【ヒマラヤ】シュッダグッグル(高脂血症)

0

    【ヒマラヤ】シュッダグッグル(高脂血症)


    シュッダグッグルはコレステロール値低下・代謝促進・肥満解消などの健康作用が期待できるサプリメントです。
    インドの大手製薬ヒマラヤ社がアーユルヴェーダの思想に基づいて開発しました。

    全て天然成分で構成されているため安全性が高く、西洋医学の医薬品で起こり得るような副作用はありません。

    シュッダグッグルはコレステロールを正常値まで下げる作用の他、甲状腺機能を高めて代謝促進=痩せやすくする作用やアンチエイジング・浄化(デトックス)作用を持ち合わせております。

    高脂血症をはじめとする生活習慣病の予防改善・肥満解消・ダイエットにお勧めです。


    シュッダグッグルの主な効能は以下になります。

    コレステロール値を下げる
    甲状腺機能を高めて代謝を促進する
    血液をサラサラにし、動脈硬化を予防する
    代謝を高め、肥満を解消する

    【ヒマラヤ】シュッダグッグル(高脂血症)

    【ヒマラヤ】アバナ(コレステロール)

    0

      【ヒマラヤ】アバナ(コレステロール)


      アバナは、1錠中に40種類以上のアーユルヴェーダ生薬を含有しています。

      これらのアーユルヴェーダ生薬は、すべて血中のコレステロール値を減少させるのに効果的と考えられていますが、そのなかでも特に効果的と思われるものをいくつか紹介します。

      Arjuna(Terminalia arjuna)はアルジュナと呼ばれ、インドを原産とするシクンシ科の樹木です。

      心臓の機能を強化し、血圧を下げる作用があります。

      脂質(コレステロール)の吸収を抑える効果があり、この効果を目的としてアバナにアルジュナが含まれています。

      血中のコレステロール値を正常にする働きもあるといわれ、こちらの効果でもアバナは治療効果を得ることができます。

      Guggulu(Balsamodendron mukul)はグッグルと呼ばれ、こちらもコレステロール値を下げる効果があるとして有名です。

      グッグルのコレステロールを調査するために実施された臨床試験では、グッグルを摂取した患者は平均してコレステロール値が20%も低下したと報告されています。

      甲状腺機能を正常化したり、ダイエット効果もあるとして、グッグル単体でもサプリメントなどとして多くの方に愛用されています。

      【ヒマラヤ】アバナ(コレステロール)

      リピトール10mg

      0

        リピトール10mg


        リピトール10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

        日本でも有名な世界的製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって先発品として製造・販売されています。

        リピトール10mgは日本でも承認・販売されており、日本ではアステラス製薬株式会社により製造・販売されています。

        リピトールは、米国ワーナー・ランバート社(現在の米国ファイザー社)により新規に合成された3-Hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme-A reductase (HMG-CoA還元酵素)阻害作用を有するアトルバスタチンの製剤です。

        わが国では山之内製薬(現在のアステラス製薬)とワーナー・ランバートが共同開発し、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に対し優れた有用性が認められています。

        脂質Lipidから命名されてリピトールという名前をつけられました。

        リピトール10mgは、服用することでHMG-CoA還元酵素を阻害することでコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を低下させることができます。

        1日1回10mg投与により、81.4%の患者を総コレステロール値で220mg/dL未満に、85.1%の患者をLDL-コレステロール値で140mg/dL未満に到達させたと報告されています。

        リピトール10mg

        エゼドック(エゼチミブ)10mg

        0

          エゼドック(エゼチミブ)10mg


          エゼドックは有効成分としてエゼチミブ10mgを含有する高コレステロール血症治療薬です。
          日本を含め世界中で有名な高コレステロール血症治療薬「ゼチーア」のジェネリック医薬品であり、グローバルに展開するインドの大手製薬Lupin Limitedが製造販売しております。

          エゼドックは新しい高コレステロール血症治療薬です。
          現在主流の高コレステロール血症治療薬であるアトルバスタチン(商品名リピトール)などのスタチン系薬剤とは全く異なる、新しい作用機序を持つ薬剤です。

          エゼドックの有効成分エゼチミブは、小腸においてコレステロールの体内への吸収を阻害する作用(小腸コレステロールトランスポーター阻害作用)によって血中コレステロール(LDL)を下げます。
          また、善玉コレステロール(HDL:血中コレステロールを取り除いてくれるコレステロール)は上げて中性脂肪(TG)を下げる効果も有するため血中脂質値全体を改善します。

          血中コレステロールが増加して血中脂質値が悪くなると、血管内でコレステロールの沈着・蓄積ができて血液がドロドロとなり、血管が狭く血液が流れにくい状態になります。
          この状態が動脈硬化であり、動脈硬化が進行すると脳卒中・心筋梗塞などの様々な重大疾患の発症リスクが高まります。
          エゼドックのような高コレステロール血症治療薬によって血中脂質値を正常にすることで動脈硬化を防ぎ、重大な疾患を予防して健康寿命を伸ばすことが可能です。

          エゼドック(エゼチミブ)10mg

          リピトールジェネリック5mg

          0

            リピトールジェネリック5mg


            リピトールジェネリック5mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

            日本でも承認されているリピトール錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

            リピトールジェネリック5mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

            シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

            シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

            インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

            リピトールジェネリック5mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら先発品のリピトール錠に勝るとも劣らない非常に優れた治療効果があります。

            服用することで強力にコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を下げることができます。

            リピトールジェネリック5mg

            リピトールジェネリック(アトルバスタチン)80mg

            0

              リピトールジェネリック(アトルバスタチン)80mg


              リピトールジェネリック80mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

              高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の治療に使用することができます。

              日本でも承認されているリピトール錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

              日本で承認されているものよりも有効成分を大量に含有しており、服用することで強力な血中コレステロール値低下効果を得ることができます。

              1箱28錠入りタイプです。

              高コレステロール血症は、血液中のコレステロールが多すぎる状態です。

              自覚症状がなくても、長い間に動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞の原因にもなりかねません。

              このお薬で血液中のコレステロールを低下させていれば、将来起こるかもしれない心筋梗塞の危険性を少なくすることができます。

              また、心筋梗塞の多くは、プラークという血管のコブが破れ血管が詰まることで起こります。

              このお薬でコレステロールを十分に下げてやると、プラークが安定し破れにくくなります。

              心筋梗塞をすでに起こしたことのある人は、再梗塞の予防につながります。

              リピトールジェネリック(アトルバスタチン)80mg

              ロザチン(クレストール)5mg

              0

                ロザチン(クレストール)5mg


                クレストール5mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

                コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

                ロザチン(クレストール)5mg

                【ヒマラヤ】ラスナ(高脂血症・高血圧改善)

                0

                  【ヒマラヤ】ラスナ(高脂血症・高血圧改善)


                  ラスナはインド発祥の伝統医学アーユルヴェーダの思想に基づいて研究開発された健康サプリメントです。有効成分としてニンニク抽出エキスを含有しています。
                  イント?の有名医薬品メーカー「ヒマラヤ社」が製造販売してます。

                  アーユルヴェーダは、ギリシャのアラビア医学、中国の中医学と並んで世界の三大伝統医学と呼ばれる医学療法です。WHO(世界保健機構)でも認められており、国内においても主にヨガやエステなどでアーユルヴェーダ医学が浸透してきています。

                  アーユルヴェーダでは、人間が本来持つ自然エネルギーからの心・精神・肉体のバランスが心身に影響をきたすことで不調や病気が生まれると考えられており、そのバランスを整えることで不調や病気を改善します。
                  そのため治療のみならず、予防、根本的な原因の除去、体質改善、健康維持促進、QOL(生活の質)の向上に重点を置いています。

                  アーユルヴェーダ医学で使用される薬は全て自然から得られるもので、身体に負担がありません。ラスナをはじめヒマラヤ社のサプリメントシリーズは全てアーユルヴェーダ医学に基づいた天然由来成分なので、安心して長期間ご服用頂けます。

                  ラスナの有効成分であるニンニクは、古代から世界の至る場所で良薬として重宝されてきました。疲労回復・滋養強壮・精力増進・LDLコレステロールや中性脂肪を下げる・血圧を下げる・血行促進・新陳代謝促進・冷え性改善・動脈硬化の予防・血液をサラサラにする・ガン予防・風邪などの感染症予防・アンチエイジングなど、非常に多くの優れた効能があるためです。これらの効能は医学的にも明らかになっています。

                  健康や美容に気を使っている・将来の健康が不安・いつまでも健康でいたいと思う方には、ラスナの服用を強くお勧めします。

                  【ヒマラヤ】ラスナ(高脂血症・高血圧改善)

                  エゼンチア(エゼチミブ)10mg

                  0

                    エゼンチア(エゼチミブ)10mg


                    脂質異常症とは、血液中のコレステロールの数値が異常に高い病気のことです。以前は高コレステロール血症とよばれていました。血液中のコレステロールが高いと血管の壁にこびりついてしまい、動脈硬化が起きます。動脈硬化とは全身をめぐる血管が硬くなってしまう状態のことで、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの原因になるといわれています。お肉や脂っこいものが好きな方やお腹が最近出てきたことが気になっている方は、血液中のコレステロールが高くなっている可能性があります。健康診断などで血液中のコレステロールが高いと指摘されたことがある場合には、食事や運動、そして内服薬によって改善する必要があります。

                    エゼンチアは、コレステロールを下げる効果を期待できる薬です。血液中のコレステロールの数値が高い方は、中性脂肪の値も高いことが多いです。エゼンチアは、コレステロールだけでなく中性脂肪も下げる効果があるといわれています。エゼンチアはコレステロール低下薬の中でも、小腸コレステロールトランスポーター阻害薬とよばれる新しいタイプのもので、小腸で長時間作用するという特徴があります。そのため、1日に1回内服すれば効果が持続するといわれています。

                    エゼンチア(エゼチミブ)10mg

                    クレストール20mg

                    0

                      クレストール20mg


                      クレストール20mg(CRESTOR20mg)は、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の治療に用いられるお薬です。肝臓でのコレステロール合成に関与するHMG-CoA還元酵素を選択的・競合的に阻害する働きがあります。コレステロール合成を抑制することによって血液中のコレステロールを低下させます。

                      クレストール20mg

                      リピトール40mg

                      0

                        リピトール40mg


                        リピトール10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

                        日本でも有名な世界的製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって先発品として製造・販売されています。

                        リピトールは日本でも承認・販売されており、日本ではアステラス製薬株式会社により製造・販売されています。

                        リピトールは、米国ワーナー・ランバート社により新規に合成されたHMG-CoA還元酵素阻害作用を有するアトルバスタチンの製剤です。

                        わが国では山之内製薬とワーナー・ランバートが共同開発し、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に対し優れた有用性が認められています。

                        リピトール40mgは、服用することでHMG-CoA還元酵素を阻害することでコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を低下させることができます。

                        1日1回10mg投与により、81.4%の患者を総コレステロール値で220mg/dL未満に、85.1%の患者をLDL-コレステロール値で140mg/dL未満に到達させたと報告されています。

                        リピトール40mg

                        リピトール80mg

                        0

                          リピトール80mg


                          リピトール80mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

                          リピトールは日本でも承認されていますが、日本で承認されているものよりも大量の有効成分を含有しており、強力な効果を得ることができます。

                          リピトール80mgは、日本でも有名な世界的製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

                          ファイザー社は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社をおく製薬企業です。

                          優れた医薬品を数多く世界中の医療機関に提供しているため、2013年には医薬品の売上高世界第1位に輝いています。

                          リピトール80mgもそんなファイザー社が製造する高品質なお薬の1つで、多くの医療機関でコレステロール値改善のために処方されています。

                          服用することで強力にコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を下げることができます。

                          リピトール80mg

                          リピトールジェネリック(アトルバスタチン)10mg

                          0

                            リピトールジェネリック(アトルバスタチン)10mg


                            リピトールジェネリック10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

                            リピトールジェネリック10mgは世界的に有名なジェネリックメーカーであるTeva Pharmaceutical Industries Ltd(テバファーマスーティカル・インダストリーズ)によって製造・販売されています。

                            テバグループは、製薬メーカーとしては世界10位以内、ジェネリックメーカーとしては世界No.1の企業です。

                            1901年に創業され、現在では従業員数は約58,000人で、世界100ヵ国で展開されています。

                            世界No.1ジェネリックメーカーだけあり、リピトールジェネリック10mgは、先発品リピトール錠10mgに勝るとも劣らない優れた治療効果をあらわします。

                            日本でもテバグループのリピトールジェネリックは展開しています。

                            アトルバスタチン錠10mg「TYK」という名前で製造・販売されており、日本の多くの医療機関で処方されています。

                            服用することで強力にコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を下げることができます。

                            リピトールジェネリック(アトルバスタチン)10mg

                            リピトールジェネリック(アトルバスタチン)40mg

                            0

                              リピトールジェネリック(アトルバスタチン)40mg


                              リピトールジェネリック10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

                              リピトールジェネリック10mgは世界的に有名なジェネリックメーカーであるTeva Pharmaceutical Industries Ltd(テバファーマスーティカル・インダストリーズ)によって製造・販売されています。

                              テバグループは、製薬メーカーとしては世界10位以内、ジェネリックメーカーとしては世界No.1の企業です。

                              1901年に創業され、現在では従業員数は約58,000人で、世界100ヵ国で展開されています。

                              世界No.1ジェネリックメーカーだけあり、リピトールジェネリック10mgは、先発品リピトール錠10mgに勝るとも劣らない優れた治療効果をあらわします。

                              日本でもテバグループのリピトールジェネリックは展開しています。

                              アトルバスタチン錠10mg「TYK」という名前で製造・販売されており、日本の多くの医療機関で処方されています。

                              服用することで強力にコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を下げることができます。

                              リピトールジェネリック(アトルバスタチン)40mg

                              リピトールジェネリック(アトルリップ)80mg

                              0

                                リピトールジェネリック(アトルリップ)80mg


                                アトルリップ80mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

                                日本でも承認されているリピトール錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                                アトルリップ80mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

                                シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

                                シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

                                インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

                                アトルリップ80mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら先発品のリピトール錠に勝るとも劣らない非常に優れた治療効果があります。

                                日本で承認されているものよりも有効成分を大量に含有しており、強力な血中コレステロール値低下効果を得ることができます。

                                血液中のコレステロールを低下させていれば、将来起こるかもしれない心筋梗塞などの命の危険のある疾患の発症するリスクを少なくすることができます。

                                リピトールジェネリック(アトルリップ)80mg

                                リプロレス(フェノフィブラート)145mg

                                0

                                  リプロレス(フェノフィブラート)145mg


                                  脂質異常症は、以前に高脂血症とよばれていた病気のことで、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が高くなっている状態です。血液中に過剰な脂質があると、血管の壁にこびりつき、血液の流れを悪くするだけでなく、動脈硬化を促進するといわれています。動脈硬化とは、血管が硬くなる状態をさし、将来的に狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を引き起こす原因になります。

                                  リプロレスには、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる作用があります。血液中の脂質を下げる薬にはいくつか種類がありますが、リプロレスはフィブラート系とよばれています。中性脂肪が血液中から消失する速度を速めたり、体内で合成されるのを防ぎます。また、肝臓でコレステロールが生成されるのを抑制し、早く排出されるようにはたらきかけます。悪玉コレステロールが動脈硬化の原因といわれていますが、悪玉コレステロールは下げ、善玉コレステロールはむしろ増加するという効果が期待されています。善玉コレステロールは、長寿の方に多く見られるなどの報告があります。中性脂肪を下げる作用が強い薬として知られているので、中性脂肪は正常範囲でコレステロールのみ高い方には推奨されません。臨床試験では、糖尿病を合併している中性脂肪の高い方が内服すると心筋梗塞などの発症率を約10%減少したことが報告されています。

                                  リプロレス(フェノフィブラート)145mg

                                  ロザリップ(クレストール)10mg

                                  0

                                    ロザリップ(クレストール)10mg


                                    ロザリップ(クレストール)10mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

                                    コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

                                    ロザリップ(クレストール)10mg

                                    ロザリップ(クレストール)5mg

                                    0

                                      ロザリップ(クレストール)5mg


                                      ロザリップ(クレストール)5mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

                                      コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

                                      ロザリップ(クレストール)5mg

                                      ロザリップ(クレストール)20mg

                                      0

                                        ロザリップ(クレストール)20mg


                                        ロザリップ(クレストール)20mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

                                        コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

                                        ロザリップ(クレストール)20mg

                                        | 1/1PAGES |

                                        PR

                                        calendar

                                        S M T W T F S
                                        1234567
                                        891011121314
                                        15161718192021
                                        22232425262728
                                        2930     
                                        << September 2019 >>

                                        selected entries

                                        categories

                                        archives

                                        recommend

                                        links

                                        profile

                                        search this site.

                                        others

                                        mobile

                                        qrcode

                                        powered

                                        無料ブログ作成サービス JUGEM