イミグラン(スマトリプタン)100mg

0

    イミグラン(スマトリプタン)100mg


    イミグラン(スマトリプタン)100mg


    イミグラン100mgは、片頭痛治療薬です。片頭痛発作が起こり、ひどい痛みがあるときに1錠服用すれば、速やかにつらい痛みから解放されます。イミグラン100mgは、イギリスの有名な製薬メーカーであるグラクソ・スミスクライン株式会社によって開発されました。

    イミグランは錠剤だけでなく注射剤や点鼻薬もありますが、錠剤は1991年4月にニュージーランドで世界で初めて許可されて以来、多くの片頭痛患者に治療のために服用されています。現在では、イギリスをはじめ107ヵ国で承認され、86ヵ国で販売されています。日本でもイミグランは承認されています。

    本商品のイミグラン100mgは、有効成分スマトリプタンを1錠に日本では販売されていない100mgの高用量含有しています。片頭痛の病態生理には不明な点が多いですが、頭痛の発現には頭蓋内外の血管拡張が大きく関与し、片頭痛においてセロトニン(5-HT)といわれる物質が関係していると考えられています。現在の片頭痛発作のメカニズムでは、何らかの誘因によって過剰に放出された5-HTが原因と考えられています。5-HTは頭蓋血管を収縮させ、その後、5-HTが代謝されて減少することで頭蓋血管が拡張して、血管壁に浮腫および炎症が生じることで片頭痛発作が起こると考えられています。

    有効成分スマトリプタンは、脳動脈に多く存在する5-HTの作用部位である受容体5-HT1B/1D受容体に作用し、脳血管を収縮させることで片頭痛を治療します。脳の血管に選択的に作用するため、血圧や心拍に影響を与えないので安全性の高いお薬となっています。

    片頭痛治療には注射薬や点鼻薬など色々なタイプのお薬があります。イミグラン100mgは錠剤タイプのため携帯性に優れ、頭痛発作が起こったときにわざわざ病院を受診する必要がなく場所を選ばす服用することができるので、多くの片頭痛患者の方に愛用されています。

    イミグラン100mgを服用する際に、いくつか注意することがあります。イミグラン100mgは片頭痛の痛みを改善するお薬であり、頭痛の始まる前(片頭痛の前兆期を含む)に服用しても効果がないので、頭痛が発現時にのみ服用し、予防的には使用しないようにしてください。イミグラン100mgの服用により全く効果が認められない場合は、その発作に対して追加服用をしないようにしてください。このような場合は、痛みの原因が片頭痛ではない可能性があるので、検査を受けて、頭痛の原因を確認するようにしてください。

    他のスマトリプタン製剤を組み合わせて使用する場合には少なくとも以下の間隔をあけて使用するようにしてください。

    1. 錠剤服用後に注射液あるいは点鼻液を追加使用する場合には1時間以上。
    2. 注射液使用後に錠剤を追加服用する場合には1時間以上。
    3. 点鼻液使用後に錠剤を追加服用する場合には2時間以上。

    イミグラン(スマトリプタン)100mg


    スミナット(スマトリプタン)

    0

      スミナット(スマトリプタン)25mg


      スミナット(スマトリプタン)25mg


      スミナット25mgは、片頭痛の治療薬イミグラン錠のジェネリック医薬品です。

      頭痛の発作が起きた時に使用します。

      錠剤なので携帯性に優れ、サッと服用すれば速やかに効果をあらわし痛みをやわらげてくれます。

      スミナット25mgは、日本でも活躍しているジェネリックメーカーであるSun Pharmaceutical Industries Ltd(サン・ファーマ)によって製造・販売されています。

      サン・ファーマ社は、2014年に世界第5位のジェネリックメーカーとなっており、数多くの高品質なジェネリック医薬品を製造しています。

      スミナット25mgもそんなサン・ファーマ社によって製造された高品質なジェネリック医薬品となっています。

      注意点として、スミナット25mgは片頭痛の痛みを改善するお薬であり、頭痛の始まる前(片頭痛の前兆期を含む)に服用しても効果が期待できません。

      必ず頭痛の発作があらわれてからスミナット50mgを服用するようにしてください。

      スミナット(スマトリプタン)25mg



      スミナット(スマトリプタン)50mg


      スミナット(スマトリプタン)50mg


      スミナット50mgは、片頭痛の治療薬イミグラン錠のジェネリック医薬品です。

      片頭痛の発作が起きた時に使用します。

      頭痛があらわれた時に速やかに服用すると、より効果的です。

      片頭痛の治療は以前までは、頭痛の発作が起こるたびにわざわざ病院を受診して注射タイプの頭痛薬を接種するしかありませんでした。

      しかし、スミナット50mgは錠剤タイプのお薬なので携帯性に優れ、サッと服用すれば速やかに効果をあらわし痛みをやわらげてくれます。

      スミナット50mgは、Sun Pharmaceutical Industries Ltd(サン・ファーマ)によって製造・販売されています。

      サン・ファーマ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社です。

      1983年に設立され、世界各国で製薬会社の買収を重ねる成長拡大路線により、現在では国際的製薬会社として知られ、ジェネリック医薬品だけでなく、心疾患治療薬、糖尿病治療薬、胃薬、呼吸器系疾患治療薬などを製造しています。

      日本だけでなく、アメリカやヨーロッパおよびアジアなど世界40カ国に輸出するまでに成長しています。

      2014年には世界第5位のジェネリックメーカーとなっており、数多くの高品質なジェネリック医薬品を製造しています。

      スミナット50mgもそんなサン・ファーマ社によって製造された高品質なジェネリック医薬品となっています。

      スミナット(スマトリプタン)50mg



      スミナット(スマトリプタン)100mg


      スミナット(スマトリプタン)100mg


      スミナット100mgは、治療薬イミグラン錠のジェネリック医薬品です。

      片頭痛は慢性頭痛のひとつです。
      頭の血管が拡張し、ズキンズキンと脈打つような頭痛が起こります。
      吐き気や嘔吐を伴うことも多いです。
      人によっては、発作の前に目がチカチカするなど特異な前兆が現れます。

      服用することでこれらの片頭痛の症状を解消することができます。
      拡張した血管を収縮させたり、血管周囲の炎症をとることで、片頭痛の痛みをやわらげます。
      頭痛発現時に早期服用すると効果的です。

      スミナット100mgは、Sun Pharmaceutical Industries Ltd(サン・ファーマ)によって製造・販売されています。
      サン・ファーマ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社です。
      1983年に設立され、世界各国で製薬会社の買収を重ねる成長拡大路線により、現在では国際的製薬会社として知られ、ジェネリック医薬品だけでなく、心疾患治療薬、糖尿病治療薬、胃薬、呼吸器系疾患治療薬などを製造しています。

      日本だけでなく、アメリカやヨーロッパおよびアジアなど世界40カ国に輸出するまでに成長しています。
      2014年には世界第5位のジェネリックメーカーとなっており、数多くの高品質なジェネリック医薬品を製造しています。

      スミナット100mgもそんなサン・ファーマ社によって製造された高品質なジェネリック医薬品となっています。
      注意点として、スミナット100mgは片頭痛の痛みを改善するお薬であり、頭痛の始まる前に服用しても効果が期待できません。

      必ず頭痛の発作があらわれてからスミナット100mgを服用するようにしてください。

      スミナット(スマトリプタン)100mg


      ゾルミストスプレー式点鼻薬(ゾルミトリプタン)5mg

      0

        ゾルミストスプレー式点鼻薬(ゾルミトリプタン)5mg


        ゾルミストスプレー式点鼻薬(ゾルミトリプタン)5mg


        ゾルミストスプレー式点鼻薬5mgは片頭痛の痛みをとるお薬です。

        頭痛が発現したときに、シュッと鼻に噴霧すれば鼻粘膜から有効成分が速やかに吸収され、即効で効果を発揮してくれます。

        飲み薬よりも効果があらわれるのがはやいので、頭痛に悩む多くの片頭痛患者の方に愛用されています。

        ゾルミストスプレー式点鼻薬5mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

        シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

        シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

        インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

        ゾルミストスプレー式点鼻薬5mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら優れた治療効果があります。

        ゾルミストスプレー式点鼻薬(ゾルミトリプタン)5mg


        イミグラン50mg

        0

          イミグラン50mg


          イミグラン50mg


          イミグランは、有効成分にスマトリプタンを含んでおり、片頭痛の治療薬として使用されています。片頭痛に悩む方のほとんどは前触れなく、急に起こる脈を打つようなズキンズキンとした強い痛みが特徴です。頭痛以外にも嘔吐や気分不快・ふらつきなどの症状もあらわれます。

          片頭痛の原因ははっきりとはわかっていませんが、ストレスや体質などが要因となることが多いようです。ストレスなどが原因で脳の血管が拡張してしまうと、脳内の大きな神経の1つである三叉神経が圧迫されてしまいます。圧迫されてしまった三叉神経は、脳の刺激を伝える物質である神経ペプチドを放出し始めます。
          その神経ペプチドには精神面に影響を与える三大神経伝達物質の一つであるセロトニンが働いているため、セロトニンが片頭痛を起こす原因かもしれないとも言われています。

          有効成分であるスマトリプタンは、拡張した血管を速やかに収縮させることによって、片頭痛の痛みを改善してくれる効果があります。
          また、三叉神経に働きかけ、三叉神経から放出される神経ペプチドの放出を抑制する働きがあるため、片頭痛の痛みの原因を根本から取り除いてくれます。イミグランは即効性があるため、片頭痛の症状があらわれてすぐに内服すると30分ほどで薬の効果があらわれ始め、片頭痛の痛みを和らげてくれるため、片頭痛に長く悩まされる心配はいりません。

          イミグラン50mg


          リザクト10mg(マクサルトジェネリック)

          0

            リザクト10mg(マクサルトジェネリック)


            リザクト10mg(マクサルトジェネリック)


            リザクト10mg(マクサルトジェネリック)は、片頭痛治療薬として有名なマクサルトのジェネリック医薬品です。

            先発品のマクサルトは片頭痛に対する迅速な効果発現を目指して、 米国メルク社が開発した経口片頭痛薬です。

            そのためジェネリック医薬品のリザクト10mg(マクサルトジェネリック)も、頭痛が起きた時にサッと服用すれば迅速な効果をあらわし痛みをやわらげてくれます。

            リザクト10mg(マクサルトジェネリック)は、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

            シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

            シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

            インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

            リザクト10mg(マクサルトジェネリック)もそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら優れた治療効果があります。

            注意点として、片頭痛の予防的に服用しても治療効果は期待できず、むしろ副作用発現の可能性が高くなると考えられています、

            そのため、予防的にリザクト10mg(マクサルトジェネリック)を服用せず、必ず頭痛発作があらわれた時に服用するようにしてください。

            リザクト10mg(マクサルトジェネリック)




            リザクト5mg(マクサルトジェネリック)


            リザクト5mg(マクサルトジェネリック)


            リザクト5mgは、インドの製薬企業であるCipla(シプラ)社によって製造されている片頭痛治療薬マクサルトのジェネリック医薬品です。

            辛い頭痛が起きたときに服用すれば、先発品マクサルト同様に痛みを速やかにやわらげてくれます。

            片頭痛は慢性頭痛のひとつです。

            頭の血管が拡張し、ズキンズキンと脈打つような頭痛が起こります。

            患者によっては吐き気や嘔吐を伴うことも多いです。

            リザクト5mgは、このような片頭痛の症状を治療することができます。

            拡張した血管を収縮させたり、血管周囲の炎症をとることで、片頭痛の痛みをやわらげます。

            頭痛が起きたときに早めに服用することでより効果的です。

            そのため、偏頭痛持ちの方はあらかじめリザクト5mgを購入して手元に置いておくのもおススメです。

            リザクト5mg(マクサルトジェネリック)


            リザクト5mg(マクサルトジェネリック)

            0

              リザクト5mg(マクサルトジェネリック)


              リザクト5mg(マクサルトジェネリック)


              リザクト5mgは、インドの製薬企業であるCipla(シプラ)社によって製造されている片頭痛治療薬マクサルトのジェネリック医薬品です。

              辛い頭痛が起きたときに服用すれば、先発品マクサルト同様に痛みを速やかにやわらげてくれます。

              片頭痛は慢性頭痛のひとつです。

              頭の血管が拡張し、ズキンズキンと脈打つような頭痛が起こります。

              患者によっては吐き気や嘔吐を伴うことも多いです。

              リザクト5mgは、このような片頭痛の症状を治療することができます。

              拡張した血管を収縮させたり、血管周囲の炎症をとることで、片頭痛の痛みをやわらげます。

              頭痛が起きたときに早めに服用することでより効果的です。

              そのため、偏頭痛持ちの方はあらかじめリザクト5mgを購入して手元に置いておくのもおススメです。

              リザクト5mg(マクサルトジェネリック)



              リザクト10mg(マクサルトジェネリック)


              リザクト10mg(マクサルトジェネリック)


              リザクト10mg(マクサルトジェネリック)は、片頭痛治療薬として有名なマクサルトのジェネリック医薬品です。

              先発品のマクサルトは片頭痛に対する迅速な効果発現を目指して、 米国メルク社が開発した経口片頭痛薬です。

              そのためジェネリック医薬品のリザクト10mg(マクサルトジェネリック)も、頭痛が起きた時にサッと服用すれば迅速な効果をあらわし痛みをやわらげてくれます。

              リザクト10mg(マクサルトジェネリック)は、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

              シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

              シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

              インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

              リザクト10mg(マクサルトジェネリック)もそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら優れた治療効果があります。

              注意点として、片頭痛の予防的に服用しても治療効果は期待できず、むしろ副作用発現の可能性が高くなると考えられています、

              そのため、予防的にリザクト10mg(マクサルトジェネリック)を服用せず、必ず頭痛発作があらわれた時に服用するようにしてください。

              リザクト10mg(マクサルトジェネリック)


              ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)2.5mg

              0

                ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)2.5mg


                ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)2.5mg


                ゾーミッグは市販の頭痛薬には効かない片頭痛にも効くお薬です。

                ゾーミッグの有効成分ゾルミトリプタンは、トリプタン製剤に属する成分です。

                日本でトリプタン製剤で有名なお薬にはイミグラン(スマトリプタン)が有ります。

                ゾーミッグ含め他のトリプタン製剤は片頭痛の痛みを緩和する効果はありますが、対処療法薬と呼ばれ、頭痛の予防効果はありません。

                ゾーミッグは、効き目が早いため頭痛の発作が出てから服用しても早期に鎮痛効果を現します。

                片頭痛とは慢性頭痛の一つですが、こめかみから目の間にズキズキとする強い痛みを起こす頭痛で、月に1,2回、多い場合は週に1,2回発症する頭痛です。

                ゾーミッグ(ゾルミトリプタン)2.5mg


                マクサルトRPD(リザトリプタン)10mg

                0

                  マクサルトRPD(リザトリプタン)10mg


                  マクサルトRPD(リザトリプタン)10mg


                  マクサルトは、舌に乗せるウエハースタイプなので水は不要、必要なときにすぐに服用できる、片頭痛の治療薬です。
                  有効成分の安息香酸リザトリプタンは、拡張した血管を収縮させ、その周囲に起こった炎症を緩和させ、片頭痛の症状を抑えます。

                  早期にマクサルトを服用した際の頭痛消失率は72%、重度の場合、服用後15分後には症状が改善、45分後には症状が消失、75分後には片頭痛が消失したという臨床試験の結果があります。
                  片頭痛の原因は不明であり、根本治療ができないため、片頭痛が起きた際にその痛みを軽減させることが重要です。

                  片頭痛
                  片頭痛は鋭い痛みが頭の片側(時として両側)に発生し、主にこめかみから目の周辺で起こります。吐き気や光や音に過敏になるなどの症状を伴った痛みが数時間から数日続きます。日本では約8%の成人が片頭痛に悩まされています。

                  原因
                  原因は未だに解明されていませんが、考えられる原因として、以下2つがあげられます。

                  三叉神経から神経伝達物質が過剰に分泌されることで血管が拡張し、血管の透過性が亢進することで周囲に炎症が起こり、痛みを感じる。
                  何らかの原因により脳内部や周辺の血管が収縮し、頭蓋骨内外の血管が異常に拡張することで、炎症物質が生成され、痛みが起こる

                  マクサルトRPD(リザトリプタン)10mg


                  レルパックス(エレトリプタン)40mg

                  0

                    レルパックス(エレトリプタン)40mg


                    レルパックス(エレトリプタン)40mg


                    レルパックス(エレトリプタン) 40mgは、片頭痛の治療剤です。
                    有効成分であるエレトリプタンは、ファイザー社が合成したトリプタン系薬剤です。

                    2001年にスイスで発売され、現在では世界各国で臨床使用されています。
                    日本では、2002年に片頭痛の治療薬として承認されました。

                    片頭痛の発作発現後の服用で、速やかな頭痛改善効果が得られます。
                    嘔気、嘔吐、光過敏、音過敏などの片頭痛の随伴症状について、さらに仕事、勉強などへの片頭痛の悪影響についても改善効果を示します。
                    加えて、服用24時間以内において、発作の再発率を下げることから、再発抑制効果があることも認められています。

                    片頭痛の有病率は、15歳以上の日本人では8%前後と報告されていますので、一般的な疾患だと言えます。
                    また、頭痛の発作時にはQOL(生活の質)が下がることが分かっていますので、生活の質を維持するためには積極的な治療が必要となります。

                    片頭痛が起こる原因は明確になっていませんが、脳血管が拡張し、炎症を誘発することが要因の一つだと考えられています。
                    これには神経伝達物質の「セロトニン」が関与しているとされています。

                    何かしらの原因により、多量のセロトニンが一気に分泌されると、急な脳血管収縮が惹起されます。
                    その後、セロトニンの量が減少することでその働きが弱くなり、脳血管は拡張します。

                    この脳血管が拡張する際に、片頭痛発作が起きているとする仮説があります。
                    さらに、この際に何らかの方法で脳血管を収縮させれば、発作の症状を改善できることが明らかになっています。

                    脳内において、セロトニンと同様に働き、脳血管を収縮させるのが、このエレトリプタンです。
                    エレトリプタンは、セロトニン受容体(5-HT1Bもしくは5-HT1D)に結合することで、脳血管を収縮させ、片頭痛の発作症状を改善します。

                    1箱3錠入りで、発作時に1回1錠服用しますので、1箱が3回分となります。
                    片頭痛発作の頻度に応じて、購入数を決めると良いでしょう。

                    レルパックス(エレトリプタン)40mg


                    | 1/1PAGES |

                    PR

                    calendar

                    S M T W T F S
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    2930     
                    << September 2019 >>

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recommend

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM