メラトニン3mg

0

    メラトニン3mg


    メラトニン3mg


    なかなか寝付けない、夜中に目が覚めてしまう、朝起きても疲れが取れない等の悩みを抱えていませんか?
    そのような方は、不眠・睡眠障害かもしれません。
    そんな方におススメなのが、このメラトニンです!

    1錠に有効成分としてメラトニンを3mg含有し、服用することで様々な睡眠の悩みを解消することができます。
    メラトニンは、不眠・睡眠障害だけでなく、旅行帰りの時差ボケなどにも効果があり、多くの睡眠トラブルに悩む方に愛用されています。

    有効成分のメラトニンは、もともと体内にも存在し、「睡眠ホルモン」と呼ばれています。
    脳の松果体と呼ばれる部位から分泌され、体内時計を調節することで、覚醒と睡眠を切り替え、自然な眠りを促す作用があります。
    メラトニンは眠りを誘うだけでなく、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促したり、疲れを取ってくれるために、病気の予防や老化防止に様々な効果を持つと考えられており、注目されているホルモンです。

    睡眠を促すメカニズムは、体内時計によってコントロールされています。
    生活リズムにあわせて松果体からメラトニンが放出され、それにより眠気があらわれます。
    昼間の日光が出ている時間帯にはメラトニンが分泌されず、夜になると分泌が開始されます。

    現代社会では、ネオンや街灯などが普及し、昔のように夜に真っ暗になるようなことがなくなりました。
    それによって夜でも明く、パソコンやスマートフォンの光の影響で夜にもかかわらず脳がまだ朝であると錯覚してしまい、体内時計のリズムが乱れてしまいます。

    体内時計のリズムが崩れてしまうと、メラトニンの分泌量が減ってしまい睡眠障害に陥ります。
    なかなか夜に寝付けなくなったり、途中で目が覚めたり、疲れが十分に取れなくなってしまいます。

    メラトニンはもともと体内に存在するホルモンによる睡眠導入のため、依存症や耐性を起こしにくく、副作用も少ないため安心・安全に服用することができます。
    現代の不眠症の治療は、ベンゾジアゼピン系といわれる睡眠導入剤を使用するのが主流です。
    しかし、ベンゾジアゼピン系薬は睡眠を導入する作用以外にも、筋肉の弛緩による転倒や記憶障害も起こしてしまいます。
    さらに、長期間の服用は依存症や耐性ができてしまい薬が効かなくなってしまうなどの問題もあります。

    メラトニンにはこのような問題が起こるとは報告されておらず、安全性が非常に高いため、最近では不眠に悩む方から注目を集めています。
    まずは1回1〜5mgメラトニンを服用して、ぐっすり眠れるか様子を見てください。

    メラトニン3mg


    バスパージェネリック(バスピン)5mg

    0

      バスパージェネリック(バスピン)5mg


      バスパージェネリック(バスピン)5mg


      バスパージェネリックは有効成分としてブスピロン5mgを含有している抗不安薬です。
      インドの大手製薬インタス・ファーマ社が製造販売しております。
      海外で有名な抗不安薬「バスパー」のジェネリック医薬品になります。

      バスパージェネリックは非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で、薬学的には「セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬」に分類されております。
      日本でもよく使用されている抗不安薬「セディール(有効成分タンドスピロン)と同系統であり、作用機序や効果が同じです。

      有効成分ブスピロンは日本では認可されていない薬剤であるため残念ながら流通しておりませんが、海外では多くの国で広く使用されております。
      また、近年では有名なベンゾジアゼピン系抗不安薬「デパス(有効成分エチゾラム)」の代替医薬品としても認知されております。

      バスパージェネリックは不安障害、うつ病・うつ状態、睡眠障害などといった様々な心の不調に対して改善効果を発揮します。
      主な作用は抗不安作用で、抗うつ作用も持ち合わせております。

      デパスなどのベンゾジアゼピン系抗不安薬で問題になることがある依存性や耐性が少ないことが特徴です。穏やかに作用するので安全性が高いです。
      ただし、ベンゾジアゼピン系不安薬のような即効性はあまり期待できません。十分な効果の発現には1?2週間ほどかかる傾向にあります。

      バスパージェネリック(バスピン)5mg


      【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)

      0

        【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)


        【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)


        タガラは中枢神経系に働きかけ、睡眠障害(不眠、寝つけないなど)やうつ・不安(不安障害)・イライラなどの心の不調全般を和らげて改善させるサプリメントです。
        インドの伝承医学アーユルヴェーダの思想に基づいて、インドの有名サプリメントメーカー「ヒマラヤ社」が研究開発しました。

        5000年以上の歴史があり、最古の医学と呼ばれるアーユルヴェーダはWHO(世界保健機構)においても代替医療として認められている医学療法です。
        アーユルヴェーダ医学の思想においては「人間が生まれながらに持つ自然エネルギーのバランスが心身に多大な影響を及ぼす」とされており、そのエネルギーに働きかけ心・精神・肉体のバランスを整えることを指針としています。
        そのため病気の治療以上に予防することに重点を置いており、病気の根本的な原因の除去、健康・美容の維持促進、QOL(生活の質)の向上を叶えます。
        アーユルヴェーダは自然の力を利用した自然療法であり、使用される薬は全て天然由来成分です。

        タガラも有効成分は「タガラ」というオミナエシ科カノコソウ属の多年生植物です。欧米では「バレリアン」、日本では「カノコソウ」と呼ばれている有名な植物です。
        アーユルヴェーダにおいては古代から「天然の睡眠薬」と呼ばれており、不眠症・精神病など精神的な不調の治療薬として広く重宝されてきました。

        医療機関で使用される睡眠薬・抗不安薬・抗うつ薬などの中枢神経系の薬剤とは異なり、タガラには依存性・耐性・副作用といった不安要素がなく安心して長期間服用することができます。

        タガラは不眠症などの睡眠障害、イライラ、ストレス、不安感、不安障害、興奮、うつなどといった精神的な不調全般やそれらによる身体の不調で悩まされている方にお勧めです。

        【ヒマラヤ】タガラ(不眠改善)


        ユニソム・スリープジェル

        0

          ユニソム・スリープジェル


          ユニソム・スリープジェル


          寝つけない、眠りが浅いなどの睡眠障害や一時的な不眠症(毎日現れるのではなく、精神疾患などの病的な原因のない人が経験する不眠症)を改善する睡眠改善薬です。

          国内でも一般用医薬品(OTC)として市販されている睡眠改善薬「ドリエル」と同じ有効成分の塩酸ジフェンヒドラミン50mgを配合しています。有効成分の含有量も同じです。

          ユニソム・スリープジェルは医療機関で処方される睡眠薬とは異なる作用で、身体に負担がなく安全性が高いことが特徴です。

          覚醒に関わる神経伝達物質のヒスタミンの作用を抑えること(抗ヒスタミン作用)で、自然に近い睡眠を導く効果があります。そのため抗ヒスタミン薬と呼ばれています。

          ヒスタミンはアレルギーにも関わる神経伝達物質なので元々抗ヒスタミン薬はアレルギー性疾患治療薬として使用されるのがメインでしたが、副作用の眠気を逆手に取り睡眠改善薬として応用的に開発されたのがこのユニソム・スリープジェルやドリエルです。

          また、有効成分の塩酸ジフェンヒドラミンは、睡眠改善薬や抗アレルギー薬としてだけではなく鎮痛薬・鎮痒薬・酔い止めとしても効果を発揮します。

          ストレスや不安などで眠れない日がある方、夜中に目が覚めることがある方、なかなか寝つけない方、不規則な生活で睡眠リズムが崩れている方などに特にお勧めです。

          ユニソム・スリープジェル


          植物性メラトニン10mg

          0

            植物性メラトニン10mg


            植物性メラトニン10mg


            メラトニンは体内時計を調節し、睡眠と覚醒のリズムを司るホルモンです。
            メラトニンの分泌は主に光によって調節されており、明るい光によってメラトニンの分泌は抑制されます。そのため日中はメラトニンの分泌量は低く、夜間には分泌量が増加します。

            朝起きた時に日光を浴びることでメラトニンの分泌が抑制され、脳が覚醒して目覚めます。そしてその日光によって体内時計が調節され、日光を浴びた14〜16時間後、ちょうど就寝する時間帯にメラトニンの分泌が増加することで眠気が訪れます。

            そのため夜に強い光の下にいると、体内時計が乱れメラトニンの分泌が減少して睡眠と覚醒のリズムが乱れてしまいがちになります。
            不規則な生活リズムを続けていると、メラトニンが正常に分泌されなくなることで不眠の症状が現れます。近年では夜中のパソコンやスマートフォンの使用もメラトニン不足の大きな要因として注目されています。

            また、メラトニンは加齢と共に分泌量が減少して体内時計の調節機能が衰えるため、歳を取ると睡眠障害が起きやすくなります。メラトニンの分泌量のピークは思春期なので、20代以降は減少の一途を辿ることになります。

            本剤はメラトニンを就寝時に服用することで体内の不足分をカバーし、ごく自然な流れで良質な睡眠を導くことができるサプリメントです。

            医療機関で処方される睡眠薬に比べると、本剤のようなメラトニンを補充するタイプのサプリメントは依存性や習慣性がほとんどないと言われていますが、メラトニンはホルモン物質で脳に作用する薬であるため日本では副作用リスクの危惧から認可されていません。
            ですが、一般的な睡眠薬よりも遥かに身体に優しく安心安全に服用できます。

            一部の研究ではメラトニンには様々なアンチエイジング作用(延命効果、若返り効果、免疫力向上)や抗がん作用もあることが明らかになっています。
            これはメラトニンの抗酸化作用によるものだと言われており、現在はまだ研究途中の段階ですが今後応用的な使用の可能性も秘めた成分です。

            植物性メラトニン10mg


            | 1/1PAGES |

            PR

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << September 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM