ドグマチール200mg(スルピリド)

0

    ドグマチール200mg(スルピリド)


    ドグマチール200mg(スルピリド)


    ドグマチールの成分スルピリドにはいくつかの効果があります。従来は消化管にあるドパミン受容体をブロックすることにより胃腸の働きをよくする胃潰瘍・十二指腸潰瘍薬として使われていました。服用する量が増えると脳内の伝達物質であるドパミンに作用して、抑うつ気分をやわらげ、不安や緊張、興奮をしずめる働きをします。現在はうつ病やうつ状態の改善や統合失調症の治療によく用いらていれます。

    ドグマチール200mg(スルピリド)


    リスパダールジェネリック4mg

    0

      リスパダールジェネリック4mg


      リスパダールジェネリック4mg


      リスパダール(リスペリドン)は、総合失調症のお薬です。気持ちの高ぶりや不安感を沈める効果が期待できます。抗セロトニン作用と抗ドーパミン作用をあわせもつ新しいタイプの非定型抗精神病薬(第2世代抗精神病薬)です。また、停滞した心身の活動を改善する作用も見られます。リスパダールは、統合失調症の改善薬としてだけなく、不安感や緊張感、抑うつなどの精神症状にも治療薬として使用されています。

      リスパダールジェネリック4mg


      オランザピン10mg

      0

        オランザピン10mg


        オランザピン10mg


        オランザピンは、MARTA(多元受容体標的化向精神薬)です。有効成分オランザピンは、統合失調症の症状に深く関連しているとされるセロトニン受容体(5-HT2A)とドーパミン受容体(D2)をブロックし、その陽性・陰性双方の症状を、改善に効果的です。強い不安やイライラを鎮める作用により、統合失調症や双極性障害の躁病を始め、うつ病、強い不安感や緊張感、気分の停滞など、様々な症状の治療に用いられています。

        特に統合失調症については、幻覚、妄想、幻聴、混乱、興奮などの陽性症状だけではなく、認知障害、不安症状、うつ症状、ひきこもりなどの陰性症状にも効果が充分に認められています。また、作用の持続性から、これらの精神疾患の改善薬としてだけでなく、その維持(再発抑制)にも使用されています。

        オランザピンは、アメリカ国内で最も多く使用されている非定型抗精神病薬のひとつであり、日本の臨床試験においても、統合失調症の精神症状全般及び幻覚・妄想・情動障害などの陽性症状だけではなく、自閉や活動性低下、感情鈍麻などの陰性症状に対しても改善効果が認めらています。2000年12月に承認されています。

        オランザピン10mg


        スルピタック(アミスルピリド)100mg

        0

          スルピタック(アミスルピリド)100mg


          スルピタック(アミスルピリド)100mg


          スルピタックは一般名アミスルピリドで、国内では未承認の非定型抗精神病薬です。スルピタックはソリアンのジェネリック医薬品です。スルピタックはインドのジェネリックメーカーであるサンファーマ社が製造しています。抗精神病薬には定型と非定型という大まかな分類があり、アミスルピリドは非定型に分類されています。定型抗精神病薬は、初期のタイプの抗精神病薬で主に脳内のドパミン受容体に作用する機能を持っています。陽性症状などを抑える効果が強いものが多いのですが、その代わり陰性症状の悪化や錐体外路障害と言われる運動機能の不調、ホルモン分泌の変化などの副作用がおこりやすいという短所がありました。非定型抗精神病薬は第二世代抗精神病薬とも呼ばれ、定型抗精神病薬の副作用を軽減し、陰性症状に効果を持つという特長があります。脳内のドパミン受容体だけではなく、ヒスタミンやセロトニンなどの受容体にも作用します。アミスルピリドは脳内のD2、D3受容体に作用する抗精神病薬です。D3受容体は感情などの精神活動に関わりが深いと考えられています。

          スルピタック(アミスルピリド)100mg


          セロクエル(クエチアピン)300mg

          0

            セロクエル(クエチアピン)300mg


            セロクエル(クエチアピン)300mg


            セロクエルの有効成分クエチアピンは、「メジャートランキライザー」と呼ばれる精神安定剤で、日本国内では統合失調症や双極性障害の治療によく選択される薬です。
            統合失調症とは幻覚や妄想などの症状が現れる精神疾患で、一般生活に多大な支障をもららす病気です。この疾患の原因はまだ確認されてはいませんが、ドーパミン(脳内の神経伝達物質で運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる)の過剰分泌がその原因の一つとだと報告されています。
            統合失調症は、思春期や青年期の若い年齢層に出やすく、小児や老人に発症することもあります。

            クエチアピンに関して主に日本国内では統合失調症の治療薬として処方することが多いですが、海外では統合失調症以外にもうつ病、PTSD、睡眠障害、アルコール依存、双極性障害などの疾患の治療薬として処方されています。

            セロクエル(クエチアピン)300mg


            リスパダールジェネリック2mg

            0

              リスパダールジェネリック2mg


              リスパダールジェネリック2mg


              リスパダール(リスペリドン)には、統合失調症の治療薬です。気持ちの高ぶりや不安感を沈める効果が期待できます。リスパダールは、統合失調症の改善薬としてだけなく、不安感や緊張感、抑うつなどの精神症状にも治療薬として使用されています。こちらの商品は、リスパダールのジェネリックです。成分はいずれもリスペリドンのため、ブランド品と同じ効果が期待できます。

              リスパダールジェネリック2mg


              アスプリト(アリピプラゾール)5mg

              0

                アスプリト(アリピプラゾール)5mg


                アスプリト(アリピプラゾール)5mg


                統合失調症とは脳内の神経伝達系の不調により、幻聴や妄想などの症状がでる心の病気の一つで、100人に1人が発症するといわれています。 統合失調症合の症状には陽性症状と陰性症状があり、陽性症状では幻聴や被害妄想など「本来は心の中にないもの」が現れます。一方の陰性症状では「本来は心の中にあるもの」が無い状態で、感情や思考能力が減退して引きこもりや無関心などの症状が現れます。

                脳内にドパミンが多いと陽性症状が現れることが分かっているので、ドパミンの働きを抑えれば正常な状態に近づきます。しかし、ドパミンの作用を完全に遮断する従来の薬(ドパミンD2受容体阻害薬)ではドパミン量が減りすぎてしまい、パーキンソン病のような症状(錐体外路症状)を発症しやすくなります。

                アスプリトの有効成分のアリピプラゾールは脳内のドパミン受容体を適度に活性化しながら、陰性症状に関わるセロトニンに対して抑制作用があります。つまり、ドパミンの作用が過剰な場合には過剰作用を低下させ、ドパミンの作用が低下すればその作用を促進するという、ドパミン作用の適正化、安定化作用があります。 統合失調症、双極性障害の急性期治療のほか、うつ状態、発達障害、強迫性障害などさまざまな精神症状の改善に使用されています。

                アスプリト(アリピプラゾール)5mg


                オメプラゾール40mg

                0

                  オメプラゾール40mg


                  オメプラゾール40mg


                  オメシップは、オメプラゾールを有効成分とするプロトンポンプ阻害薬で、逆流性食道炎(胸やけ)や消化性潰瘍など胃酸による胃腸障害の治療薬です。

                  有効成分オメプラゾールは、腸管に吸収された後に、プロトンポンプの作用を阻害します。胃の壁細胞内にあるプロトンという物質を細胞外に押し出す働きをするのが、プロトンポンプと呼ばれるタンパク質複合体です。 細胞の外に出たプロトンは、胃腔内の塩素と結合して塩酸となり、胃液の構成要素の一つである胃酸を形成します。このプロトポンプの作用を阻害することで、自然分泌される胃酸の量や、刺激によって促進される胃酸の分泌を抑制できるのです。

                  このように、プロトンポンプ阻害作用による胃酸の分泌の抑制により、過剰分泌された胃酸が食道に逆流することを防ぐのに効果を発揮します。 胃酸過多によって引き起こされる消化不良の症状を緩和する作用もあります。 さらに、非ステロイド抗炎症薬による副作用である、潰瘍の治療薬、あるいは予防薬としても用いられています。非ステロイド抗炎症薬は、プロスタグランジンと呼ばれる生理活性物質の抑成によって痛みを軽減する作用を持っていますが、このプロスタグランジンは胃を保護している胃粘液構成物質の一つでもあるため、結果として胃酸に対する胃粘膜の防御力を弱めてしまい、潰瘍を発症させてしまうこともあります。

                  そこで、オメシップは、非ステロイド抗炎症薬と組み合わせて処方されます。また、消化性潰瘍の原因の一つであるピロリ菌に対する抗生物質の効力をより増強する作用があるため、抗生物質と一緒に使用されることもあります。

                  オメプラゾール40mg


                  オランザピン20mg

                  0

                    オランザピン20mg


                    オランザピン20mg


                    オランザピンは、MARTA(多元受容体標的化向精神薬)です。有効成分オランザピンは、統合失調症の症状に深く関連しているとされるセロトニン受容体(5-HT2A)とドーパミン受容体(D2)をブロックし、その陽性・陰性双方の症状を、改善に効果的です。強い不安やイライラを鎮める作用により、統合失調症や双極性障害の躁病を始め、うつ病、強い不安感や緊張感、気分の停滞など、様々な症状の治療に用いられています。

                    特に統合失調症については、幻覚、妄想、幻聴、混乱、興奮などの陽性症状だけではなく、認知障害、不安症状、うつ症状、ひきこもりなどの陰性症状にも効果が充分に認められています。また、作用の持続性から、これらの精神疾患の改善薬としてだけでなく、その維持(再発抑制)にも使用されています。

                    オランザピンは、アメリカ国内で最も多く使用されている非定型抗精神病薬のひとつであり、日本の臨床試験においても、統合失調症の精神症状全般及び幻覚・妄想・情動障害などの陽性症状だけではなく、自閉や活動性低下、感情鈍麻などの陰性症状に対しても改善効果が認めらています。2000年12月に承認されています。

                    オランザピン20mg


                    キュータン(フマル酸クエチアピン)100mg

                    0

                      キュータン(フマル酸クエチアピン)100mg

                      キュータン(フマル酸クエチアピン)100mg


                      キュータン100mgは、心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。

                      キュータン100mgは、インドの製薬会社であるIntas Pharma(インタス・ファーマ)社によって製造・販売されています。

                      日本でも販売されているセロクエル錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                      服用することで心の病気の1つ、統合失調症を治療することができます。

                      心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を生じる病気です。

                      現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情のコントロールが上手にできなくなります。

                      幻聴など幻覚、妄想を生じることも多いです。

                      キュータン100mgは、気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用があります。

                      そのような作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状に応用することがあります。

                      キュータン(フマル酸クエチアピン)100mg




                      キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg


                      キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg


                      キュータン50mgは、抗精神病薬です。

                      服用することで心の病気の1つ、統合失調症を治療することができます。

                      心の不具合を改善し、気持ちを穏やかにすることができます。

                      キュータン50mgは、インドの製薬会社であるIntas Pharma(インタス・ファーマ)社によって製造・販売されています。

                      日本でも販売されているセロクエル錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                      インタス・ファーマ社は2006年に創業された比較的新しい企業なのですが、本拠地のインドではすでに医薬品シェアの多くを占める大企業です。

                      キュータン50mgもそんなインタス・ファーマ社によって製造されている高品質なお薬で、服用することで強力な効果を得ることができます。

                      気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状にも使用されることがあります。

                      キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg


                      キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg

                      0

                        キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg


                        キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg


                        キュータン50mgは、抗精神病薬です。

                        服用することで心の病気の1つ、統合失調症を治療することができます。

                        心の不具合を改善し、気持ちを穏やかにすることができます。

                        キュータン50mgは、インドの製薬会社であるIntas Pharma(インタス・ファーマ)社によって製造・販売されています。

                        日本でも販売されているセロクエル錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                        インタス・ファーマ社は2006年に創業された比較的新しい企業なのですが、本拠地のインドではすでに医薬品シェアの多くを占める大企業です。

                        キュータン50mgもそんなインタス・ファーマ社によって製造されている高品質なお薬で、服用することで強力な効果を得ることができます。

                        気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状にも使用されることがあります。

                        キュータン(フマル酸クエチアピン)50mg




                        キュータン(フマル酸クエチアピン)100mg

                        キュータン(フマル酸クエチアピン)100mg


                        キュータン100mgは、心の不具合を調整し、気持ちをおだやかにするお薬です。

                        キュータン100mgは、インドの製薬会社であるIntas Pharma(インタス・ファーマ)社によって製造・販売されています。

                        日本でも販売されているセロクエル錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                        服用することで心の病気の1つ、統合失調症を治療することができます。

                        心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を生じる病気です。

                        現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情のコントロールが上手にできなくなります。

                        幻聴など幻覚、妄想を生じることも多いです。

                        キュータン100mgは、気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用があります。

                        そのような作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状に応用することがあります。

                        キュータン(フマル酸クエチアピン)100mg


                        クエル(フマル酸クエチアピン)50mg

                        0

                          クエル(フマル酸クエチアピン)50mg


                          クエル(フマル酸クエチアピン)50mg


                          クエル50mgは、抗精神病薬です。

                          服用することで心の病気の1つ、統合失調症を治療することができます。

                          心の不具合を改善し、気持ちを穏やかにすることができます。

                          感情や思考は、脳内の精神機能のネットワークを使って行われています。

                          何らかの原因でさまざまな情報や刺激に過敏になりすぎてしまうと、この脳内の精神機能のネットワークが対応できなくなり、精神機能がうまく働かなくなることがあります。

                          その為、感情や思考をまとめてあげることができなくなります。

                          この状態が統合失調症です。

                          統合失調症とは、このように脳内の統合する機能が失調している状態をいいます。

                          クエル50mgは、服用することで脳内の神経伝達物質のバランスを整え、統合失調症によっておこる興奮や妄想、幻覚などの陽性症状および無感情や意欲低下、自閉などの陰性症状に対して優れた治療効果をあらわします。

                          気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用から、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状にも使用されることがあります。

                          クエル(フマル酸クエチアピン)50mg


                          ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)250mg

                          0

                            ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)250mg


                            ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)250mg


                            ディバーは、ダイバルプロエックス・ナトリウムを有効成分とするけいれん性疾(けいれん疾患)を改善したり、片頭痛を予防する薬です。双極性障害、統合失調症など、そう状態の治療にも有効性をもつデパコート(Depakote)のジェネリック薬で、10歳以上で服用することが可能です。

                            「けいれん(ひきつけ)」とは、全身もしくは一部の筋肉が本人の意思とはかかわりなく発作的に収縮する症状であり、「てんかん」という病名で知られています。幼年期や晩年期に起こることが多い症状ですが、年齢に応じて原因は異なるとされています。ただ、脳と筋肉間の信号が伝わらないことで発生することに変わりはありません。

                            2歳前に起こるけいれん発作は、発熱や血中のブドウ糖、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなどの量が原因となる代謝性疾患の場合が多くなりますが、発作が繰り返して起こる際は遺伝性の場合もあります。2歳から14歳のけいれん発作はそのほとんどが原因不明とされています。25歳以上の場合は、その半数が頭部外傷、脳卒中、腫瘍などの脳の構造的な損傷を原因とするもので、身体的・精神的ストレスや睡眠不足によって引き起こされることもあります。

                            症状もさまざまですが、筋肉が強く収縮することで骨折などのケガをしたり、意識を失って転倒する可能性もあり、大きな事故にもつながりかねません。繰り返し発作を起こすことで、脳に損傷を与えるおそれもあります。

                            ディバーは、脳内の神経伝達物質の活動を抑えるγ-アミノ酪酸(GABA)値を上げたり、電圧依存性イオンチャンネルの性質を変えて神経伝達物質の過剰な発射を防ぎ、こうしたけいれん疾患や双極性障害、統合失調症などの症状を改善するものです。

                            ディバー(ダイバルプロエックス・ナトリウム)250mg


                            フマル酸クエチアピン300mg

                            0

                              フマル酸クエチアピン300mg


                              フマル酸クエチアピン300mg


                              フマル酸クエチアピン300mgは世界的に有名な抗精神病薬です。日本では「セロクエル」という商品名で認知されており、多くの精神科・心療内科で広く使用されております。
                              本剤はジェネリック医薬品なのでセロクエルよりも安価で購入することができます。

                              日本では主に統合失調症、海外では統合失調症の他にも双極性障害(躁うつ病)やうつ病・うつ状態の治療薬として幅広い年齢層で非常に多く使用されています。
                              フマル酸クエチアピンは気持ちの高ぶりや不安感を鎮め、心身の活動を改善してくれます。

                              統合失調症は現実を正しく認識できなくなったり思考や感情のコントロールができなくなって、幻覚幻聴・妄想・会話や行動の障害・感情の障害・意欲の障害などの症状が現れる心の疾患です。
                              このうち幻覚や妄想などの症状を「陽性症状」、無感情や意欲の低下などの内にこもる症状を「陰性症状」と分類します。
                              発症の原因はまだ解明されていませんが、脳内の神経伝達物質「ドパミン」の過剰分泌が大きく関わることが分かっています。

                              双極性障害(躁うつ病)は、ハイテンションな躁状態(妙にはしゃぐ、怒りっぽくなる、判断力低下、衝動的な行動など)とその真逆のうつ状態(気分が落ち込む、悲観的になる、死にたくなる)を繰り返す疾患です。
                              こちらもまだ解明されていませんが、脳内の神経伝達物質「セロトニン」や「ノルエピネフリン」などの働きが関係すると考えられています。

                              フマル酸クエチアピン300mg


                              リスパダールジェネリック1mg

                              0

                                リスパダールジェネリック1mg


                                リスパダールジェネリック1mg


                                リスパダール(リスペリドン)には、気持ちの高ぶりや不安感を沈める効果が期待できます。また、停滞した心身の活動を改善する作用も見られます。リスパダールは、統合失調症の改善薬としてだけなく、不安感や緊張感、抑うつなどの精神症状にも治療薬として使用されています。

                                リスパダールジェネリック1mg


                                レスピドン(リスペリドン)1mg

                                0

                                  レスピドン(リスペリドン)1mg


                                  レスピドン(リスペリドン)1mg


                                  レスピドン1mgは、気持ちの高ぶりや不安な気持ちを落ち着かせることで心のバランスを調節するお薬です。

                                  日本でも販売されているリスパダール錠1mgのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                                  レスピドン1mgは、日本ではあまりなじみがありませんが世界的には有名なインドの製薬企業であるTorrent Pharmaceuticals Ltd(トレント・ファーマシューティカルズ)によって製造・販売されています。

                                  トレント・ファーマ社は、1959年に設立された歴史の古い会社です。

                                  現在では世界40ヵ国以上に拠点を持ち、高品質な医薬品を世界中に提供しています。

                                  とくに心血管系や中枢神経系のお薬では、トレント・ファーマ社は世界を牽引するリーダー的存在として位置づけられています。

                                  レスピドン1mgもそんなトレント・ファーマ社が得意とする中枢神経系のお薬であり、非常に強力な効果を得ることができます。

                                  心のプラス症状にもマイナス症状にも治療効果をあらわし、統合失調症の幻覚および妄想等の陽性症状、感情的引きこもり、情動的鈍麻等の陰性症状のどちらも治療することができます。

                                  レスピドン(リスペリドン)1mg




                                  レスピドン(リスペリドン)4mg


                                  レスピドン(リスペリドン)4mg


                                  レスピドン4mgは、気持ちの高ぶりや不安な気持ちを落ち着かせることで心のバランスを調節するお薬です。

                                  日本でも販売されているリスパダール錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                                  レスピドン4mgは、日本ではあまりなじみがありませんが世界的には有名なインドの製薬企業であるTorrent Pharmaceuticals Ltd(トレント・ファーマシューティカルズ)によって製造・販売されています。

                                  心血管系や中枢神経系のお薬では、トレント・ファーマ社は世界を牽引するリーダー的存在として位置づけられています。

                                  レスピドン4mgもそんなトレント・ファーマ社が得意とする中枢神経系のお薬であり、非常に強力な効果を得ることができます。

                                  日本で販売されている先発品よりも高用量の有効成分を含有し、服用することで心のプラス症状にもマイナス症状にも治療効果をあらわします。

                                  統合失調症の幻覚および妄想等の陽性症状、感情的引きこもり、情動的鈍麻等の陰性症状のどちらも治療することができるため、多くの統合失調症患者に使用されています。

                                  レスピドン(リスペリドン)4mg


                                  レスピドン(リスペリドン)4mg

                                  0

                                    レスピドン(リスペリドン)4mg


                                    レスピドン(リスペリドン)4mg


                                    レスピドン4mgは、気持ちの高ぶりや不安な気持ちを落ち着かせることで心のバランスを調節するお薬です。

                                    日本でも販売されているリスパダール錠のジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                                    レスピドン4mgは、日本ではあまりなじみがありませんが世界的には有名なインドの製薬企業であるTorrent Pharmaceuticals Ltd(トレント・ファーマシューティカルズ)によって製造・販売されています。

                                    心血管系や中枢神経系のお薬では、トレント・ファーマ社は世界を牽引するリーダー的存在として位置づけられています。

                                    レスピドン4mgもそんなトレント・ファーマ社が得意とする中枢神経系のお薬であり、非常に強力な効果を得ることができます。

                                    日本で販売されている先発品よりも高用量の有効成分を含有し、服用することで心のプラス症状にもマイナス症状にも治療効果をあらわします。

                                    統合失調症の幻覚および妄想等の陽性症状、感情的引きこもり、情動的鈍麻等の陰性症状のどちらも治療することができるため、多くの統合失調症患者に使用されています。

                                    レスピドン(リスペリドン)4mg




                                    レスピドン(リスペリドン)1mg


                                    レスピドン(リスペリドン)1mg


                                    レスピドン1mgは、気持ちの高ぶりや不安な気持ちを落ち着かせることで心のバランスを調節するお薬です。

                                    日本でも販売されているリスパダール錠1mgのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

                                    レスピドン1mgは、日本ではあまりなじみがありませんが世界的には有名なインドの製薬企業であるTorrent Pharmaceuticals Ltd(トレント・ファーマシューティカルズ)によって製造・販売されています。

                                    トレント・ファーマ社は、1959年に設立された歴史の古い会社です。

                                    現在では世界40ヵ国以上に拠点を持ち、高品質な医薬品を世界中に提供しています。

                                    とくに心血管系や中枢神経系のお薬では、トレント・ファーマ社は世界を牽引するリーダー的存在として位置づけられています。

                                    レスピドン1mgもそんなトレント・ファーマ社が得意とする中枢神経系のお薬であり、非常に強力な効果を得ることができます。

                                    心のプラス症状にもマイナス症状にも治療効果をあらわし、統合失調症の幻覚および妄想等の陽性症状、感情的引きこもり、情動的鈍麻等の陰性症状のどちらも治療することができます。

                                    レスピドン(リスペリドン)1mg


                                    塩酸クロルプロマジン100mg

                                    0

                                      塩酸クロルプロマジン100mg


                                      塩酸クロルプロマジン100mg


                                      塩酸クロルプロマジンには、神経細胞同士をつなぐシナプスから放出される神経伝達物質が受容体と結合するのを抑制する働きがあります。

                                      ドパミンやノルアドレナリン、セロトニンといった神経伝達物質は、快楽や快感、やる気、覚醒、集中、落ち着き、安定感を得るために重要な働きをします。塩酸クロルプロマジンは、これら3つの物質が過剰に消費されることを防ぎ、その減少をくいとめることで、統合失調症(精神分裂症)をはじめ、そう病、抑うつ、神経症などの不安や緊張、抑うつや嘔吐といった症状を改善するものです。

                                      塩酸クロルプロマジンは世界初の抗精神病薬としても知られ、精神疾患において「薬で治療する」という概念を導入した画期的な治療薬です。日本では、ウインタミン(塩野義製薬)やコントミン(田辺三菱製薬)として販売されてきました。

                                      塩酸クロルプロマジン100mg




                                      塩酸クロルプロマジン50mg


                                      塩酸クロルプロマジン50mg


                                      塩酸クロルプロマジンには、神経細胞同士をつなぐシナプスから放出される神経伝達物質が受容体と結合するのを抑制する働きがあります。

                                      ドパミンやノルアドレナリン、セロトニンといった神経伝達物質は、快楽や快感、やる気、覚醒、集中、落ち着き、安定感を得るために重要な働きをします。塩酸クロルプロマジンは、これら3つの物質が過剰に消費されることを防ぎ、その減少をくいとめることで、統合失調症(精神分裂症)をはじめ、そう病、抑うつ、神経症などの不安や緊張、抑うつや嘔吐といった症状を改善するものです。

                                      塩酸クロルプロマジンは世界初の抗精神病薬としても知られ、精神疾患において「薬で治療する」という概念を導入した画期的な治療薬です。日本では、ウインタミン(塩野義製薬)やコントミン(田辺三菱製薬)として販売されてきました。

                                      塩酸クロルプロマジン50mg


                                      塩酸クロルプロマジン50mg

                                      0

                                        塩酸クロルプロマジン50mg


                                        塩酸クロルプロマジン50mg


                                        塩酸クロルプロマジンには、神経細胞同士をつなぐシナプスから放出される神経伝達物質が受容体と結合するのを抑制する働きがあります。

                                        ドパミンやノルアドレナリン、セロトニンといった神経伝達物質は、快楽や快感、やる気、覚醒、集中、落ち着き、安定感を得るために重要な働きをします。塩酸クロルプロマジンは、これら3つの物質が過剰に消費されることを防ぎ、その減少をくいとめることで、統合失調症(精神分裂症)をはじめ、そう病、抑うつ、神経症などの不安や緊張、抑うつや嘔吐といった症状を改善するものです。

                                        塩酸クロルプロマジンは世界初の抗精神病薬としても知られ、精神疾患において「薬で治療する」という概念を導入した画期的な治療薬です。日本では、ウインタミン(塩野義製薬)やコントミン(田辺三菱製薬)として販売されてきました。

                                        塩酸クロルプロマジン50mg




                                        塩酸クロルプロマジン100mg


                                        塩酸クロルプロマジン100mg


                                        塩酸クロルプロマジンには、神経細胞同士をつなぐシナプスから放出される神経伝達物質が受容体と結合するのを抑制する働きがあります。

                                        ドパミンやノルアドレナリン、セロトニンといった神経伝達物質は、快楽や快感、やる気、覚醒、集中、落ち着き、安定感を得るために重要な働きをします。塩酸クロルプロマジンは、これら3つの物質が過剰に消費されることを防ぎ、その減少をくいとめることで、統合失調症(精神分裂症)をはじめ、そう病、抑うつ、神経症などの不安や緊張、抑うつや嘔吐といった症状を改善するものです。

                                        塩酸クロルプロマジンは世界初の抗精神病薬としても知られ、精神疾患において「薬で治療する」という概念を導入した画期的な治療薬です。日本では、ウインタミン(塩野義製薬)やコントミン(田辺三菱製薬)として販売されてきました。

                                        塩酸クロルプロマジン100mg


                                        | 1/1PAGES |

                                        PR

                                        calendar

                                        S M T W T F S
                                        1234567
                                        891011121314
                                        15161718192021
                                        22232425262728
                                        2930     
                                        << September 2019 >>

                                        selected entries

                                        categories

                                        archives

                                        recommend

                                        links

                                        profile

                                        search this site.

                                        others

                                        mobile

                                        qrcode

                                        powered

                                        無料ブログ作成サービス JUGEM