても、ある程度の有効性あります。リファンピシン(類似薬)よりも細胞移行性があり、約30%のリファンピシン耐性結核菌に効果があります。リファンピシンが副作用や薬物間相互作用で使えない場合や、リファンピシン耐性で十分な効果が得られない場合に、第二選択されます。マクロライド系薬のクラリスやクラリシッド、ジスロマックに次いで、播種性MAC症の発症抑制においての第二選択薬ともなっています。

              リブチン(リファブチン)150mg

              テンビル300mg30錠

              0

                テンビル300mg30錠


                テンビルは世界的に有名な抗HIV薬「ツルバダ配合錠」のジェネリック医薬品です。
                インドの大手製薬シプラ社が製造販売しており、多くの国に輸出されております。
                ツルバダ配合錠と同一成分・効果ですが、お安く購入できるのが特徴です。

                HIVすなわちヒト免疫不全ウイルス(エイズウイルス)は血液や精液を介して感染するウイルスですが、性感染が9割を占めており中でも特に同性間のセックスで感染します。
                HIVに感染してもしばらくは無症状ですが、何年かの月日を経て発症する疾患が「エイズ」、すなわち後天性免疫不全症候群です。
                免疫力が著しく低下し、様々な感染症や病気にかかりやすくなります。
                根治治療法が現在の医学においても存在しないため、「不治の病」だと呼ばれております。

                ツルバダ配合錠はHIVの増殖を抑制する抗ウイルス薬(抗HIV薬)で、エイズの発症や進行を遅らせることができます。数十年もの間エイズを発症させないことも可能です。

                また、日本では治療薬としてしか認められておりませんが、欧米などの海外ではツルバダ配合錠による「予防的服用」が認められております。
                それが PrEP(プレップ)です。

                PrEP:Pre-exposure prophylaxis(曝露前予防内服)は、HIV感染を予防する方法です。
                ツルバダ配合錠を1日1錠一定期間服用することで、HIVの感染を90%〜100%近く回避できることが研究で明らかになっております。

                また、より簡単なのはセックス前後に薬を飲む「オンデマンドPrEP」という方法です。
                セックスの前後にツルバダ配合錠を合計4錠服用することで、HIV感染を回避します。
                オンデマンドPrEPによる予防効果は87%以上だと言われております。

                テンビルはツルバダ配合錠のジェネリック医薬品であるため、同様の効果が期待できます。

                尚、PrEPやオンデマンドPrEPで梅毒・淋菌・クラミジアなど他の性感染症を予防することはできません。
                HIVを含め、全ての性感染症を予防することができるのはコンドームの使用に限ります。

                国内での適応症:HIV-1感染症
                海外の多くの国ではHIV感染予防薬(PrEP・オンデマンドPrEP)としても承認されております。
                PrEPは2012年にアメリカでが初めて承認されました。
                そしてWHO(世界保健機関)もHIV感染リスクが高い人たちに対してPrEPを推奨し、2015年にはガイドラインが策定されました。
                PrEPが承認されている国は欧米を中心に世界中で多くありますが、残念ながら日本ではまだ承認されておりません。

                テンビル300mg30錠

                テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)

                0

                  テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)


                  テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖を抑えることができるツルバダ配合錠のジェネリック医薬品です。

                  テンビルEMは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

                  シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

                  シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

                  インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

                  テンビルEMもそんなシプラ社が製造・販売している高品質な商品であり、安価でありながら非常に優れた治療効果を得ることができます。

                  先発品ツルバダ配合錠と同様に、1日1回服用することで後天性免疫不全症候群(AIDS)の治療に用いることができます。

                  海外ではHIV感染予防のためにも使用されています。

                  日本では、HIV-1感染症の治療のために承認されています。

                  海外では感染予防のためにも承認・使用されています。

                  テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)

                  デュオビル(ラミブジン/ジドブジン)150mg/300mg

                  0

                    デュオビル(ラミブジン/ジドブジン)150mg/300mg


                    デュオビルはラミブジン150?rとジドブジン300?rの合剤です。国内では同じ薬剤構成のメジャー医薬品として、コンビビル配合錠があります。このデュオビルは海外メーカー製のジェネリック医薬品です。ウイルスには遺伝情報としてDNAを持つものとRNAを持つものの2種類があり、これらはそれぞれDNAウイルス、RNAウイルスと分類されています。例えばB型肝炎ウイルスはDNAウイルス、インフルエンザウイルスはRNAウイルスです。HIVウイルスはRNAウイルスに分類されるウイルスです。ウイルスは、自身では新しいウイルスを生み出す能力を持ちません。そのため人間の細胞に寄生し、人間の細胞にウイルス細胞を作らせる事で増殖していきます。
                    RNAウイルスは感染によって自身のRNAを人間の細胞に侵入させます。本来であれば、人間の細胞はウイルスに侵入されてもRNAからDNAを作る能力はありませんが、RNAウイルスはRNAからDNAを作る酵素をもっています。そのためウイルスに感染すると、ウイルスRNAからウイルスDNAが作られ、新たなウイルス細胞が作られます。このRNAからDNAを作る過程を逆転写と呼び、そのために用いられる酵素は逆転写酵素と呼ばれています。デュオビルの構成薬剤であるラミブジンとジドブジンはこの逆転写酵素の働きを妨げる事でHIVウイルスの増殖を抑えます。

                    デュオビル(ラミブジン/ジドブジン)150mg/300mg

                    ラミビル(ラミブジン)150mg

                    0

                      ラミビル(ラミブジン)150mg


                      ラミビルはエイズウイルス(HIV)の増殖を抑える抗HIVウイルス剤です。HIVキャリアのエイズ発症を予防し、すでに発症しているエイズの進行を遅くする効果もあります。B型肝炎ウイルスにも効果があります。

                      一般名はラミブジンです。国内では同成分の医薬品としてゼフィックスが使われており、国内のゼフィックスは100mgの規格です。

                      ラミビルはHIVやB型肝炎ウィルスがひきおこす症状を改善する医薬品です。ウィルスは宿主の細胞に感染する事で増殖していきます。これはウィルスのDNAを宿主のDNAに組み込み、宿主の細胞に自身のDNAを生成させるという過程です。B型肝炎ウィスルはこの増殖の過程で、RNAからDNAを作ります。このRNAからDNAを作る過程にはウィルスの持つ逆転写酵素という酵素が必要です。ラミビルはこの、ウィルスの持つ逆転写酵素の働きを妨げる作用を持つ医薬品です。逆転写酵素の働きが妨げられるため、ウィルスは新たなDNAを作り出して増殖する事ができません。一方でヒトの細胞は逆転写酵素を持たないため、ラミビルはヒトの細胞を傷付ける事無くウィルスの細胞だけに働き、AIDSやB型肝炎の症状を改善します。

                      ラミビル(ラミブジン)150mg

                      リブチン(リファブチン)150mg

                      0

                        リブチン(リファブチン)150mg


                        リブチンは、結核症、マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症を含む非結核性抗酸菌症、HIV感染症患者における播種性MAC症の発症抑制に処方されます。この薬は、リファンピシン製剤を使用しずらい場合に用います。他の抗HIV薬との相互作用が少ないという利点があります。有効成分リファブチンは、細菌の遺伝情報物質の合成を阻害し、抗菌作用を発揮します。

                        抗酸菌症は、抗酸菌(マイコバクテリウム)という細菌が、体に侵入することで発症します。抗酸菌の代表が結核菌で、他にはマイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症などを起こす非結核性抗酸菌があります。肺が主な病変部位で、一般的に咳や痰など呼吸器症状が長引きます。通常の抗生物質は、あまり効果がありません。

                        エイズ以外の人の非結核性抗酸菌症に効果がある国内初の抗菌薬です。従来品のリファンピシン(リファジン)と同一系統ですが、利点として、併用薬の制約が少ないことや、抗エイズウイルス薬との併用も可能なことが利点です。多剤耐性結核に対しても、ある程度の有効性あります。リファンピシン(類似薬)よりも細胞移行性があり、約30%のリファンピシン耐性結核菌に効果があります。リファンピシンが副作用や薬物間相互作用で使えない場合や、リファンピシン耐性で十分な効果が得られない場合に、第二選択されます。マクロライド系薬のクラリスやクラリシッド、ジスロマックに次いで、播種性MAC症の発症抑制においての第二選択薬ともなっています。

                        リブチン(リファブチン)150mg

                        | 1/1PAGES |

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        27282930   
                        << September 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM