【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

0

    【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

    【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)


    グドゥチはインドの伝統医学アーユルヴェーダの思想をベースに研究開発された健康サプリメントです。優れた免疫力強化・滋養強壮作用を持っています。
    グドゥチはインドの有名医薬品メーカー「ヒマラヤ社」が製造販売しています。ヒマラヤ社はグドゥチの他にも、非常に幅広い目的別に何種類ものアーユルヴェーダサプリメントを販売しています。

    5000年以上の長い歴史を持つアーユルヴェーダ医学はWHO(世界保健機構)でも代替医療として公に認可されている医学療法です。
    アーユルヴェーダは予防医学に重点を置いており、天然ハーブなどによる自然の力で心・精神・肉体のバランスを整えることで身体を癒します。
    治療だけではなく、病気や不調の予防、根本的な病因の除去、健康や美容の維持促進を目的としています。

    アーユルヴェーダで使用される薬は全て自然から得られるものであるため、西洋医学の医薬品と比べて身体への負担や副作用リスクがなく安心して長期間ご服用頂けます。

    グドゥチの有効成分もグドゥチという天然ハーブの抽出エキスで、主な作用は優れた免疫力強化作用です。
    アーユルヴェーダで使用される天然ハーブには何千もの種類がありますが、その中でもグドゥチは特に重要とされているハーブです。古代から若返りの万能薬として非常に多く使用されてきました。
    病気やストレスに負けない強く健康な身体を作り、若々しさを維持します。

    病気やストレスに負けない身体をつくりたい、病気になりにくい身体をつくりたい、病気を予防したい、加齢やストレスなどで免疫力が低下している、虚弱体質、肝障害、腎障害、関節炎など身体の炎症、化学療法中、アンチエイジングなど健康を目指す全ての方にお勧めできます。

    【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)

    グドゥチには多くの素晴らしい効果効能がありますが、代表的なものについて以下にまとめました。

    免疫強化作用:白血球に働きかけ、身体の免疫防御システムを強化します。また保護細胞であるマクロファージにも働きかけ、風邪など多くの感染症に対する抵抗力を高めます。抗がん剤などの化学療法中の副作用を和らげる効果もあります。
    抗ストレス作用:精神的・肉体的ストレスへの抵抗力を高め、ストレスやストレスによる身体の不調を軽減します。心身をリラックスさせて強化してくれます。
    利尿作用:尿路結石の除去など、腎障害を予防改善します。また、免疫力強力作用により膀胱炎の予防改善効果もあります。
    肝臓保護作用:肝細胞を再生して肝障害を予防改善します。
    血液浄化作用:体内に流れている毒素や老廃物など悪いものを排出(デトックス)し、身体全体を浄化します。
    抗炎症作用:痛風・リウマチ・関節炎・腰痛など、炎症や痛みを抑制します。
    抗アレルギー作用:花粉症・湿疹・蕁麻疹などのアレルギーによる症状を和らげます。抗炎症作用もあるので皮膚トラブル全般にも効果的です。
    抗酸化作用:酸化ストレスを抑え、内側から若々しい肌や身体をつくります。肌のたるみ・シワ・しみなどのアンチエイジングにも効果的です。

    【ヒマラヤ】グドゥチ(免疫力強化)


    サインバルタ30mg

    0

      サインバルタ30mg


      サインバルタ30mg


      サインバルタはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ薬です。

      成分として、1カプセル中にデュロキセチンを30mg含みます。かつて、うつ病には三環系抗うつ薬という薬が治療の中心として使用されてきました。このお薬は効果が大変高いので、多くの方に使用されてきたのですが、それと同じくらい副作用も強力なものが多く出ることが問題でした。この副作用の問題をクリアーするために、新しいお薬が開発されてきました。サインバルタは、ここに分類されるお薬で、効果は高く副作用が少ないのがメリットです。

      脳の中では、神経が信号を送ることで情報を伝達しています。神経の信号を送ることに関与しているのが、神経伝達物質と呼ばれるものです。これにはいくつかの種類があり、その種類ごとに伝達する信号の種類も違ってくるのです。代表的なものに、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンがあります。セロトニンは不安や落ち込みといった精神の安定化に関与している物質です。ノルアドレナリンは意欲、気力、集中力などに関与している物質です。ドーパミンは喜びや快楽といったことに関与している物質です。

      ドネペジル塩酸塩は、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、脳内のアセチルコリンの分解を抑制します。その結果、アセチルコリンの濃度が上昇し、認知症症状の進行を抑制すると考えられています。服用後の血漿中濃度の消失半減期が長く、効果が持続するため、1日1回の服用で効果が期待できます。また、吸収されやすく、脳への移行率も良いため、5 mgの投与でも効果が期待できます。脳に移行しやすいため、その他の部位での副作用が少ないことも特徴の一つです。

      これらの信号の伝達が悪くなると、それぞれの感情がマイナスに働いてしまいます。通常、神経の信号はひとつの神経の細胞から、神経の伝達物質がたくさん放出され、これを次の神経の細胞が受容体で受け取ることで信号が伝達されます。

      放出された神経伝達物質の数が多く、その全てが次の受容体にくっつけば、信号は問題なく伝達されていくのですが、放出された神経伝達物質が受容体にくっつく前に回収されてしまい、数が減ってしまう場合もあります。この状態がおこると、落ち込み、意欲の低下、気力の低下などといった症状が現れうつ病が発症してしまいます。

      サインバルタは、この神経伝達物質が回収されてしまう部分に着目し、回収(再取り込み)を阻害することでうつ病を改善するお薬です。神経伝達物質の中でも、サインバルタはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。神経伝達物質のひとつであるノルアドレナリンは、痛みを抑える方向に働く信号を送る物質でもあります。このため、サインバルタはノルアドレナリンの働きを良くすることから、痛みを抑えるという効果を期待して使用されることもあるのです。

      サインバルタ30mg


      【ヒマラヤ】ルマラヤフォルテ(関節痛)

      0

        【ヒマラヤ】ルマラヤフォルテ(関節痛)


        【ヒマラヤ】ルマラヤフォルテ(関節痛)


        ルマラヤフォルテは関節や骨や筋肉など整形外科領域のトラブルを予防改善してくれるサプリメントです。
        インドの伝統医学アーユルヴェーダの思想をベースに、最新の医学知識・技術のもとで研究開発されました。インドの有名医薬品メーカー「ヒマラヤ社」が製造販売しています。

        アーユルヴェーダはギリシャ・アラビア医学、中国医学とともに「世界三大伝統医学」といわれる有名な医学療法です。日本でもヨガやエステなどでアーユルヴェーダが多く取り入られています。
        アーユルヴェーダでは人間が持つ自然エネルギーのバランスが心身に大きく影響すると考えられており、そのエネルギーに働きかけて心・精神・肉体のバランスを整え身体を癒すことを目的としています。
        病気や症状の治療&対症療法だけではなく、病気の予防、病気や症状の根本的な原因の排除、体質改善、健康・美容の維持促進にも重点を置いています。

        ルマラヤフォルテの有効成分は多くの効果効能を持つ何種類もの天然ハーブです。シャラキ ・グッグル・グドゥチなどのアーユルヴェーダの中でも特に優れたハーブがたっぷりと配合されており、これらのハーブが身体の痛みや炎症を抑えて心身の健康をサポートしてくれます。
        アーユルヴェーダ医学の薬は全て天然ハーブなどの自然から得られたもので、身体に優しく副作用がないことが特徴です。西洋医学の鎮痛薬は長期間服用すると胃腸障害などの副作用が頻発してしまいますが、ルマラヤフォルテはそのような心配がありません。

        ルマラヤフォルテのフォルテは「強力」という意味で、西洋医学の医薬品に匹敵するような強さで鎮痛・抗炎症・関節や骨の保護などの効果を発揮します。

        【ヒマラヤ】ルマラヤフォルテ(関節痛)

        ルマラヤフォルテには何種類ものハーブが含まれているため、非常に多くの効果効能を持ち合わせています。

        整形外科領域の治療に効果的な主な作用は、関節軟骨の健康に欠かせないグリコサミノグリカンの損傷を抑制することで関節軟骨の破壊を抑制する作用・抗炎症作用・鎮痛作用・血行促進作用・抗酸化(若返り)作用・強壮作用などです。
        関節炎・筋肉痛・関節リウマチ・変形性関節症・肩こり・四十?五十肩、頚椎症・腰椎症・坐骨神経痛・関節炎・痛風など、整形外科領域のあらゆる痛みや炎症に対して改善効果を発揮します。予防効果もあるので、痛くなる前から服用しておくのも有効です。
        また、多くの効果効能があるので痛みなどがなくても健康・美容サポートのサプリメントとして日常的に服用しておくこともお勧めできます。
        ルマラヤフォルテの効果効能は臨床試験でも実証されており、鎮痛・抗炎症効果はサプリメントで有名なグルコサミンやコンドロイチンよりも遥かに強力で有益であるという研究結果が出ました。

        【ヒマラヤ】ルマラヤフォルテ(関節痛)


        サインバルタ60mg

        0

          サインバルタ60mg


          サインバルタ60mg


          『サインバルタ』は、デュロキセチン塩酸塩を主成分とする抗うつ剤で、脳内で放出される物質、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリンの再取り込みを阻害し、脳内にこれらの物質を増やすことで神経活動を活発にするSNRIと呼ばれる抗うつ剤です。脳内のアドレナリンを増やすことで意欲を高め、セロトニンを増やすことで不安な気持ちを軽減します。『サインバルタ』は第四世代という最も新しい抗うつ剤で、代謝が大変緩やかです。そのため1日1回の使用でも効果を発揮します。

          『サインバルタ』はセロトニンとアドレナリンだけでなく、ノルアドレナリン系の神経系にのみ選択的に働きます。そのため口の渇きや、便秘といった副作用が少ないのが特徴です。

          また、現段階で最も進化した抗うつ剤と言われ、作用が早く、抗うつ剤としての効果が強いというのも利点です。通常『サインバルタ』は20咫40咫60咾班用量をふやすことができますが、その際は1週間以上20咾鯊海韻晋40咾悗醗楾圓掘△気蕕1週間以上のスパンを経て60咾泙派用量を増やすことができます。また『サインバルタ』には慢性疼痛を鎮める働きがあり、特に糖尿病性神経障害に伴う疼痛には国内外で第1選択薬とされています。

          サインバルタ60mg


          プレガビッド(プレガバリン)50mg

          0

            プレガビッド(プレガバリン)50mg


            プレガビッド(プレガバリン)50mg


            プレガビッド(プレガバリン)は有効成分にプレガバリンを含み、リリカのジェネリック医薬品として販売されています。帯状疱疹神経痛や糖尿病性末梢神経障害、線維筋痛症などの治療に使用され、リリカと同様、神経の興奮によって起こる痛みやしびれを緩和してくれる効果があります。

            有効成分のプレガバリンはニューロン(神経細胞)の興奮を鎮静化させてくれる効果があります。ニューロンは送られてくる信号を脳に伝える働きを持っています。この働きを興奮と言います。
            外部からの刺激は、ニューロンによって脳に伝えられ、脳が身体に指令を送り、身体が反応するという神経伝達を行います。
            帯状疱疹神経痛や糖尿病性抹消神経障害、線維筋痛症などの神経性疼痛はニューロンが異常に興奮した状態にあるため、全身に痛みやしびれを感じてしまう苦痛を感じる症状です。

            プレガバリンによってニューロンの興奮を抑えてくれることで、一般的に使用されている鎮痛薬では効果があまり得られない神経性疼痛を和らげてくれます。
            日本ではまだ未承認の薬ですが神経性疼痛の鎮痛薬として世界中で知られており、最も使用されている薬の1つです。

            また、新たに神経性疼痛だけでなく、ニューロンが突然電気的な刺激を受けて起こるてんかんの発作に対しても効果が得られることがわかり、てんかん薬としても使用されるようになりました。
            さらに、アルコール依存症や薬物乱用が原因で発症する全般性不安性障害(GAD)にも効果を発揮し、依存症の離脱から起こる不安症状を軽減してくれる働きを持っていると言われています。

            プレガビッド(プレガバリン)50mg


            リリカジェネリック(プレガバリン)150mg

            0

              リリカジェネリック(プレガバリン)150mg


              リリカジェネリック(プレガバリン)150mg


              リリカ(プレガバリン)は米国ファイザー社が開発した、神経痛・神経障害性疼痛などの痛みを緩和するお薬で、リリカジェネリックはリリカと同じ成分である「プレガバリン」を含むジェネリック医薬品です。痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出を抑えることで、鎮痛作用を発揮します。

              神経痛・神経障害性疼痛などは、障害や損傷を受けた神経が興奮しつづけ、痛みを伝える物質が過剰に出されることから、痛みとして感じます。この場合、痛みの原因となる病気やケガが治った場合でも痛みが長引きくことがあります。その結果、ちょっとした刺激でも痛みを感じたり、天気の変化で痛む場合もあります。 リリカはこうした痛みの原因となる神経系の過剰な興奮状態を抑えることで、痛みをやわらげます。 過剰な興奮状態になっている神経をしずめる作用があるので、一般的な鎮痛薬(NSAIDS)が効きにくいとされる、中枢性、末梢性の神経痛、神経障害性疼痛、線維筋痛症による痛みにも効果的です。

              リリカジェネリック(プレガバリン)150mg


              【30%オフ】MSMタブレット

              0

                【30%オフ】MSMタブレット


                【30%オフ】MSMタブレット


                MSMタブレットは、アメリカの有名なサプリメントメーカーであるNow foods社によって製造・販売されています。

                MSMタブレットは、アメリカでは関節障害、腰痛、肩背痛、筋肉痛に悩む方のために使用されています。具体的には、解毒・抗アレルギー作用(花粉症やアトピー)のトラブル解消、関節の痛みと炎症の緩和、美容(髪・爪・肌)、のために使用されています。

                有効成分のMSM(メチルスルフォニルメタン)は花粉症・アトピーの改善が期待できます。

                花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎でもMSMタブレットは使用されており、季節性アレルギー性鼻炎患者にMSMを30日間投与した結果、1週間程度でその症状が改善されたとの報告がされています。

                有効成分MSMの作用メカニズムは、正確には解明されていません。しかし、炎症やアレルギー性鼻炎の症状緩和作用の解明のため、炎症症状の時に上昇する検査値のC反応性タンパク質(CRP)を測定した結果、MSMの摂取後に68.1%の人がCRPが減少したと報告がされています。この効果が、MSMの痛みやアレルギー性鼻炎の改善に関与すると考えられています。

                1日1〜2回1回2錠を食事とともに摂取することで、加齢による関節などの「ふしぶし」の痛みや違和感の悩みを解決することができるといわれています。

                関節のトラブルは、40歳を過ぎた中年以降に増加するといわれています。とくに、女性、肥満の方、O脚の方、若い頃にスポーツを続けていた方は関節のトラブルが起こりやすいといわれています。アメリカやヨーロッパではこのような関節の悩みに対し、効果のある栄養素を積極的に補充して対策しています。その代表的な栄養素がこの有効成分MSMなのです。

                MSMタブレットは、歩き始めるのがつらい、階段はのぼるよりもおりる方がつらい、正座ができない、朝に起き上がるのがつらいなどの症状がある方におススメの商品となっています。

                有効成分のMSMは、アメリカで発見された新成分で、現在日本でも注目を集めています。MSMはもともと天然に存在する有機硫黄化合物です。牛乳・野菜・果物など多くの食品中にもわずかですがMSMは存在しています。MSMはその化学構造に硫黄を約34%含有し、摂取することで体内で必要な組織に硫黄を供給しています。

                硫黄は体内ではカルシウム、リン、カリウムに次いで4番目に多いミネラルで、骨や軟骨などの結合組織や体内の様々な生体反応に必要な成分となっています。とくに髪や爪、皮膚、関節の軟骨などに硫黄は多く含まれていることがわかっています。体内に存在している硫黄の85%はMSMを摂取することによって供給された硫黄であるといわれています。

                MSMタブレットは日本でも健康食品として認可されており、現在では多くの医療系メーカーから製造・販売されています。とくに関節痛の緩和は、従来の関節緩和商品では効果のみられなかった炎症性の関節炎(リウマチなど)の痛みや炎症の緩和にも効果があるといわれ、日本でも多くの方に使用されています。

                関節の痛みを主とする変形性関節症の方にMSMを摂取させ、関節の痛みに対する効果を判定した結果、MSMを摂取したグループでは4週間で60%、6週間で82%の症状が改善されたと報告されています。

                MSMタブレットは、小麦、グルテン、大豆、トウモロコシ、牛乳、卵、魚、甲殻類、木の実を原料にして製造はされていません。しかし、これらのアレルゲンを含む成分を処理する施設で生産されているため、これらの成分にアレルギーのある方は注意してください。

                このMSMタブレットは、まれに色の変化が起こることがありますが品質に問題はないので安心して使用することができます。

                また、関節などの「ふしぶし」の悩みを抱えている方はMSMタブレットの摂取だけでなく生活習慣も改善することが推奨されています。適正体重よりも体重が重い方はダイエットをする、筋肉の衰えを予防するために適度に運動する、バランスの良い食事を心掛けるようにしてください。

                【30%オフ】MSMタブレット


                【30%オフ】MSMパウダー

                0

                  【30%オフ】MSMパウダー


                  【30%オフ】MSMパウダー


                  MSMパウダーは、アメリカの有名なサプリメントメーカーであるNow foods社から製造・販売されています。水やジュースなど飲み物に混ぜて簡単に摂取できるパウダータイプです。1日1〜2回ティースプーン1/2杯分を飲み物に溶かして摂取することで、花粉症やアレルギーの改善、加齢による関節などの「ふしぶし」の痛みや違和感の悩みを解決する効果が期待できます。

                  MSMは花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎に使用されており、季節性アレルギー性鼻炎患者にMSMを30日間投与した結果、1週間程度でその症状が改善されたとの報告がされています。

                  「ふしぶし」の違和感は、40歳ぐらいの中年以降に増加するといわれています。加齢による新陳代謝の低下や、女性、肥満の人、O脚の人、若い頃にスポーツを続けていた人は関節の違和感を感じやすいといわれています。アメリカやヨーロッパではこのような悩みに対し、「ふしぶし」効果のある栄養素を積極的に補充して対策しています。 その代表がMSMパウダーなのです。

                  MSMパウダーは、歩き始めがつらい、階段はのぼるよりもおりる方がつらい、正座ができない、朝に起き上がるのがつらいなど症状がある方におススメの商品です。有効成分MSMはアメリカで開発された注目の新成分です。天然に存在する有機硫黄化合物であり、牛乳・野菜・果物など多くの食品中にわずかですが存在しています。硫黄は体内ではカルシウム、リン、カリウムに次いで4番目に多いミネラルで、骨や軟骨などの結合組織や体内の様々な生体反応に必要な成分です。

                  とくに髪や爪、皮膚、関節の軟骨などに多く含まれていることがわかっています。MSMはその化学構造に硫黄を約34%含有し、摂取することで体内で必要な組織に硫黄を供給しています。体内に存在している硫黄の85%はMSMによって供給された硫黄であるといわれています。MSMは、アメリカでは関節障害、腰痛、肩背痛、筋肉痛に悩む方のために使用されています。

                  具体的には、関節の痛みと炎症の緩和、美容(髪・爪・肌)、解毒・抗アレルギー作用(花粉症やアトピー)の問題解消のために使用されています。日本でも健康食品として認可されており、現在では多くのメーカーから製造・販売されています。とくに関節痛の緩和は、従来の関節緩和商品では効果のみられなかった炎症性の関節炎(リウマチなど)の痛みや炎症の緩和にも効果があるといわれています。

                  関節の痛みを主訴とする変形性関節症患者にMSMを投与し、痛みに対する緩和作用について判定した結果、MSMを摂取したグループでは4週間で60%、6週間で82%の症状が改善されたと報告されています。

                  MSMの作用メカニズムは正確には解明されていません。しかし、炎症やアレルギー性鼻炎の症状緩和作用の解明のため、炎症症状の時に上昇する検査値のC反応性タンパク質(CRP)を測定した結果、MSMの摂取後に68.1%の人がCRPが減少したと報告がされています。この効果が、MSMの痛みやアレルギー性鼻炎の改善に関与すると考えられています。

                  MSMパウダーは、小麦、グルテン、大豆、トウモロコシ、牛乳、卵、魚、甲殻類、木の実を原料にして製造はされていません。しかし、これらのアレルゲンを含む成分を処理する施設で生産されているため、これらの成分にアレルギーのある方は注意してください。

                  このMSMパウダーは、まれに色の変化が起こることがありますが品質に問題はないので安心して使用することができます。また、関節などの「ふしぶし」の悩みを抱えている方はMSMパウダーの摂取だけでなく生活習慣も改善することが推奨されています。適正体重よりも体重が重い方はダイエットをする、筋肉の衰えを予防するために適度に運動する、バランスの良い食事を心掛けるようにしてください。

                  【30%オフ】MSMパウダー


                  【ヒマラヤ】ルマラヤジェル(関節炎)

                  0

                    【ヒマラヤ】ルマラヤジェル(関節炎)


                    【ヒマラヤ】ルマラヤジェル(関節炎)


                    ルマラヤジェル30gは、関節炎の治療薬です。

                    有効性と安全性が高い天然植物由来の成分組成となっており、様々な整形外科疾患からくる関節や骨の痛みに効果が期待できます。含有している天然成分は、強力な抗炎症作用を有しています。関節や骨周辺の炎症を抑え、速やかに痛みを緩和できることが臨床試験で認められています。

                    塗布した部位の血管拡張作用も有しているため、患部の血流を改善することもできます。この効果も関節炎の疼痛緩和に繋がっています。また、筋肉の弛緩作用もありますので、関節の稼働域を広げ動きやすくする効果もあります。ゲルタイプですので、皮膚からの有効成分の吸収が良好で、さらに患部深くまで浸透します。このことも、速やかな痛みの緩和に繋がっていると考えられています。

                    ルマラヤジェルの有効成分は、全て天然の植物由来のものです。以下に有効成分を示します。

                    ヒメコウジ(チェッカーベリー)という植物の植物油:
                    これはサリチル酸メチルを含有しています。サリチル酸メチルは、鎮痛剤として知られており、日本でも痛み止めの湿布に配合されています。
                    ボズウェリアという木の樹皮からとれる乳状液・樹液の抽出物:
                    これは関節部位の腫脹や痛み、こわばりなどの炎症性の関節症状を改善する効果があります。関節リウマチや骨関節炎などにも効果的です。その他にも、血流増加作用や発作により傷ついた血管の修復効果が認められています。
                    また、関節炎がある方は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)という種類の薬(商品名:ボルタレン、ロキソニンなど)を服用していることが多いと思います。このNSAIDsを長期間使用している患者さんでは、関節内のグリコサミノグリカンという物質が分解されやすくなり、その結果、関節軟骨がダメージを受けている患者さんが多いことが分かっています。ボズウェリア抽出物は、NSAIDs使用患者において、このグリコサミノグリカンの分解を有意に抑制し、関節軟骨を保護できることが認められています。

                    【ヒマラヤ】ルマラヤジェル(関節炎)


                    アスピリンジェネリック

                    0

                      アスピリンジェネリック

                      アスピリンジェネリック


                      アスピリンは100年以上も前に開発され、世界中で使用されている非ステロイド性の解熱鎮痛消炎薬です。

                      私たちの体は、外から刺激などを受けたりすると、それが原因となり炎症がおこります。この炎症は腫れや発熱、痛みとなって体に悪影響を及ぼします。本来は、この炎症も体の防御反応のあらわれであるので、必要なものなのですが、あまりに体に対しての悪影響が大きい場合には、お薬での治療が必要となってきます。

                      体は刺激などの障害を受けると、そこで化学伝達物質が産生されることにより炎症が起こります。この際産生される化学伝達物質にはいくつか種類はありますが、主に痛みや炎症を引き起こしている物質は「プロスタグランジン」と呼ばれる物質です。逆に言えば、体に刺激が与えられても、プラスタグランジンができないようにすれば、痛みや炎症を抑えることができるのです。

                      プロスタグランジンは体内で、アラキドン酸を原料として作られます。このとき原料となるアラキドン酸に働きかけ、プロスタグランジンができあがる過程をすすめていくのが、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」という酵素です。このCOXの働きを止めることができれば、プロスタグランジンができあがってこないので、痛みや炎症を止めることができます。

                      アスピリンはこのCOXの働きを阻害する非ステロイド性解熱鎮痛消炎薬のひとつです。ちなみに、アラキドン酸を原料として作り上げられる化学伝達物質は、他にもいくつか存在しています。そのうちのひとつが、トロンボキサンと呼ばれる物質です。このトロンボキサンには、血液を固まらせる作用があります。プロスタグランジンもトロンボキサンも、アラキドン酸を原料とし、COXの働きを受けてできあがるということにはかわりないのですが、アスピリンが少量、体に入るとトロンボキサンができあがる工程を抑え、大量に入るとプロスタグランジンができあがる工程を抑えるのです。この作用を利用し、現在では低用量のアスピリン製剤は、血液をさらさらにするお薬として、高用量のアスピリンは、解熱鎮痛消炎薬として使用されています。

                      この製品アスピリンジェネリックは、含まれるアスピリンの量が1錠中150mgと高用量であるので、解熱鎮痛消炎効果をもつお薬としての効果がみられます。

                      アスピリンジェネリック


                      アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg

                      0

                        アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg


                        アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg


                        世界中で使用されている非ステロイド性のロングセラー解熱鎮痛消炎薬『アスピリン』のジェネリックです。

                        外から刺激などを受けたりすると、体内で炎症がおこります。この炎症は腫れや発熱、痛みとなって現れます。本来、炎症は防御反応なのですが、その炎症の悪影響があまりにも大きい場合には、薬品での治療が必要となります。

                        体は刺激などの障害を受けると、そこで化学伝達物質が産生されることにより炎症が起こります。この際産生される化学伝達物質にはいくつかの種類がありますが、主に痛みや炎症を引き起こしている物質は「プロスタグランジン」と呼ばれる物質です。

                        プロスタグランジンは体内で、アラキドン酸を原料として作られます。このとき原料となるアラキドン酸に働きかけ、プロスタグランジンができあがる過程をすすめていくのが、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」という酵素です。このCOXの働きを止めることができれば、プロスタグランジンができあがってこないので、痛みや炎症を止めることができます。アスピリンはこのCOXの働きを阻害する非ステロイド性解熱鎮痛消炎薬のひとつです。

                        アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg


                        アレノ(アスピリン+ジピリダモール)

                        0

                          アレノ(アスピリン+ジピリダモール)


                          アレノ(アスピリン+ジピリダモール)


                          イギリスにおいては、医師らが参照する英国脳卒中ガイドラインにおいて、脳梗塞後の標準的な二次予防療法として、アスピリン+ジピリダモールが推奨されています。したがって、アレノ(アグレノックスのジェネリック)は非常に信頼性の高いお薬ということができます。

                          脳梗塞とは、脳にある血管が何らかの原因によって閉塞(詰まる)ことによって、脳細胞への血流が滞り、脳細胞の壊死を引き起こすというものです。脳細胞は非常に多くのエネルギーを必要としているため、血流が滞ると比較的短い時間で壊死してしまいます。

                          その時間は4時間半と言われており、その時間内に治療をすれば、回復後の後遺症はほぼないと言われています。後遺症の代表的なものとしては、失語症や麻痺というものです。このような事態をまねかないためにも予防は非常に重要です。

                          アレノの有効成分であるアスピリンとジピリダモールには、血小板の働きを抑制し、血液が固まる作用を防ぐ(弱める)作用があります。また、ジピリダモールには血管を拡張し、血流を改善する働きもあります。この2つの作用により、より効果的に脳梗塞の原因となる血栓を予防し、脳梗塞の発症を防ぐことが可能となります。

                          アレノ(アスピリン+ジピリダモール)


                          コビックス200mg

                          0

                            コビックス200mg


                            コビックス200mg


                            コビックスは、1988年にアメリカFDA(日本の厚生労働省)から承認を受け、アメリカで大変人気がある鎮痛剤です。現在では、世界100カ国以上で発売されています。成分のセレコキシブは、COX-2選択性の非ステロイド性消炎・鎮静剤です。関節・筋肉の炎症や関節リウマチなどに効果があるといわれています。コビックス100mgのお取り扱いもございます。

                            コビックス200mg


                            ナプロシン250mg

                            0

                              ナプロシン250mg


                              ナプロシン250mg


                              怪我などによって傷を負った場合や細菌感染による組織修復に炎症が関わっています。これら炎症は体内での免疫による正常な反応です。

                              しかし、この炎症が過剰になると自分自身の組織まで破壊してしまいます。組織破壊が起こると、当然のことですが痛みが起こります。そのため、これら炎症反応を抑える物質は痛み止めの薬になることが分かります。

                              炎症の5大徴候と呼ばれるものとして、

                              ・発赤: 炎症が起きている部位の血管が広がり、血流が増える
                              ・発熱
                              ・腫脹: 炎症が起こっているところに体液などが流れ込み、腫れること
                              ・痛み: 炎症が起こっているところで、痛みの原因物質であるプロスタグランジンがつくられる
                              ・機能障害: 体を動かすと痛いなど、上記4つの症状により起こるがあります。

                              ほとんど炎症が原因で上記のような症状が現れることがわかります。つまり、炎症を抑えることができれば、発赤や発熱、痛みを抑えることができると考えられます。

                              そこで用いられるのが、非炎症性ステロイド(NSAIDs)です。

                              ナプロシンはNSAIDsに分類される消炎鎮痛剤であり、様々な痛みや炎症性疾患に用いられますナプロシンを始めとするNSAIDsを使用する際は、これらは根本を治す治療ではなくあくまでも対症療法に過ぎないことを忘れないで下さい。

                              対症療法とは、症状だけを抑えている治療法の事です。あくまでも表面的な症状を感じにくくさせているだけの治療法で根本を治している治療ではない事を認識しておきましょう。

                              ナプロシン250mg




                              ナプロシン500mg


                              ナプロシン500mg


                              ナプロシンは、非ステロイド系の鎮痛薬、抗炎症薬です。腰痛や関節痛、頸肩腕痛、リウマチの鎮痛、痛風の治療薬として使用されています。ナプロシンなどの非ステロイド抗炎症薬は、副作用が少なく効き目が他の鎮痛剤に比べて早いと言われています。

                              ナプロシン500mg


                              ナプロシン500mg

                              0

                                ナプロシン500mg


                                ナプロシン500mg


                                ナプロシンは、非ステロイド系の鎮痛薬、抗炎症薬です。腰痛や関節痛、頸肩腕痛、リウマチの鎮痛、痛風の治療薬として使用されています。ナプロシンなどの非ステロイド抗炎症薬は、副作用が少なく効き目が他の鎮痛剤に比べて早いと言われています。

                                ナプロシン500mg




                                ナプロシン250mg


                                ナプロシン250mg


                                怪我などによって傷を負った場合や細菌感染による組織修復に炎症が関わっています。これら炎症は体内での免疫による正常な反応です。

                                しかし、この炎症が過剰になると自分自身の組織まで破壊してしまいます。組織破壊が起こると、当然のことですが痛みが起こります。そのため、これら炎症反応を抑える物質は痛み止めの薬になることが分かります。

                                炎症の5大徴候と呼ばれるものとして、

                                ・発赤: 炎症が起きている部位の血管が広がり、血流が増える
                                ・発熱
                                ・腫脹: 炎症が起こっているところに体液などが流れ込み、腫れること
                                ・痛み: 炎症が起こっているところで、痛みの原因物質であるプロスタグランジンがつくられる
                                ・機能障害: 体を動かすと痛いなど、上記4つの症状により起こるがあります。

                                ほとんど炎症が原因で上記のような症状が現れることがわかります。つまり、炎症を抑えることができれば、発赤や発熱、痛みを抑えることができると考えられます。

                                そこで用いられるのが、非炎症性ステロイド(NSAIDs)です。

                                ナプロシンはNSAIDsに分類される消炎鎮痛剤であり、様々な痛みや炎症性疾患に用いられますナプロシンを始めとするNSAIDsを使用する際は、これらは根本を治す治療ではなくあくまでも対症療法に過ぎないことを忘れないで下さい。

                                対症療法とは、症状だけを抑えている治療法の事です。あくまでも表面的な症状を感じにくくさせているだけの治療法で根本を治している治療ではない事を認識しておきましょう。

                                ナプロシン250mg


                                ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg

                                0

                                  ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


                                  ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


                                  ニューコキシア120mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

                                  関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

                                  自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

                                  ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg




                                  ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


                                  ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


                                  ニューコキシア60mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

                                  関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

                                  自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

                                  ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


                                  ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg

                                  0

                                    ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


                                    ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


                                    ニューコキシア60mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

                                    関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

                                    自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

                                    ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg




                                    ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


                                    ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


                                    ニューコキシア120mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

                                    関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

                                    自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

                                    ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


                                    ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg

                                    0

                                      ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg


                                      ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg


                                      ハイフェナクは一般名アセクロフェナクです。国内では未承認の非ステロイド抗炎症薬になります。非ステロイド抗炎症薬は痛み止めや炎症止め、解熱剤などとして用いられる事の多い薬剤のグループです。よく知られている非ステロイド抗炎症薬にはロキソニン(ロキソプロフェン)やアスピリン(アセチルサリチル酸)などがあります。アセクロフェナクはスペインで開発された、新しい非ステロイド抗炎症薬です。ヨーロッパを中心に数か国で使用されており、特に慢性関節リウマチや変形性関節炎などの炎症や痛みの軽減に有効性を持つと考えられています。ハイフェナクはインドの製薬メーカーであるインタスファーマ社が製造しています。

                                      ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg


                                      ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)

                                      0

                                        ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


                                        ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


                                        ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニルジェネリック)は全身性エリテマトーデスや関節リウマチをはじめ、円板状エリテマトーデスや小児リウマチ、その他の膠原病の症状を改善するための治療薬として使用されています。最初は抗マラリア薬として、マラリアの治療や予防のために使用されていましたが、研究が進む中で上記のような病気に対しても治療薬として効果があることが確認されました。全身性エリテマトーデスというのは、自分の免疫細胞が自分の体を攻撃してしまうという病気(自己免疫疾患)で、その詳しい原因は未だにわかっていません。その症状としては、関節や腎臓、粘膜や血管壁に慢性の炎症性結合組織を引き起こします。

                                        関節リウマチも自分の免疫細胞が主に手足の関節を攻撃することで炎症を生じる自己免疫疾患です。関節痛や関節の変形が生じ、強張りといった感覚を覚えるようになります。ひどくなると物が握れなくなるなど、日常生活に支障をきたします。現時点ではどのような作用機序でこれらの自己免疫疾患に効果があるのかは明らかではありませんが、免疫系の活性化をもたらす免疫細胞の連絡を阻害していると考えられています。

                                        ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


                                        プラキニル200mg

                                        0

                                          プラキニル200mg


                                          プラキニル200mg


                                          プラキニル200mgは全身性エリテマトーデスや関節リウマチをはじめ、円板状エリテマトーデスや小児リウマチ、その他の膠原病の症状を改善するための治療薬として使用されています。最初は抗マラリア薬として、マラリアの治療や予防のために使用されていましたが、研究が進む中で上記のような病気に対しても治療薬として効果があることが確認されました。全身性エリテマトーデスというのは、自分の免疫細胞が自分の体を攻撃してしまうという病気(自己免疫疾患)で、その詳しい原因は未だにわかっていません。その症状としては、関節や腎臓、粘膜や血管壁に慢性の炎症性結合組織を引き起こします。

                                          関節リウマチも自分の免疫細胞が主に手足の関節を攻撃することで炎症を生じる自己免疫疾患です。関節痛や関節の変形が生じ、強張りといった感覚を覚えるようになります。ひどくなると物が握れなくなるなど、日常生活に支障をきたします。現時点ではどのような作用機序でこれらの自己免疫疾患に効果があるのかは明らかではありませんが、免疫系の活性化をもたらす免疫細胞の連絡を阻害していると考えられています。

                                          プラキニル200mg


                                          ボベランエマルジェル

                                          0

                                            ボベランエマルジェル


                                            ボベランエマルジェル


                                            ボベランエマルジェル50gは、ゲル剤(塗布タイプ)の外用消炎鎮痛剤です。

                                            有効成分は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のジクロフェナクナトリウムで、これは、日本で幅広く使われているボルタレン錠、ボルタレン坐剤やボルタレンゲルと同じ有効成分です。

                                            ボルタレンゲルと同様の1%の濃度で、ジクロフェナクナトリウムを含有していますので、同等の効果が得られると考えられます。変形性関節症、肩関節周囲炎、腱鞘炎などの関節炎の炎症を抑えて、鎮痛効果を発揮することが認められています。また、筋肉痛や打撲などの外傷後の痛みや腫れも抑えてくれます。

                                            有効成分のジクロフェナクナトリウムは、シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害します。シクロオキシゲナーゼは、生体内で炎症や痛みを引き起こすプロスタグランジンの合成に関わっています。つまり、ジクロフェナクナトリウムは、このプロスタグランジンの生合成を抑えることで、消炎・鎮痛効果を発揮します。

                                            ボベランエマルジェル50gは、皮膚に塗布することで効果を発揮します。ジェルタイプの外用製剤であり、皮膚からのジクロフェナクナトリウムの吸収が良好と言われています。皮膚から吸収され、患部に浸透したジクロフェナクナトリウムは、そこでプロスタグランジンの生合成を抑えます。このため、患部の炎症および痛みを速やかに緩和することが可能となっています。炎症による痛みや腫脹に対する対症療法(症状を抑える治療)として、有用な外用製剤です。

                                            またジェルタイプで組成に油分を含んでいませんので、薬剤の伸びが良好で、肘や膝などのよく動かす関節にも容易に使用できます。さらに塗った後の乾きが早く、べとつきが少ない薬剤です。1本50gですので、塗る回数や部位にもよりますが、1本がおよそ3〜5週間分となります。

                                            ボベランエマルジェル


                                            ルマラヤ塗布剤(関節炎・リウマチ)

                                            0

                                              ルマラヤ塗布剤(関節炎・リウマチ)


                                              ルマラヤ塗布剤(関節炎・リウマチ)


                                              ルマラヤ塗布剤(関節炎・リウマチ)は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された天然の抗炎症・鎮痛薬です。

                                              1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

                                              ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

                                              インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

                                              ルマラヤは、主に以下の生薬を配合しています。

                                              Indian Winter Green (Gandhapura taila)
                                              Camphor (Karpoora)
                                              特に、Camphor(Karpoora)は樟脳(カンファー)とよばれ、血行促進作用や鎮痛作用、消炎作用、鎮痒作用、清涼感をあたえる作用などがあるために、主にかゆみどめ、リップクリーム、湿布薬など外用医薬品の成分として使用されています。

                                              使用することで皮膚に容易に吸収され、そのときにメントールと同じような清涼感をもたらし、わずかに局部麻酔のような働きをします。

                                              そのような成分を配合しているルマラヤ塗布剤を使用することで、リウマチ、神経痛、坐骨神経痛などの痛みを解消してくれます。

                                              ルマラヤ塗布剤(関節炎・リウマチ)


                                              ロルカム4mg

                                              0

                                                ロルカム4mg


                                                ロルカム4mg


                                                ロルカム4mgは、腫れや痛みをやわらげるためのお薬です。

                                                世界的に有名な製薬企業であるAbbott Healthcare Pvt Ltd(アボット)によって製造・販売されています。

                                                アボット社はイリノイ州シカゴに本社を置く大企業で、現在では130を超える国や地域で高品質な医薬品を提供しています。

                                                ロルカム4mgもそんな高品質なお薬の1つで、多くの痛みに悩む患者のために使用されています。

                                                1日3回あるいは痛みがあるときにサッと服用することで、耐え難い痛みをやわらげてくれます。

                                                痛みだけでなく、熱を下げる効果もあり解熱のためにも使用することが可能です。

                                                ロルカム4mg


                                                痛み止めオイル(神経痛・関節痛)

                                                0

                                                  痛み止めオイル(神経痛・関節痛)


                                                  痛み止めオイル(神経痛・関節痛)


                                                  痛み止めオイルは、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された神経筋痛や関節痛に効果のあるオイルです。

                                                  1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

                                                  ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

                                                  痛み止めオイルは、主に以下の成分を配合しています。

                                                  Country Mallow
                                                  Sweet Flag
                                                  Cedarwood
                                                  Drumstick
                                                  Ginger
                                                  インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

                                                  生薬の中には効果が判明していないものもありますが、多くの生薬が現代の医学において作用機序が解明されており、本当に治療効果があることが証明されています。

                                                  使用することで、配合されている天然成分によって体の痛みをやわらげてくれます。

                                                  1箱100mlボトル1本入りです。

                                                  痛み止めオイル(神経痛・関節痛)


                                                  M-キャム(メロキシカム)7.5mg

                                                  0

                                                    M-キャム(メロキシカム)7.5mg


                                                    M-キャム(メロキシカム)7.5mg


                                                    エムキャムはさまざまな炎症の痛みを軽減するために使われる薬剤です。一般名はメロキシカムです。国内の同成分の医薬品には、モービック錠やメロキシカムのジェネリック医薬品があります。国内医薬品のモービック錠には5咫■隠mgの2種類の規格がありますメロキシカムは非ステロイド性抗炎症剤と呼ばれる種類の医薬品です。関節リウマチや変形性関節症の部位におこる炎症や痛みの症状の改善や、腰痛などの痛みの改善、肩こりや筋肉痛などのさまざまな痛みや炎症の症状に用いられます。

                                                    メロキシカムは非ステロイド性抗炎症剤の中でも特に、COX−2(シクロオキシゲナーゼ)という酵素の働きを妨げるという特徴を持っています。体内には痛みを伝えるための体内物質が存在し、プロスタグランジンと呼ばれています。炎症や関節痛などの部位でプロスタグランジンが作られると、そのプロスタグランジンが痛みを誘発します。そのためプロスタグランジンが作られる過程を妨げる事で、炎症や関節痛の痛みの発生を抑えることができます。プロスタグランジンが作られるためにはシクロオキシゲナーゼという酵素が必要です。エムキャムはCOX−2(シクロオキシゲナーゼ)という酵素の働きを妨げるため、プロスタグランジンが作られなくなります。とくにシクロオキシゲナーゼのなかでもCOX−2という種類によく働く薬剤であるため、胃の痛みなどの副作用がおこりにくくなっています。

                                                    M-キャム(メロキシカム)7.5mg


                                                    イミトレックス(スマトリプタン)100mg

                                                    0

                                                      イミトレックス(スマトリプタン)100mg


                                                      イミトレックス(スマトリプタン)100mg


                                                      イミトレックスは、片頭痛の発作治療に使用する薬です。
                                                      有効成分であるスマトリプタンが、片頭痛の原因に作用します。スマトリプタンは、脳内成分であるセロトニンによく似た成分でできています。

                                                      セロトニンは、様々な働きを持っていますが、その中に「痛みを抑制する」働きがあります。血中のセロトニン濃度が高くなると、痛みに対する刺激が弱くなると言われています。

                                                      スマトリプタンが、セロトニンのような働きをすることで、片頭痛を改善させます。片頭痛の発生機序には、頭蓋内外の血管が過度に拡張することが挙げられています。この過度に拡張した血管を、収縮させて正常にする働きを持っているのが、スマトリプタンです。

                                                      また、炎症物質(発痛物質)の放出を抑制し、その血管周囲の炎症を抑える作用もあります。

                                                      頭痛には、緊張型頭痛や群発頭痛というタイプもありますが、これには効果がありません。片頭痛の場合に服用してください。片頭痛の症状が出た初期の段階で、服用するのが最も効果的です。症状を予防するために服用しても、効果は得られないので注意してください。

                                                      イミトレックスには、様々な薬剤の種類があります。

                                                      ここで取り上げているものは錠剤ですが、他にも、注射薬や点鼻薬といった種類があります。注射薬や点鼻薬のメリットは、即効性が高く、効果が確実であることです。しかし、副作用が強く出やすく、体質によっては合わない場合があるといったデメリットもあります。個人で使用する場合には、錠剤から始めるのが安心といえます。

                                                      イミトレックス(スマトリプタン)100mg




                                                      イミトレックス(スマトリプタン)50mg


                                                      イミトレックス(スマトリプタン)50mg


                                                      イミトレックス(スマトリプタン)50mg


                                                      | 1/1PAGES |

                                                      PR

                                                      calendar

                                                      S M T W T F S
                                                      1234567
                                                      891011121314
                                                      15161718192021
                                                      22232425262728
                                                      2930     
                                                      << September 2019 >>

                                                      selected entries

                                                      categories

                                                      archives

                                                      recommend

                                                      links

                                                      profile

                                                      search this site.

                                                      others

                                                      mobile

                                                      qrcode

                                                      powered

                                                      無料ブログ作成サービス JUGEM