サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

0

    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

    サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラ 20mgは、うつ病や疼痛の治療薬です。その名前の通り、サインバルタという薬のジェネリック医薬品で、同じ主成分が配合されています。

    サインバルタ(成分:デュロキセチン塩酸塩)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)というタイプの抗うつ薬として開発されました。

    アメリカで大うつ病障害の適応を取得したのが2004年ですので、比較的新しい抗うつ薬となります。現在では、世界100以上の国と地域でうつ病の治療に使われています。日本では、2010年から「うつ病、うつ状態」に使われることが認められています。抑うつ気分や精神的不安などの症状に対して、良好な抗うつ効果が長期間続くことが臨床試験により認められています。

    さらに、痛みに対しても効果があることがわかってきましたので、現在では、「糖尿病性神経障害」、「慢性腰痛症」、「変形性関節症」などの痛みに対しても使われています。これらの痛みに対しては、飲み始めて1、2週間目から鎮痛効果が見られるようです。

    ドゥゼラ 20 mgは、サインバルタと同様にデュロキセチン塩酸塩を1カプセルに20 mg含有していますので、1日あたり2〜3カプセル服用することで、これらの効果が期待できます。1箱100カプセル入りですので、1箱がおよそ30〜50日分となります。

    ドゥゼラ 20 mgは、脳など中枢神経系において、ノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質のシナプス間隙(神経と神経のつなぎ目)での濃度を高めることにより、抗うつ効果を発揮すると考えられています。

    また、SNRIというタイプの抗うつ薬に分類されますが、他のタイプの抗うつ薬に比べて効果発現までが早いとされています。抗うつ薬は効果発現までに1ヶ月以上かかるものもありますが、ドゥゼラ 20 mgは1〜2週間で抗うつ効果を実感できる方が多いようです。

    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg




    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

    サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

    神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

    こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg




    サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

    サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

    サインバルタジェネリックに含まれる有効成分であるデュロキセチンは、憂うつな気分を和らげるだけでなく意欲を高める薬で、うつ病やうつ状態に適応があります。最近では糖尿病に伴う神経痛にも使用されるようになっています。
    デュロキセチンは脳の中の2つの神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するので、結果として脳の神経の間にセロトニンとノルアドレナリンが増加します。セロトニンは不安を和らげて気持ちを楽にし、ノルアドレナリンはやる気がなかった状態から意欲を持てるようにすると言われています。
    デュロキセチンはセロトニン受容体とノルアドレナリン受容体に特異的に作用するため、以前の抗うつ薬によく見られた口渇、便秘、眠気、吐き気、頭痛などの不快な副作用は出づらくなっています。
    成人の場合は1日1回朝食後にコップ1杯の水で40mgを内服します。飲み始めに、かえって気分が落ち込むようなことがあったら医師に相談するようにしましょう。デュロキセチンは比較的安全性の高い抗うつ薬とは言われていますが、肝臓や腎臓の機能が低下している人、躁うつ病や高血圧、心臓病、てんかんなどの持病がある人も、内服後に病状が悪化する可能性もあるため事前に医師に相談した方が良いです。

    サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg




    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

    サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

    神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

    こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg


    サインバルタ30mg

    0

      サインバルタ30mg

      サインバルタ30mg

      サインバルタはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ薬です。

      成分として、1カプセル中にデュロキセチンを30mg含みます。かつて、うつ病には三環系抗うつ薬という薬が治療の中心として使用されてきました。このお薬は効果が大変高いので、多くの方に使用されてきたのですが、それと同じくらい副作用も強力なものが多く出ることが問題でした。この副作用の問題をクリアーするために、新しいお薬が開発されてきました。サインバルタは、ここに分類されるお薬で、効果は高く副作用が少ないのがメリットです。

      脳の中では、神経が信号を送ることで情報を伝達しています。神経の信号を送ることに関与しているのが、神経伝達物質と呼ばれるものです。これにはいくつかの種類があり、その種類ごとに伝達する信号の種類も違ってくるのです。代表的なものに、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンがあります。セロトニンは不安や落ち込みといった精神の安定化に関与している物質です。ノルアドレナリンは意欲、気力、集中力などに関与している物質です。ドーパミンは喜びや快楽といったことに関与している物質です。

      ドネペジル塩酸塩は、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、脳内のアセチルコリンの分解を抑制します。その結果、アセチルコリンの濃度が上昇し、認知症症状の進行を抑制すると考えられています。服用後の血漿中濃度の消失半減期が長く、効果が持続するため、1日1回の服用で効果が期待できます。また、吸収されやすく、脳への移行率も良いため、5 mgの投与でも効果が期待できます。脳に移行しやすいため、その他の部位での副作用が少ないことも特徴の一つです。

      これらの信号の伝達が悪くなると、それぞれの感情がマイナスに働いてしまいます。通常、神経の信号はひとつの神経の細胞から、神経の伝達物質がたくさん放出され、これを次の神経の細胞が受容体で受け取ることで信号が伝達されます。

      放出された神経伝達物質の数が多く、その全てが次の受容体にくっつけば、信号は問題なく伝達されていくのですが、放出された神経伝達物質が受容体にくっつく前に回収されてしまい、数が減ってしまう場合もあります。この状態がおこると、落ち込み、意欲の低下、気力の低下などといった症状が現れうつ病が発症してしまいます。

      サインバルタは、この神経伝達物質が回収されてしまう部分に着目し、回収(再取り込み)を阻害することでうつ病を改善するお薬です。神経伝達物質の中でも、サインバルタはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。神経伝達物質のひとつであるノルアドレナリンは、痛みを抑える方向に働く信号を送る物質でもあります。このため、サインバルタはノルアドレナリンの働きを良くすることから、痛みを抑えるという効果を期待して使用されることもあるのです。

      サインバルタ30mg





      サインバルタ60mg

      サインバルタ60mg

      『サインバルタ』は、デュロキセチン塩酸塩を主成分とする抗うつ剤で、脳内で放出される物質、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリンの再取り込みを阻害し、脳内にこれらの物質を増やすことで神経活動を活発にするSNRIと呼ばれる抗うつ剤です。脳内のアドレナリンを増やすことで意欲を高め、セロトニンを増やすことで不安な気持ちを軽減します。『サインバルタ』は第四世代という最も新しい抗うつ剤で、代謝が大変緩やかです。そのため1日1回の使用でも効果を発揮します。

      『サインバルタ』はセロトニンとアドレナリンだけでなく、ノルアドレナリン系の神経系にのみ選択的に働きます。そのため口の渇きや、便秘といった副作用が少ないのが特徴です。

      また、現段階で最も進化した抗うつ剤と言われ、作用が早く、抗うつ剤としての効果が強いというのも利点です。通常『サインバルタ』は20?r、40?r、60?rと服用量をふやすことができますが、その際は1週間以上20?rを続けた後40?rへと移行し、さらに1週間以上のスパンを経て60?rまで服用量を増やすことができます。また『サインバルタ』には慢性疼痛を鎮める働きがあり、特に糖尿病性神経障害に伴う疼痛には国内外で第1選択薬とされています。

      サインバルタ60mg


      サインバルタ60mg

      0

        サインバルタ60mg

        サインバルタ60mg

        『サインバルタ』は、デュロキセチン塩酸塩を主成分とする抗うつ剤で、脳内で放出される物質、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリンの再取り込みを阻害し、脳内にこれらの物質を増やすことで神経活動を活発にするSNRIと呼ばれる抗うつ剤です。脳内のアドレナリンを増やすことで意欲を高め、セロトニンを増やすことで不安な気持ちを軽減します。『サインバルタ』は第四世代という最も新しい抗うつ剤で、代謝が大変緩やかです。そのため1日1回の使用でも効果を発揮します。

        『サインバルタ』はセロトニンとアドレナリンだけでなく、ノルアドレナリン系の神経系にのみ選択的に働きます。そのため口の渇きや、便秘といった副作用が少ないのが特徴です。

        また、現段階で最も進化した抗うつ剤と言われ、作用が早く、抗うつ剤としての効果が強いというのも利点です。通常『サインバルタ』は20?r、40?r、60?rと服用量をふやすことができますが、その際は1週間以上20?rを続けた後40?rへと移行し、さらに1週間以上のスパンを経て60?rまで服用量を増やすことができます。また『サインバルタ』には慢性疼痛を鎮める働きがあり、特に糖尿病性神経障害に伴う疼痛には国内外で第1選択薬とされています。

        サインバルタ60mg





        サインバルタ30mg

        サインバルタ30mg

        サインバルタはSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ薬です。

        成分として、1カプセル中にデュロキセチンを30mg含みます。かつて、うつ病には三環系抗うつ薬という薬が治療の中心として使用されてきました。このお薬は効果が大変高いので、多くの方に使用されてきたのですが、それと同じくらい副作用も強力なものが多く出ることが問題でした。この副作用の問題をクリアーするために、新しいお薬が開発されてきました。サインバルタは、ここに分類されるお薬で、効果は高く副作用が少ないのがメリットです。

        脳の中では、神経が信号を送ることで情報を伝達しています。神経の信号を送ることに関与しているのが、神経伝達物質と呼ばれるものです。これにはいくつかの種類があり、その種類ごとに伝達する信号の種類も違ってくるのです。代表的なものに、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンがあります。セロトニンは不安や落ち込みといった精神の安定化に関与している物質です。ノルアドレナリンは意欲、気力、集中力などに関与している物質です。ドーパミンは喜びや快楽といったことに関与している物質です。

        ドネペジル塩酸塩は、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、脳内のアセチルコリンの分解を抑制します。その結果、アセチルコリンの濃度が上昇し、認知症症状の進行を抑制すると考えられています。服用後の血漿中濃度の消失半減期が長く、効果が持続するため、1日1回の服用で効果が期待できます。また、吸収されやすく、脳への移行率も良いため、5 mgの投与でも効果が期待できます。脳に移行しやすいため、その他の部位での副作用が少ないことも特徴の一つです。

        これらの信号の伝達が悪くなると、それぞれの感情がマイナスに働いてしまいます。通常、神経の信号はひとつの神経の細胞から、神経の伝達物質がたくさん放出され、これを次の神経の細胞が受容体で受け取ることで信号が伝達されます。

        放出された神経伝達物質の数が多く、その全てが次の受容体にくっつけば、信号は問題なく伝達されていくのですが、放出された神経伝達物質が受容体にくっつく前に回収されてしまい、数が減ってしまう場合もあります。この状態がおこると、落ち込み、意欲の低下、気力の低下などといった症状が現れうつ病が発症してしまいます。

        サインバルタは、この神経伝達物質が回収されてしまう部分に着目し、回収(再取り込み)を阻害することでうつ病を改善するお薬です。神経伝達物質の中でも、サインバルタはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。神経伝達物質のひとつであるノルアドレナリンは、痛みを抑える方向に働く信号を送る物質でもあります。このため、サインバルタはノルアドレナリンの働きを良くすることから、痛みを抑えるという効果を期待して使用されることもあるのです。

        サインバルタ30mg


        Dベンロール(デスベンラファキシン)50mg

        0

          Dベンロール(デスベンラファキシン)50mg

          Dベンロール(デスベンラファキシン)50mg

          Dベンロールは国内未承認の抗うつ薬です。一般名はデスベンラファキシンです。Dベンロールはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれる抗うつ剤の1つです。すでに承認され処方されているSNRI抗うつ薬である、ベンラファキシン(イフェクサー)とよく似た構造を持つ薬剤です。ベンラファキシンは服用すると体内で代謝され、デスベンラファキシンに変化します。ベンラファキシンの薬物の構造の中で抗うつ剤としての薬効を持つのは、代謝された形であるデスベンラファキシンであると言われています。このデスベンラファキシンのみで出来た薬剤がDベンロールになります。

          Dベンロール(デスベンラファキシン)50mg


          エフェクサーXR150mg

          0

            エフェクサーXR150mg

            エフェクサーXR150mg

            エフェクサーXR150mgのご注文は、処方箋がなくても個人の使用に限り個人輸入が認められております。上記の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、 詳しくは医師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

            エフェクサーXR150mg




            エフェクサーXR75mg

            エフェクサーXR75mg

            エフェクサーXRは、現在、世界で最も売れている抗うつ剤の1つです。うつ病、抑うつ状態、対人恐怖症、全般性不安障害などに世界中で服用されています。プロザックに比べ若干効果が強いと感じる方が多いようです。

            エフェクサーXR75mg




            エフェクサーXR37.5mg

            エフェクサーXR37.5mg

            エフェクサーXR 37.5mgは、抗うつ薬です。

            服用することで、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。

            エフェクターXR37.5mgという商品名はアメリカなどの海外での販売名であり、日本ではイフェクサーSRカプセルという名前で製造・販売されています。

            エフェクター(EFFEXOR)の“or”は“実行する者”を意味する接尾辞であり、efficacy(有効性)に関連する“effex”を実行する者という意味で命名されています。

            エフェクサーXR 37.5mgは、先発品医薬品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

            エフェクサーXR 37.5mg(一般名:ベンラファキシン塩酸塩、以下ベンラファキシン)は、神経伝達物質であるセロトニン及びノルアドレナリンの両方の再取り込み阻害作用を有する抗うつ薬(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤〔Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor〕:以下、SNRI)として、1981年に米国ワイス社(現ファイザー社)で発見されました。

            当初、ベンラファキシンは1日2〜3回投与の即放錠として開発され、1993年にニュージーランドで承認されました。

            その後、治療アドヒアランスの向上を目的として、1日1回投与の徐放性カプセル製剤が開発され、1997年にスイスで承認されたのをはじめ、2015年4月現在で90以上の国と地域で承認されています。

            エフェクサーXR37.5mg


            エフェクサーXR37.5mg

            0

              エフェクサーXR37.5mg

              エフェクサーXR37.5mg

              エフェクサーXR 37.5mgは、抗うつ薬です。

              服用することで、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。

              エフェクターXR37.5mgという商品名はアメリカなどの海外での販売名であり、日本ではイフェクサーSRカプセルという名前で製造・販売されています。

              エフェクター(EFFEXOR)の“or”は“実行する者”を意味する接尾辞であり、efficacy(有効性)に関連する“effex”を実行する者という意味で命名されています。

              エフェクサーXR 37.5mgは、先発品医薬品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

              エフェクサーXR 37.5mg(一般名:ベンラファキシン塩酸塩、以下ベンラファキシン)は、神経伝達物質であるセロトニン及びノルアドレナリンの両方の再取り込み阻害作用を有する抗うつ薬(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤〔Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor〕:以下、SNRI)として、1981年に米国ワイス社(現ファイザー社)で発見されました。

              当初、ベンラファキシンは1日2〜3回投与の即放錠として開発され、1993年にニュージーランドで承認されました。

              その後、治療アドヒアランスの向上を目的として、1日1回投与の徐放性カプセル製剤が開発され、1997年にスイスで承認されたのをはじめ、2015年4月現在で90以上の国と地域で承認されています。

              エフェクサーXR37.5mg




              エフェクサーXR150mg

              エフェクサーXR150mg

              エフェクサーXR150mgのご注文は、処方箋がなくても個人の使用に限り個人輸入が認められております。上記の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、 詳しくは医師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

              エフェクサーXR150mg




              エフェクサーXR75mg

              エフェクサーXR75mg

              エフェクサーXRは、現在、世界で最も売れている抗うつ剤の1つです。うつ病、抑うつ状態、対人恐怖症、全般性不安障害などに世界中で服用されています。プロザックに比べ若干効果が強いと感じる方が多いようです。

              エフェクサーXR75mg


              エフェクサーXR75mg

              0

                エフェクサーXR75mg

                エフェクサーXR75mg

                エフェクサーXRは、現在、世界で最も売れている抗うつ剤の1つです。うつ病、抑うつ状態、対人恐怖症、全般性不安障害などに世界中で服用されています。プロザックに比べ若干効果が強いと感じる方が多いようです。

                エフェクサーXR75mg




                エフェクサーXR150mg

                エフェクサーXR150mg

                エフェクサーXR150mgのご注文は、処方箋がなくても個人の使用に限り個人輸入が認められております。上記の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、 詳しくは医師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

                エフェクサーXR150mg




                エフェクサーXR37.5mg

                エフェクサーXR37.5mg

                エフェクサーXR 37.5mgは、抗うつ薬です。

                服用することで、気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れないなどの心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けてくれます。

                エフェクターXR37.5mgという商品名はアメリカなどの海外での販売名であり、日本ではイフェクサーSRカプセルという名前で製造・販売されています。

                エフェクター(EFFEXOR)の“or”は“実行する者”を意味する接尾辞であり、efficacy(有効性)に関連する“effex”を実行する者という意味で命名されています。

                エフェクサーXR 37.5mgは、先発品医薬品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

                エフェクサーXR 37.5mg(一般名:ベンラファキシン塩酸塩、以下ベンラファキシン)は、神経伝達物質であるセロトニン及びノルアドレナリンの両方の再取り込み阻害作用を有する抗うつ薬(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤〔Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor〕:以下、SNRI)として、1981年に米国ワイス社(現ファイザー社)で発見されました。

                当初、ベンラファキシンは1日2〜3回投与の即放錠として開発され、1993年にニュージーランドで承認されました。

                その後、治療アドヒアランスの向上を目的として、1日1回投与の徐放性カプセル製剤が開発され、1997年にスイスで承認されたのをはじめ、2015年4月現在で90以上の国と地域で承認されています。

                エフェクサーXR37.5mg


                サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

                0

                  サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

                  サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

                  サインバルタジェネリックに含まれる有効成分であるデュロキセチンは、憂うつな気分を和らげるだけでなく意欲を高める薬で、うつ病やうつ状態に適応があります。最近では糖尿病に伴う神経痛にも使用されるようになっています。
                  デュロキセチンは脳の中の2つの神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するので、結果として脳の神経の間にセロトニンとノルアドレナリンが増加します。セロトニンは不安を和らげて気持ちを楽にし、ノルアドレナリンはやる気がなかった状態から意欲を持てるようにすると言われています。
                  デュロキセチンはセロトニン受容体とノルアドレナリン受容体に特異的に作用するため、以前の抗うつ薬によく見られた口渇、便秘、眠気、吐き気、頭痛などの不快な副作用は出づらくなっています。
                  成人の場合は1日1回朝食後にコップ1杯の水で40mgを内服します。飲み始めに、かえって気分が落ち込むようなことがあったら医師に相談するようにしましょう。デュロキセチンは比較的安全性の高い抗うつ薬とは言われていますが、肝臓や腎臓の機能が低下している人、躁うつ病や高血圧、心臓病、てんかんなどの持病がある人も、内服後に病状が悪化する可能性もあるため事前に医師に相談した方が良いです。

                  サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg




                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

                  サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラ 20mgは、うつ病や疼痛の治療薬です。その名前の通り、サインバルタという薬のジェネリック医薬品で、同じ主成分が配合されています。

                  サインバルタ(成分:デュロキセチン塩酸塩)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)というタイプの抗うつ薬として開発されました。

                  アメリカで大うつ病障害の適応を取得したのが2004年ですので、比較的新しい抗うつ薬となります。現在では、世界100以上の国と地域でうつ病の治療に使われています。日本では、2010年から「うつ病、うつ状態」に使われることが認められています。抑うつ気分や精神的不安などの症状に対して、良好な抗うつ効果が長期間続くことが臨床試験により認められています。

                  さらに、痛みに対しても効果があることがわかってきましたので、現在では、「糖尿病性神経障害」、「慢性腰痛症」、「変形性関節症」などの痛みに対しても使われています。これらの痛みに対しては、飲み始めて1、2週間目から鎮痛効果が見られるようです。

                  ドゥゼラ 20 mgは、サインバルタと同様にデュロキセチン塩酸塩を1カプセルに20 mg含有していますので、1日あたり2〜3カプセル服用することで、これらの効果が期待できます。1箱100カプセル入りですので、1箱がおよそ30〜50日分となります。

                  ドゥゼラ 20 mgは、脳など中枢神経系において、ノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質のシナプス間隙(神経と神経のつなぎ目)での濃度を高めることにより、抗うつ効果を発揮すると考えられています。

                  また、SNRIというタイプの抗うつ薬に分類されますが、他のタイプの抗うつ薬に比べて効果発現までが早いとされています。抗うつ薬は効果発現までに1ヶ月以上かかるものもありますが、ドゥゼラ 20 mgは1〜2週間で抗うつ効果を実感できる方が多いようです。

                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg




                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

                  サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

                  神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

                  こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg




                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

                  サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

                  神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

                  こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg


                  サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

                  0

                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

                    サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

                    神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

                    こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg




                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

                    サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラ 20mgは、うつ病や疼痛の治療薬です。その名前の通り、サインバルタという薬のジェネリック医薬品で、同じ主成分が配合されています。

                    サインバルタ(成分:デュロキセチン塩酸塩)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)というタイプの抗うつ薬として開発されました。

                    アメリカで大うつ病障害の適応を取得したのが2004年ですので、比較的新しい抗うつ薬となります。現在では、世界100以上の国と地域でうつ病の治療に使われています。日本では、2010年から「うつ病、うつ状態」に使われることが認められています。抑うつ気分や精神的不安などの症状に対して、良好な抗うつ効果が長期間続くことが臨床試験により認められています。

                    さらに、痛みに対しても効果があることがわかってきましたので、現在では、「糖尿病性神経障害」、「慢性腰痛症」、「変形性関節症」などの痛みに対しても使われています。これらの痛みに対しては、飲み始めて1、2週間目から鎮痛効果が見られるようです。

                    ドゥゼラ 20 mgは、サインバルタと同様にデュロキセチン塩酸塩を1カプセルに20 mg含有していますので、1日あたり2〜3カプセル服用することで、これらの効果が期待できます。1箱100カプセル入りですので、1箱がおよそ30〜50日分となります。

                    ドゥゼラ 20 mgは、脳など中枢神経系において、ノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質のシナプス間隙(神経と神経のつなぎ目)での濃度を高めることにより、抗うつ効果を発揮すると考えられています。

                    また、SNRIというタイプの抗うつ薬に分類されますが、他のタイプの抗うつ薬に比べて効果発現までが早いとされています。抗うつ薬は効果発現までに1ヶ月以上かかるものもありますが、ドゥゼラ 20 mgは1〜2週間で抗うつ効果を実感できる方が多いようです。

                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg




                    サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

                    サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

                    サインバルタジェネリックに含まれる有効成分であるデュロキセチンは、憂うつな気分を和らげるだけでなく意欲を高める薬で、うつ病やうつ状態に適応があります。最近では糖尿病に伴う神経痛にも使用されるようになっています。
                    デュロキセチンは脳の中の2つの神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するので、結果として脳の神経の間にセロトニンとノルアドレナリンが増加します。セロトニンは不安を和らげて気持ちを楽にし、ノルアドレナリンはやる気がなかった状態から意欲を持てるようにすると言われています。
                    デュロキセチンはセロトニン受容体とノルアドレナリン受容体に特異的に作用するため、以前の抗うつ薬によく見られた口渇、便秘、眠気、吐き気、頭痛などの不快な副作用は出づらくなっています。
                    成人の場合は1日1回朝食後にコップ1杯の水で40mgを内服します。飲み始めに、かえって気分が落ち込むようなことがあったら医師に相談するようにしましょう。デュロキセチンは比較的安全性の高い抗うつ薬とは言われていますが、肝臓や腎臓の機能が低下している人、躁うつ病や高血圧、心臓病、てんかんなどの持病がある人も、内服後に病状が悪化する可能性もあるため事前に医師に相談した方が良いです。

                    サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg




                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

                    サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

                    神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

                    こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg


                    サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

                    0

                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg

                      サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

                      神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

                      こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)60mg




                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg

                      サインバルタ・ジェネリック ドゥゼラ 20mgは、うつ病や疼痛の治療薬です。その名前の通り、サインバルタという薬のジェネリック医薬品で、同じ主成分が配合されています。

                      サインバルタ(成分:デュロキセチン塩酸塩)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)というタイプの抗うつ薬として開発されました。

                      アメリカで大うつ病障害の適応を取得したのが2004年ですので、比較的新しい抗うつ薬となります。現在では、世界100以上の国と地域でうつ病の治療に使われています。日本では、2010年から「うつ病、うつ状態」に使われることが認められています。抑うつ気分や精神的不安などの症状に対して、良好な抗うつ効果が長期間続くことが臨床試験により認められています。

                      さらに、痛みに対しても効果があることがわかってきましたので、現在では、「糖尿病性神経障害」、「慢性腰痛症」、「変形性関節症」などの痛みに対しても使われています。これらの痛みに対しては、飲み始めて1、2週間目から鎮痛効果が見られるようです。

                      ドゥゼラ 20 mgは、サインバルタと同様にデュロキセチン塩酸塩を1カプセルに20 mg含有していますので、1日あたり2〜3カプセル服用することで、これらの効果が期待できます。1箱100カプセル入りですので、1箱がおよそ30〜50日分となります。

                      ドゥゼラ 20 mgは、脳など中枢神経系において、ノルアドレナリンやセロトニンという神経伝達物質のシナプス間隙(神経と神経のつなぎ目)での濃度を高めることにより、抗うつ効果を発揮すると考えられています。

                      また、SNRIというタイプの抗うつ薬に分類されますが、他のタイプの抗うつ薬に比べて効果発現までが早いとされています。抗うつ薬は効果発現までに1ヶ月以上かかるものもありますが、ドゥゼラ 20 mgは1〜2週間で抗うつ効果を実感できる方が多いようです。

                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)20mg




                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg

                      サインバルタジェネリックは、塩酸デュロキセチンを有効成分とするうつ病やうつ状態の治療薬です。服用によってはまた、疼痛抑制作用や尿失禁抑制作用、不安障害に対する作用なども期待でき、日本では糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に適応があります。

                      神経を興奮させ、覚醒、集中、記憶、積極性などに関与するほか、気分を明るくさせる作用を持つのがノルアドレナリンであり、行動を抑制し気分を向上させる作用を持つのがセロトニンです。こうした神経伝達物質のうち受容体と結合しなかったものは、神経終末から吸収(再取り込み)され、その神経伝達能力を失います。その結果、脳内のノルアドレナリンやセロトニンの濃度が軽減し、うつ病などの症状が出るとするのがモノアミン説なのです。サインバルタジェネリックの有効成分である塩酸デュロキセチンは、この再取り込みを阻害し、神経伝達物質の濃度を上昇させることで神経伝達を促進します。これによって、うつ状態を軽減させるのです。

                      こうした治療薬は、第三世代の抗うつ剤のひとつとされており、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれています。セロトニンとノルアドレナリンの作用をともに高め、バランスよく増加させます。また、セロトニンやノルアドレナリンは痛みの抑制に関与する神経伝達物質でもあり、これら2つの物質のシナプス間濃度を上昇させることで、痛みの伝達を抑制する働きも持ちます。このため、サインバルタジェネリックは、糖尿病性神経障害などにともなう疼痛の緩和にも使用できます。

                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥゼラ)30mg




                      サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

                      サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg

                      サインバルタジェネリックに含まれる有効成分であるデュロキセチンは、憂うつな気分を和らげるだけでなく意欲を高める薬で、うつ病やうつ状態に適応があります。最近では糖尿病に伴う神経痛にも使用されるようになっています。
                      デュロキセチンは脳の中の2つの神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害するので、結果として脳の神経の間にセロトニンとノルアドレナリンが増加します。セロトニンは不安を和らげて気持ちを楽にし、ノルアドレナリンはやる気がなかった状態から意欲を持てるようにすると言われています。
                      デュロキセチンはセロトニン受容体とノルアドレナリン受容体に特異的に作用するため、以前の抗うつ薬によく見られた口渇、便秘、眠気、吐き気、頭痛などの不快な副作用は出づらくなっています。
                      成人の場合は1日1回朝食後にコップ1杯の水で40mgを内服します。飲み始めに、かえって気分が落ち込むようなことがあったら医師に相談するようにしましょう。デュロキセチンは比較的安全性の高い抗うつ薬とは言われていますが、肝臓や腎臓の機能が低下している人、躁うつ病や高血圧、心臓病、てんかんなどの持病がある人も、内服後に病状が悪化する可能性もあるため事前に医師に相談した方が良いです。

                      サインバルタジェネリック(ドゥゼラ)40mg


                      サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

                      0

                        サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

                        サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg

                        国内2番目のセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)です。
                        セロトニン系とノルアドレナリン系の神経に働きます。この特性により、従来の抗うつ薬に多い口渇や、便秘などの副作用が軽減されているのです。

                        治療効果は他の抗うつ薬の効能とほぼ同じです。相似品として、ミルナシプラン(トレドミン)とベンラパキシン(イフェクサー)が発売されています。効果はまろやかで、強力とは言えませんが比較的効き方が速く、早期の治療効果が得られます。

                        ゆっくり、代謝や排泄されるので1日1回の服用で済むので飲み忘れが少ないのも利点だと言えます。

                        うつ病治療の第一選択として、あるいは他のうつ薬で効果が不十分であったり副作用で使いにくい場合の第二選択薬として処方される機会が増えてきています。

                        もう一つの効能として期待されているのが、慢性の痛みに効果があります。特に、糖尿病性神経障害にともなう疼痛に対しては、国内外で第一選択薬として推奨されています。高血糖がおきると、神経細胞の働きがおかしくなって、手足がしびれるなどの持続した痛みが続きます。

                        サインバルタは、痛みが持続する糖尿病性神経障害にともなう疼痛をやわらげてくれます。

                        さらに、慢性腰痛症と線維筋痛症に対する効能も追加認証されました。

                        抗うつ作用として、脳内の2つの神経伝達物質セロトニンとのるアドレナリンの再取り込みを阻害します。この結果、脳内シナプス間隙におけるその濃度が高まり神経の伝達がよくなります。セロトニンの増加は不安をやわらげ気分を楽にし、ノルアドレナリンの増加は意欲を高めると言われています。

                        また、鎮痛作用も期待できます。痛みを抑える神経として、下行性疼痛抑制神経には、ノルアドレナリン作動性神経とセロトニン作動性神経の系統があります。サインバルタは、2つの神経機能を高めることで、一次求心性神経から二次求心性神経への痛みの伝達を抑制するのです。

                        サインバルタ・ジェネリック(ドゥバンタ)60mg


                        レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

                        0

                          レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

                          レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg

                          抗うつ剤「レクサプロ」のジェネリックです。SSRI抗うつ剤と呼ばれ副作用を抑えた第3世代お薬です。うつ病・抑うつ状態・パニック障害・全般性不安障害など症状に効果的で、うつ病の再発防止にも効果があります。レクサプロは、副作用を抑え服用後の効果が短時間で見られることが人気の理由です。

                          レクサプロ・ジェネリック(Sシタデップ)20mg


                          | 1/1PAGES |

                          PR

                          calendar

                          S M T W T F S
                          1234567
                          891011121314
                          15161718192021
                          22232425262728
                          2930     
                          << September 2019 >>

                          selected entries

                          categories

                          archives

                          recommend

                          links

                          profile

                          search this site.

                          others

                          mobile

                          qrcode

                          powered

                          無料ブログ作成サービス JUGEM