ノルバスク5mg

0

    ノルバスク5mg

    ノルバスク5mg


    ノルバスクは、ファイザー株式会社が販売している、高血圧・狭心症治療薬です。

    数ある高血圧治療薬の中でも、世界的に有名な薬で、高血圧治療において、第一選択薬とされ、多くの方の治療に役立っています。1993年12月から発売されていて、日本でも認可されている先発薬の降圧剤です。

    ノルバスクの有効成分は、アムロジピンで、カルシウム拮抗薬という種類の医薬品に分類されます。カルシウム拮抗薬は、効き目が良く、安全性が高いといわれていて、合併症がある場合でも、安心して使用できる点が魅力です。カルシウム拮抗薬には、カルシウムが細胞内に侵入するのを防ぐ働きがあります。

    血圧が上がる原因は、カルシウムが血管壁の細胞に侵入することです。それを防ぐために、カルシウム拮抗薬が使用されます。

    アムロジピンは、心臓と全身の血管を拡張させ、血流を促すため、血圧を下げる作用があります。また、心収縮を抑え、心臓の負担を軽減する働きもあるため、狭心症の治療にも用いられます。効果は緩徐に現れるため、緊急な治療ではなく、日々継続して服用する薬です。

    アムロジピンは半減期が長いことから、1日1回の服用で、持続的な臨床効果が得られる点が特徴です。さらに、多くの臨床エビデンスがあり、信頼性が高い成分です。

    血糖値や脂質、尿酸への影響がないことから、年代を問わず多くの方に使用できます。また、アムロジピンは6歳以上の小児の高血圧治療にも使用することができる成分です。

    ノルバスク5mg


    ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg

    0

      ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg

      ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg


      会社の健康診断や人間ドッグで「血圧が高い」と指摘されたりしましたか?急に胸が締め付けられるような痛みに襲われたりしたことはありますか?そんなあなたは高血圧や狭心症になっているおそれがあります。このアムリップ10mgは、高血圧と狭心症を治療するためのお薬です。

      インドのムンバイに本社を構える製薬メーカーであるシプラ(Cipla)社によって製造・販売されています。アムリップ10mgは、1錠に有効成分としてアムロジンを10mgもの高用量含有しています。優れた血圧低下・狭心症治療効果を持ち、世界中の医療機関で使用されています。日本でもアムロジンは承認されており、高血圧や狭心症に悩む患者の方に服用されています。

      日本では先発品としてファイザー株式会社からはノルバスク錠10mgが、大日本住友製薬株式会社からはアムロジン錠10mgが発売されています。通常、1日1回2.5mgから5mgのアムロジピンを服用すれば24時間血圧を良好に管理することができます。そのため、1錠を半分に割ったアムリップ10mgを服用するだけでも十分に効果を得ることができるので、非常にコストパフォーマンスの高い商品です。毎日継続して服用し、良好な血圧を維持することで、脳卒中や腎臓病、心筋梗塞等の重大な病気の発現を予防することもできます。

      ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)10mg


      オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)20mg

      0

        オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)20mg

        オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


        オルメサバは、血圧を上げる体内物質であるアンジオテンシンIIの働きを抑えて血管を拡張し、水分や電解質が調整されることで血圧を下げる、高血圧症の治療薬です。有効成分オルメサルタンメドキソミルが、体内物質アンジオテンシンIIと高血圧の原因となる受容体1との結合を妨げます。

        アンジオテンシンIIは、アンジオテンシンII受容体1と結合してはじめて、血管収縮・血圧上昇・利尿作用・細胞増殖などに作用します。血液量や血液中のナトリウム(塩分)が低下すると、アンジオテンシンIIが生成され、それが受容体1と結合すると、動脈の血管収縮を起こし、血圧が上昇してしまうのです。 またアンジオテンシンIIは、循環血液量や血圧の維持に関係するホルモンであるアルドステロンの分泌と、抗利尿ホルモンであるバゾプレッシンの分泌を促進します。アルドステロンは、ナトリウムを再吸収することで血管内の血流量を増やして血圧を上げ、 バゾプレッシンは、細動脈を収縮させて血圧を上昇させます。 近年のマウスによる試験では、オルメサルタンが認知機能の低下に対して有意に抑制され、記憶力に対しても有意な改善が認められたとの報告があり、高血圧症の治療だけでなくアルツハイマーの治療薬としても、将来期待されています。

        オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


        コンコール5mg(メインテート)

        0

          コンコール5mg(メインテート)

          コンコール5mg(メインテート)


          コンコール5mgは、心臓を休ませ、血圧を下げるお薬です。

          高血圧症のほか、狭心症や不整脈、慢性心不全の治療に用いられます。

          コンコール5mg は、Merck Consumer Healthcare Ltd.によって製造・販売されており、現在では世界100ヵ国以上で承認・販売されています。

          日本でも田辺三菱製薬により、2011年にメインテート錠という名前で承認・販売されており、多くの医療機関で循環器系疾患の患者のために処方されています。

          過剰な心臓の活動を抑制することで、血圧症のほか、狭心症や不整脈、慢性心不全の治療に使用することができます。

          その優れた効果は世界中で認められており、1日1回服用することで24時間にわたって良好な効果が得られます。

          コンコール5mg(メインテート)


          アキュレティック10mg

          0

            アキュレティック10mg

            アキュレティック10mg


            アキュレティック(ACCURETIC)は、血圧を上げるホルモンのひとつであるアンジオテンシン?Uを阻害する、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬と尿の排泄を促し細胞外液量(腎臓でナトリウムや水分)の再吸収を抑え尿の量を増やし、血圧を下げる効果があるヒドロクロロチアシドを持ち合わせたお薬です。

            アンジオテンシン?Uは、血管を収縮させたり、腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす作用があり、血圧を上げる働きをします。アキュレティック(ACCURETIC)に含まれるキナプリルは、この働きを抑える作用があり、アンジオテンシン?Uが作られなければ、その結果、血管は拡がり、血圧が下がります。

            ACE阻害薬によって「本態性高血圧症の根本治療に一歩近づいた」とも言われています。

            そして、アキュレティック(ACCURETIC)に含まれる利尿剤(ヒドロクロロチアシド)によって、血液量を増やすナトリウムや水分を排出することにより、血圧をより効果的にすばやく下げることができます。

            アキュレティック10mg


            アルダクトン(スピロノラクトン)100mg

            0

              アルダクトン(スピロノラクトン)100mg

              アルダクトン(スピロノラクトン)100mg


              アルダクトン100mgは日本をはじめ世界的に有名な利尿降圧薬であり、昔から非常に人気のある薬です。

              体内に蓄積された余分な水分を尿として体外に排泄させる作用があり、高血圧、心不全、浮腫(むくみ)の治療に多く使用されます。むくみに対しては、生理前の手足のむくみなどの単なるむくみから心不全など様々な疾患から生じるむくみまで、あらゆるむくみに有効です。
              また、アルダクトンはもうひとつの作用である男性ホルモンを抑制する作用が男性ホルモンの優位性によって起こるニキビ・女性の多毛症(ムダ毛が異常に多い)・男性型脱毛症(AGA)に有効であることが明らかになったため、それらの治療に応用されるようになりました。

              アルダクトンの作用は比較的穏やかです。強力な利尿降圧薬が他にあるため、高血圧や心不全治療にアルダクトン単独での臨床使用はあまり見られません。ただし慢性心不全に対してアルダクトンは非常に有効であり、アルダクトンを薬物療法に追加することで死亡率が約30%低下したというデータがあります。

              アルダクトン(スピロノラクトン)100mg


              クレサール(テルミサルタン)40mg

              0

                クレサール(テルミサルタン)40mg

                クレサール(テルミサルタン)40mg


                クレサールは、アンジオテンシンIIという昇圧作用がある物質を抑制することで、血圧を下げる働きをする、アンジオテンシンII拮抗薬と呼ばれるお薬です。有効成分であるテルミサルタンは、アンジオテンシンIIの持つ血管収縮と、ナトリウム保持作用を阻害することで、高血圧症の発症を強力に抑制します。また、アンジオテンシンII 受容体拮抗薬の中でも、半減期が最長の24時間もあるため、その効力が持続するとされています。アンジオテンシンIIとは昇圧作用を持つ物質です。アンジオテンシンIIには細動脈を収縮させる作用に加え、昇圧作用のあるナトリウムイオンを血中に保持するアルデステロンというホルモンを腎臓から分泌させる作用があります。これらにより血圧が上昇し、高血圧症が発症すると言われています。
                高血圧症血圧が140/90mmHg以上の高血圧症である人は、日本では約3,000万人とされ、50歳以上の人では、2人に1人が高血圧症であると言われています。高血圧患者のほとんどが、本態性高血圧と呼ばれる、はっきりとした原因を特定できない高血圧症とされます。原因としては、食事での塩分過剰摂取やアルコール・運動不足・肥満・ストレスや疲労などが要因としてあげられる、生活習慣病の一つとしてとらえられています。頭痛、目眩、肩こり、むくみ、動悸、はきけ、耳鳴りなどの症状が出る場合もありますが、ほとんどの場合自覚症状がなく、またそれらは高血圧症特有の症状ではないので、放置されがちです。このように、高血圧症は無症候のまま進行し、命に関わるような合併症(心肥大・動脈硬化・脳卒中・心臓病・腎臓病など)を引き起こすことから、サイレントキラーとも言われています。

                クレサール(テルミサルタン)40mg


                コー・ディオバン320/12.5mg

                0

                  コー・ディオバン320/12.5mg

                  コー・ディオバン320/12.5mg


                  本剤は、降圧剤として知られるディオバンRの有効成分であるバルサルタンを含有しており、血管を広げることで血流を改善し、高血圧の方の血圧を下げる作用があります。

                  高血圧は、収縮期血圧130mmHg未満・拡張期血圧85mmHg未満のことを指し、虚血性心不全、脳卒中、腎不全などの引き金となりえます。血圧を正常値に保つことで、その他の種々の疾患のリスクを下げます。

                  腎臓において、レニンーアンギオテンシン系は、体内の血圧や電解質の調節に重要な役割を果たしています。バルサルタンは、レニンーアンギオテンシン系の重要な因子であるAT1受容体に結合し、その作用を抑制することで血圧を下げる薬です。AT1受容体に特異的に作用することで他のレニンーアンギオテンシン系の阻害剤でアンギオテンシテン変換酵素(ACE)阻害剤に比べ、空咳(痰の出ない咳のこと)の副作用が減少したと言われています。

                  コー・ディオバン320/12.5mg


                  ディオバン80mg

                  0

                    ディオバン80mg

                    ディオバン80mg


                    ディオバンとは、高血圧を治療するためのお薬です。

                    高血圧を治療するお薬には、様々な種類がありますが、このディオバンはアンジオテンシン?U受容体拮抗薬というグループに分類されるお薬です。人の血圧は、命にかかわる大切なものなので、体の中ではいくつかのメカニズムによってコントロールを受けています。

                    その中のひとつに腎臓でのコントロールがあります。
                    人の腎臓には、体の中でいらなくなったものを尿として体の外へ排出するという働きがありますが、それだけでなく、体内の水分・電解質・血圧をコントロールする作用も持ち合わせています。腎臓における血圧をコントロールする機構を「レニン‐アンジオテンシン系」と言います。

                    この腎臓における血圧コントロールは肝臓からスタートします。
                    肝臓で、アンジオテンシノーゲンという物質が作り出され、これが腎臓までやってきます。すると、腎臓で作り出されるレニンという酵素の働きを受け、アンジオテンシノーゲンはアンジオテンシン?Tという物質に変換されます。アンジオテンシン?Tは、さらにアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを受けて、アンジオテンシン?Uという物質へとかわっていくのです。このアンジオテンシン?Uこそが、血圧を上昇させてしまう原因物質なのです。

                    アンジオテンシン?Uは存在するだけでは血圧に関与しないのですが、この物質の受容体「アンジオテンシン?U受容体」にくっつくことで、血圧上昇作用を現します。つまり、アンジオテンシン?Uが受容体にくっつくことを阻止すれば、血圧が上がるのを抑えることができるのです。

                    アンジオテンシン?U受容体拮抗薬は、この作用に着目したお薬です。
                    ディオバンもアンジオテンシン?Uがその受容体にくっつく前に先回りして受容体をカバーし、アンジオテンシン?Uが結合しないように働くのです。

                    国内では、同じ作用に着目して作られたお薬がいくつか発売されていますが、その中でもディオバンは、1日1回服用するだけで一日中効果を持続させることのできるお薬なのです。

                    ディオバン80mg


                    ニカルジア(ニフェジピン)

                    0
                      ニカルジアはカルシウム拮抗作用を持つ二フェジピンを有効成分とした、高血圧治療薬です。慢性安定狭心症などの狭心症の発症の予防効果もあります。ニカルジアの有効成分である二フェピジンは、カルシウムチャンネル遮断を持つカルシウム拮抗薬で、心臓と血管に直接作用します。筋肉収縮に不可欠なカルシウムは、筋小胞体と呼ばれる筋肉細胞の滑面に存在する小胞体に貯蔵されています。 筋収縮時に、筋繊維の細胞内にカルシウムチャンネルという細胞膜状のゲートを経由し、筋小胞体に貯蔵されていたカルシウムが取り込まれます。 取り込まれたカルシウムは、細胞内のカルシウム結合タンパクと結合し、筋肉の収縮に作用します。有効成分二フェジピンはカルシウムチャンネルに結合し、カルシウムチャンネルを開けなくすることで、カルシウムイオンの移動を遮断します。 これにより、血管平滑筋が弛緩し、血管が拡張します。 血管の拡張によって、血液が循環する際に血管にかかる圧力が低下し、血圧が降下します。さらに、この血管拡張作用が冠状動脈で作用した際は、心臓への血液と酸素の供給が改善されることから、狭心症(特に狭心症発作)の予防薬としての作用もあるとされています。

                      日本では高血圧症であるとされている人は約3,000万人と言われています。 つまり4人に1人が高血圧症ということになり、50歳以上の人においては、2人に1人が高血圧症であると言われています。長期に及ぶ高血圧症は、心肥大や動脈硬化を引き起こし、さらには脳卒中、心臓病、腎臓病などの合併症を引き起こすことになります。 このように、高血圧症は無症候のまま病状を進行し、命に関わるような合併症を引き起こすことから、『サイレントキラー』と言われています。狭心症は、心臓の筋肉の動脈である環状動脈が狭まり、心筋が一時的に虚血状態になることで発症し、胸痛や胸部圧迫感などの症状があらわれます。 冠状動脈の狭窄が原因であり、高血圧症による動脈硬化が原因としてあげられ、高血圧症による合併症の一つとして考えられています。


                      ニカルジア(ニフェジピン)10mg

                      ニカルジア(ニフェジピン)10mg

                      ニカルジア(ニフェジピン)10mg



                      ニカルジア(ニフェジピン)20mg

                      ニカルジア(ニフェジピン)20mg

                      ニカルジア(ニフェジピン)20mg


                      ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)2.5mg

                      0

                        ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)2.5mg

                        ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)2.5mg


                        アムロガード2.5mgは、ファイザー株式会社により製造・販売されている高血圧症・狭心症治療薬です。日本ではノルバスク錠2.5mgという商品名で販売されています。有効成分として1錠にアムロジピンを2.5mg含有しています。主にアムロガード2.5mgが使用される高血圧は、日本では約4,300万人(男性2,300万人、女性2,000万人)いるといわれてます。

                        2010年国民健康・栄養調査によると、30歳以上の日本人男性の60%、女性の45%が高血圧(収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上、または高血圧治療薬服用中)と判定されました。日本において高血圧に起因する死亡者数は年間約10万人と推定され、喫煙に次いで多いです。

                        特に、血圧に併せて肥満や喫煙、糖尿病、慢性腎臓病等があるとよりリスクが上昇すると報告されています。高血圧症は、それ単体では症状もなく、普段の日常生活で自覚することがありません。しかし、健康診断や人間ドッグで高血圧症や狭心症を指摘された方は、自覚症状がなくとも将来起こるかもしれない重大な病気の予防のために必ず治療することが推奨されています。
                        血圧は、動脈の血管壁に存在する細胞が収縮して血管が細くなりことで上昇します。この血管の上昇は、細胞内にカルシウムイオンが流れ込むことが引き金となって起こります。そのため、カルシウムイオンが流れ込まないようにカルシウムイオンの通り道といわれてるカルシウムチャネルを塞ぐことで血管壁の細胞の収縮を抑え、血管を拡張し、血圧を下げることができます。これがアムロガード2.5mg等のカルシウム拮抗剤の主な作用メカニズムです。
                        有効成分アムロジピンは、持続性のカルシウム拮抗薬といわれてます。1日1回服用するだけで24時間強力に血管を拡張することができ、血圧を低下させることができます。

                        また、有効成分のアムロジピンは心臓の収縮を抑えて、心臓を休ませる作用もあります。血管を拡張して血圧を低下しなおかつ心臓を休ませることで、血管や心臓、その他の臓器への負担が減少し、将来起こるかもしれなかった脳出血や心臓病、腎臓病等の命にかかわる病気の発症を予防することができます。

                        アムロガード2.5mgを服用するのに注意が必要なことがあります。海外の方で特に多いのですが、有効成分アムロジピンと一緒にグレープフルーツジュースを一緒に服用しないよう注意喚起がされています。

                        グレープフルーツに含まれる成分がアムロジピンの代謝を阻害してしまい、アムロジピンの血中濃度が上昇し効果が強く出過ぎてしまい、過度に血圧が低下して副作用が起こることがあると報告されています。アムロガード2.5mgを服用する際は、グレープフルーツジュース等ではなく、水またはぬるま湯で服用するようにしてください。

                        ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)2.5mg


                        ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)5mg

                        0

                          ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)5mg

                          ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)5mg


                          アムロガード5mgは、ファイザー社によって製造・販売されている高血圧症・狭心症治療薬です。有効成分として、1錠にアムロジピンを5mg含有しています。アムロガード5mgは主にインドで販売されている商品名です。日本やアメリカではノルバスク、イギリスではIstin、フランスではAmlorという商品名で販売されています。

                          1990年1月のイギリス、アイルランドで発売されたのを皮切りに、世界各国で発売されており、2016年1月現在119ヵ国で承認されています。日本でもアムロガード(ノルバスク)は1993年に承認されて、現在でも多くの高血圧・狭心症患者の治療のために病院から処方されています。有効成分アムロジピンはイギリスのファイザー社中央研究所において、作用持続時間の長い高血圧症・狭心症治療薬として開発されました。作用の発現は緩徐かつ持続的であり、1日1回の服用により24時間にわたり降圧効果と抗狭心症効果を示すことが明らかにされています。

                          日本の高血圧者数は、約4 ,300万人と推定されています。血圧は至適血圧(収縮期血圧120mmHg未満かつ拡張期血圧80mmHg未満)を超えて血圧が高くなるほど、全身血管病、脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病等の罹患率リスクおよび死亡リスクは高くなります。日本における高血圧に起因する死亡者数は年間約10万人と推定され、喫煙に次いで多いです。心血管病死亡の約50%、脳卒中罹患の50%以上が、至適血圧を超える血圧高値に起因するものと推定されています。

                          収縮期血圧10mmHg、拡張期血圧5mmHgの低下により心血管病リスクは脳卒中で約40%(33%-48%)、冠動脈疾患で約20%(17%-27%)それぞれ減少することが明らかになっています。そのため、健康診断や人間ドックなどで高血圧を指摘された方は、自覚症状がなくても将来起こるかもしれない重大な病気の発現予防のために必ず治療する必要があります。有効成分のアムロジピンはCa拮抗薬といわれるお薬で、現在の高血圧治療における5種類の第一選択薬(Ca拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿剤、β遮断薬)の1つで、多くの患者に処方がされています。禁忌や慎重投与に該当しないのであれば、まずはCa拮抗薬の服用を開始するのがスタンダートとなっています。

                          降圧薬は、長期にわたる服用を容易にするために1日1回服用できるものが望ましく、アムロガード5mgも1日1回服用するだけで24時間効果が持続します。降圧速度も、降圧目標に数ヶ月で到達するくらい緩徐な方が副作用も少ないので望ましく、アムロガード5mgも降圧効果があらわれるのは非常に緩やかです。そのため、高血圧・狭心症の方はまずアムロガード5mgの服用から治療を開始するのがおススメです。

                          ノルバスク・ジェネリック(アムロガード)5mg


                          メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg

                          0

                            メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg

                            メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg


                            高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療だけではなく、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などにも使用されます。
                            片頭痛の予防目的にも使用され、副作用も軽度です。
                            メトラールは、高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療をはじめ、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などに使用される薬です。 また片頭痛の予防目的で使用されることもあります。

                            メトラールの有効成分である酒石酸塩メトプロロールは、心臓に多く存在する交感神経β1の受容体に選択的に作用します。β受容体は心臓収縮回数を増加させたり、血液の量を増やすなどの作用があります。さらにβ受容体のうち、β1受容体は心臓への刺激に関わっています。 このβ1受容体による心筋の収縮を、酒石酸塩メトプロロールがβ1受容体と結合することで抑制し、血圧調節に関連する酵素であるレニンの生産・分泌を抑えるよう働くと考えられています。 それにより、心筋が弛緩して心拍出量が低下し、末梢血管抵抗や酸素需要量が減少することで、降圧効果や抗狭心症、抗不整脈効果を示すといわれています。

                            また、酒石酸塩メトプロロールは海外では片頭痛の予防薬としても使用されています。酒石酸塩メトプロロールの臨床試験では、片頭痛発作が約44%減少し、副作用も軽度であるとの結果が出ています。

                            メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg


                            べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg

                            0

                              べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg

                              べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


                              べロックゾックは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のコハク酸メトプロロールを含む医薬品は一般的に20mgや120?rが規格の錠剤です。こちらのべロックゾックは、1錠あたりメトプロロールを100mg含む国内には無い規格であるためご注意ください。

                              べロックゾックはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。べロックゾックは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

                              べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


                              アキュプリル(塩酸キナプリル)10mg

                              0

                                アキュプリル(塩酸キナプリル)10mg

                                アキュプリル(塩酸キナプリル)10mg


                                アキュプリルは、血圧を下げる効果を持つ、高血圧の治療薬です。有効成分塩酸キナプリルは、服用後にキナプリラートという活性代謝物に変化し、血液中な血管壁などに存在するアンジオテンシンIが、血圧上昇物質であるアンジオテンシンIIに変換されることを抑制し、降圧作用を発揮します。また、血管を拡張して血圧を低下させる作用を持つブラジキニンの分解も阻害し、さらなる降圧効果も期待できます。

                                高血圧の治療は薬剤治療と並行して、食事療法、生活習慣の改善、運動療法など行なうのが一般的です。 高血圧治療薬には、利尿薬、カルシウム拮抗薬、ベータ遮断薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬などがあり、それらのほとんどが、血管拡張により、降圧作用を示します。アキュプリルの有効成分である塩酸キナプリルは、ACE阻害薬といわれる、アンジオテンシン変換酵素阻害薬です。アンジオテンシンとは、昇圧作用を持つ生理活性物質です。アンジオテンシン受容体とと結合することで、心臓の収縮力を高めたり細動脈を収縮させて、昇圧作用をもたらします。
                                中でもアンジオテンシンIIは、特に強力な血管収縮作用を持っており、副腎皮質からアルドステロンというホルモンの分泌を促進したり、血管平滑筋を収縮したりして、血圧を上昇させます。

                                ACE阻害薬は、アンジオテンシンIIの生成が多くなる腎性高血圧症と、うっ血性心不全を合併した高血圧症に処方されることが多いです。持続的に、血液・血管・心臓・腎臓のアンジオテンシン変換酵素を阻害するため、持続的な効果を発揮します。また、高血圧症にもとづく心肥大の抑制効果がアンジオテンシン変換酵素阻害薬にあるという研究報告もあり、将来的に大きな可能性を持つ薬です。

                                アキュプリル(塩酸キナプリル)10mg


                                オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)40mg

                                0

                                  オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)40mg

                                  オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)40mg

                                  オルメサバは、血圧を上げる体内物質であるアンジオテンシンIIの働きを抑えて血管を拡張し、水分や電解質が調整されることで血圧を下げる、高血圧症の治療薬です。有効成分オルメサルタンメドキソミルが、体内物質アンジオテンシンIIと高血圧の原因となる受容体1との結合を妨げます。

                                  アンジオテンシンIIは、アンジオテンシンII受容体1と結合してはじめて、血管収縮・血圧上昇・利尿作用・細胞増殖などに作用します。血液量や血液中のナトリウム(塩分)が低下すると、アンジオテンシンIIが生成され、それが受容体1と結合すると、動脈の血管収縮を起こし、血圧が上昇してしまうのです。 またアンジオテンシンIIは、循環血液量や血圧の維持に関係するホルモンであるアルドステロンの分泌と、抗利尿ホルモンであるバゾプレッシンの分泌を促進します。アルドステロンは、ナトリウムを再吸収することで血管内の血流量を増やして血圧を上げ、 バゾプレッシンは、細動脈を収縮させて血圧を上昇させます。 近年のマウスによる試験では、オルメサルタンが認知機能の低下に対して有意に抑制され、記憶力に対しても有意な改善が認められたとの報告があり、高血圧症の治療だけでなくアルツハイマーの治療薬としても、将来期待されています。

                                  オルメサバ(オルメサルタン・メドキソミル)40mg


                                  ヒドロクロロチアジドジェネリック25mg

                                  0

                                    ヒドロクロロチアジドジェネリック25mg

                                    ヒドロクロロチアジドジェネリック25mg

                                    ヒドロクロロチアジドジェネリックは、尿の量を増やす効果のある利尿剤です。腎臓で作り出された尿は約99%は再び体内に取り込まれ、残りの1%が実際に尿として体外に排泄されます。排出される量が増えると血圧が下がり、その結果として、むくみが解消されます。また、血圧を下げる効果があるため、高血圧症などの治療にも用いられています。血圧を適切に保つことにより、脳卒中や心臓病、腎臓病などを予防します。

                                    ヒドロクロロチアジドジェネリック25mg


                                    ノルバスク10mg

                                    0

                                      ノルバスク10mg

                                      ノルバスク10mg

                                      ノルバスクの有効成分はアムロジピンです。
                                      血圧上昇の原因となる、血管の筋肉へのカルシウムの流入を抑え、血管を拡張させることで血圧を下げる効果があります。

                                      副作用も少なく、冠動脈の血管拡張作用も強いため狭心症などを合併している人の降圧治療薬としても適しており、1993年の発売以来、日本でも高血圧治療における第一選択薬として多く使用され、高い成果をあげています。

                                      高血圧症とは「収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上の状態が続くこと」をいいます。原因がはっきりしない「本態性高血圧」と腎臓の病気やホルモン分泌異常などが原因で引き起こされる「二次性高血圧」の2つに分類されます。

                                      日本人の高血圧の85〜90%は、原因のはっきりしない本態性高血圧のタイプと言われており、そこには元々の体質や塩分のとりすぎ、肥満、過度の飲酒、運動不足、ストレス、喫煙などが深く関与していると考えられています。

                                      本態性高血圧は軽度の場合は生活習慣の改善で血圧が安定化する場合もありますが、それでも改善が見られない場合は薬物治療を開始します。

                                      ノルバスクを含むカルシウム拮抗剤はARBやACE阻害薬、利尿剤と並び本態性高血圧の第一選択薬として多く使用されており、血圧を下げる力としては4つの中で一番強力なのが特徴です。

                                      ノルバスクの有効成分であるアムロジピンは、血管平滑筋という筋肉に存在するCaイオンを通す穴(Caチャネル)の働きをブロックする作用をもち、Caイオンが血管平滑筋に取り込まれないことで、血管は拡張し血圧が下がります。高血圧自体は自覚症状に乏しいため、治療せず放置されることも多い病気ですが、高血圧が続くと、血管に負担がかかり続けることで動脈硬化が起こり、やがて脳、心臓などでさまざまな病気を引き起こします。そのため自覚症状がなくとも、早期から治療して血圧をコントロールすることは大切です。

                                      ノルバスクは他の降圧剤に比べて副作用が少なく、1日1回の服用で十分な降圧効果が得られるのが特徴です。2.5mg・5mg・10mgの3種類の規格があり、体格や高血圧の程度に合わせて細かく量調節が可能です。

                                      ノルバスク10mg


                                      ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)5mg

                                      0

                                        ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)5mg

                                        ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)5mg

                                        アムリップ5mgは、高血圧・狭心症治療薬です。1錠に有効成分としてアムロジンを5mg含有しています。有効成分のアムロジンは、その優れた効果から世界各国で発売されており、119ヵ国以上の国や地域で使用されています。日本でもアムロジンは承認されており、先発品としてノルバスク(ファイザー)、アムロジン(大日本住友)が販売されています。

                                        有効成分アムロジピンは、血中濃度半減期が約36時間と長く、1日1回、2.5mg〜10mgの服用で24時間優れた降圧効果と抗狭心症効果を示します。アムロジピンは持続性カルシウム拮抗薬といわれ、高血圧治療における第一選択薬として多くの高血圧患者の方に服用されています。血圧の上昇とは、動脈に存在している血管の細胞が縮むことで血管が細くなり起こります。この血圧上昇は、血管細胞の中にCa(カルシウム)イオンが流入することで起こります。

                                        有効成分アムロジピンは、Caイオンが流れ込まないようにCaイオンの通り道であるCaチャンネルを直接阻害することで血管の収縮を抑制し、血圧を低下させます。また、アムロジピンには心臓の収縮活動を抑制し、心臓を休ませる働きもあります。心臓や身体の血管を拡張し血流を改善し、心臓を休ませ体内の臓器への負担を減らすことで、将来発症するかもしれなかった命にかかわるような病気を予防することも可能です。

                                        アムリップ5mgを服用する際に、注意することがいくつかあります。本剤は血中濃度の半減期が長く投与中止後も緩徐な降圧効果が認められています。そのため、本剤投与中止後に他の降圧剤を使用するときは、その切り替える降圧剤の用量並びに投与間隔に留意してください。また、本剤をグレープフルーツジュースと一緒に服用してしまうと、降圧作用が増強されるおそれがあり注意するように指示がされています。

                                        原因としては、グレープフルーツに含まれる成分が本剤の代謝を阻害し、本剤の血中濃度が上昇するためと考えられているので、グレープフルーツジュースを飲むときは本剤の服用と間隔をあけるようにしてください。服用する際は、水またはぬるま湯で服用するようにしてください。

                                        ノルバスク・ジェネリック(アムリップ)5mg


                                        ハイザールジェネリック(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/25mg

                                        0

                                          ハイザールジェネリック(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/25mg

                                          ハイザールジェネリック(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/25mg

                                          ハイザールは、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                                          ハイザールには、腎臓を保護する働きが確認されており、その効果でたんぱく尿の減少や腎機能の悪化を抑えることが可能とされています。このため高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や高血圧症及びたんぱく尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症に対して効果を発揮します。またハイザールは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。

                                          もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

                                          ハイザールジェネリック(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/25mg


                                          ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/12.5mg

                                          0

                                            ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/12.5mg

                                            ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/12.5mg

                                            ハイザールは、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                                            ハイザールには、腎臓を保護する働きが確認されており、その効果でたんぱく尿の減少や腎機能の悪化を抑えることが可能とされています。このため高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や高血圧症及びたんぱく尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症に対して効果を発揮します。またハイザールは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。

                                            もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

                                            ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/12.5mg


                                            メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

                                            0

                                              メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

                                              メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

                                              高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療だけではなく、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などにも使用されます。
                                              片頭痛の予防目的にも使用され、副作用も軽度です。
                                              メトラールは、高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療をはじめ、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などに使用される薬です。 また片頭痛の予防目的で使用されることもあります。

                                              メトラールの有効成分である酒石酸塩メトプロロールは、心臓に多く存在する交感神経β1の受容体に選択的に作用します。β受容体は心臓収縮回数を増加させたり、血液の量を増やすなどの作用があります。さらにβ受容体のうち、β1受容体は心臓への刺激に関わっています。 このβ1受容体による心筋の収縮を、酒石酸塩メトプロロールがβ1受容体と結合することで抑制し、血圧調節に関連する酵素であるレニンの生産・分泌を抑えるよう働くと考えられています。 それにより、心筋が弛緩して心拍出量が低下し、末梢血管抵抗や酸素需要量が減少することで、降圧効果や抗狭心症、抗不整脈効果を示すといわれています。

                                              また、酒石酸塩メトプロロールは海外では片頭痛の予防薬としても使用されています。酒石酸塩メトプロロールの臨床試験では、片頭痛発作が約44%減少し、副作用も軽度であるとの結果が出ています。

                                              メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg


                                              アキュレティック20mg

                                              0

                                                アキュレティック20mg

                                                アキュレティック20mg

                                                アキュレティック(ACCURETIC)は、血圧を上げるホルモンのひとつであるアンジオテンシン?Uを阻害する、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬と尿の排泄を促し細胞外液量(腎臓でナトリウムや水分)の再吸収を抑え尿の量を増やし、血圧を下げる効果があるヒドロクロロチアシドを持ち合わせたお薬です。

                                                アンジオテンシン?Uは、血管を収縮させたり、腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす作用があり、血圧を上げる働きをします。アキュレティック(ACCURETIC)に含まれるキナプリルは、この働きを抑える作用があり、アンジオテンシン?Uが作られなければ、その結果、血管は拡がり、血圧が下がります。

                                                ACE阻害薬によって「本態性高血圧症の根本治療に一歩近づいた」とも言われています。

                                                そして、アキュレティック(ACCURETIC)に含まれる利尿剤(ヒドロクロロチアシド)によって、血液量を増やすナトリウムや水分を排出することにより、血圧をより効果的にすばやく下げることができます。

                                                アキュレティック20mg


                                                アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)10mg

                                                0

                                                  アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)10mg

                                                  アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)10mg

                                                  アテレック錠ジェネリックは、Ca2+チャネル遮断薬(カルシウム拮抗薬とも呼ばれます)という分類の高血圧治療薬です。

                                                  Ca2+チャネル遮断薬が高血圧治療薬として用いられるのは、効き目がよく、また薬理学がしっかりと解明されていて安全性が高いからです(高血圧治療薬にはこの他にACE(アンギオテンシン変換酵素)阻害薬、利尿薬(ループ系やサイアザイド系)、β遮断薬、α遮断薬などがあります。ACE阻害薬では空咳、利尿薬では低カリウム血症など、それぞれ副作用が目立ちます)。

                                                  薬理学を少し説明します。血管壁を構成する細胞の中にカルシウムが流入すると、細胞の中で様々な情報が伝達されたのち、血管は収縮します。この時のカルシウムの通り道がCa2+チャネルです。このCa2+チャネルの機能を阻害することで細胞内にカルシウムを取り込めないようにして、血管を拡張して血圧を下げるのがアテレックなどのCa2+チャネル遮断薬です。

                                                  特に、細動脈はこのタイプの高血圧治療薬に高い感受性を持っていて、末梢血管抵抗を大きく低下させることで降圧効果がもたらされます。この、ダイレクトに血管を拡張させて血圧を下げるというのがCa2+チャネル遮断薬の一番の特徴・メリットなのです(だから副作用が少ないのです)。

                                                  末梢血管抵抗を下げるとともに、心臓の収縮を抑えることで心臓にかかる負荷を軽減する効果もあります。

                                                  アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)10mg


                                                  アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)5mg

                                                  0

                                                    アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)5mg

                                                    アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)5mg

                                                    アテレック錠ジェネリック5mgは、高血圧を治療するためのお薬です。

                                                    有効成分は、先発品であるアテレックと同じシルニジピンが配合されているため、効果・作用はアテレック錠とほぼ同一です。

                                                    高血圧の原因は様々ありますが、一番大きい原因は、血管の弾性(弾力)が少なくなることによって血液の流れが悪くなることです。その結果、心臓がより強い力で血液を送り出さなければならず、血圧が上昇してしまうということです。

                                                    アテレックの作用は、血管の筋肉(平滑筋)にあるL型カルシウムイオンチャネルを阻害し、カルシウムが平滑筋中に流入することを防ぎます。カルシウムが平滑筋に流入すると筋肉が収縮しますので、それを阻害することによって弛緩(筋肉の収縮を防ぐ)させることができます。また他にはないアテレックの特徴として、交感神経に存在するN型カルシウムチャネルも阻害します。このN型カルシウムチャネルを阻害することで、交感神経より放出されるノルアドレナリンの量を抑制します。結果、心臓の拍動を抑えたり、腎臓の血管を拡張させることになります。これを心臓保護作用、腎臓保護作用と呼んでいます。

                                                    腎臓保護作用はARB(アンギオテンシンレセプターブロッカー)と呼ばれる高血圧にもありますが、カルシウム拮抗剤に分類する薬剤の中で、腎保護作用があるのはアテレックのみです。ARBに比べるとカルシウム拮抗剤であるアテレックは安いため、使いやすいお薬と言えます。

                                                    アテレック錠ジェネリック(シルニジピン)5mg


                                                    オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)40mg

                                                    0

                                                      オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)40mg

                                                      オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)40mg

                                                      血圧が上がる原因はアンジオテンシンIIと呼ばれる体内物質で、この物質の生成を抑制することで血管が拡張され血圧が下がります。 オルメテック40mgの有効成分Olmesertan(オルメサルタン)は 、アンジオテンシンIIの生成を抑制する作用に働き、血管の収縮を抑制して高血圧を治療してくれます。

                                                      オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)40mg


                                                      ディオバン160mg

                                                      0

                                                        ディオバン160mg

                                                        ディオバン160mg

                                                        『ディオバン160mg』は、服用から2〜4週間で高圧効果が得られ、その後服用し続けることで24時間血圧をコントロールできるタイプの降血圧剤です。血管の収縮を緩め、速やかな血行を促進。血圧を下げてくれます。継続性が大切なお薬で、やめる際は医師、薬剤師への相談が必要です。比較的長いスパンで効果を得るお薬です。

                                                        『ディオバン160mg』は体内で生成されるアンジオテンシン?Uの受容体をブロックして、血管の収縮を抑制。血圧の昇圧効果を阻害します。その結果、血管が弛緩し血流が速やかに行われ高血圧から派生する様々な病気、循環器系の心疾患、脳疾患の予防に役立ちます。お薬を飲み始めて2週間から4週間をかけて血圧を降下させ、その後は24時間血圧をコントロールするというユニークな効能を持っています。

                                                        ディオバン160mg


                                                        オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)20mg

                                                        0

                                                          オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


                                                          オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


                                                          ルメテックとは、高血圧を治療するためのお薬です。

                                                          有効成分は、オルメサルタンメドキソミルというもので、先発品と同じものであるため、効果・作用に変わりはほぼありません。

                                                          降圧剤には、その働きによって分類されており、代表的なものとして血管拡張剤、カルシウムイオン拮抗剤、ACE阻害剤、ARBがあり、オルメテックはARBに分類されています。

                                                          ARBとはAngiotensin II Receptor Blockerのことで、アンギオテンシン?Uという物質が、受容体に結合することを阻害する働きがあります。

                                                          このアンギオテンシン?Uという物質は、レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系において作用しているアンギオテンシン?Tが活性された物質のことです。

                                                          アンギオテンシン?Uの働きは、カルシウムイオンを細胞内に流入させる、アルドステロンの合成を促す、近位尿細管でナトリウムの吸収を促進することで、いずれも血圧上昇につながります。

                                                          アンギオテンシン?U受容体には、タイプ1と2があり、タイプ1は「血圧上昇、心肥大」
                                                          タイプ2は「血圧下降、心肥大の抑制」という働きがありますが、他のARBは両方の受容体に作用しているようですが、オルメテックはタイプ1を選択的に結合することで他のARBよりも高い降圧効果を有しています。

                                                          実際、他にもARBやその他の作用機序を持つ降圧薬の中で最も高い降圧効果を発揮しています。

                                                          また、腎臓の機能が弱まると、尿細管を収縮させろ過機能を強化する作用がありますが、これは腎臓に大きな負担を掛けることになり、腎臓がさらにダメージを受けてしまいます。

                                                          オルメテックはこの働きを抑制するために、腎保護作用があると言われております。

                                                          オルメテック(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


                                                          ディオバン40mg

                                                          0

                                                            ディオバン40mg


                                                            ディオバン40mg


                                                            本剤は、降圧剤として知られるディオバンRの有効成分であるバルサルタンを含有しており、血管を広げることで血流を改善し、高血圧の方の血圧を下げる作用があります。

                                                            高血圧は、収縮期血圧130mmHg未満・拡張期血圧85mmHg未満のことを指し、虚血性心不全、脳卒中、腎不全などの引き金となりえます。血圧を正常値に保つことで、その他の種々の疾患のリスクを下げます。

                                                            腎臓において、レニンーアンギオテンシン系は、体内の血圧や電解質の調節に重要な役割を果たしています。バルサルタンは、レニンーアンギオテンシン系の重要な因子であるAT1受容体に結合し、その作用を抑制することで血圧を下げる薬です。AT1受容体に特異的に作用することで他のレニンーアンギオテンシン系の阻害剤でアンギオテンシテン変換酵素(ACE)阻害剤に比べ、空咳(痰の出ない咳のこと)の副作用が減少したと言われています。

                                                            ディオバン40mg


                                                            ディオバン・ジェネリック(バルサ―ル)160mg

                                                            0

                                                              ディオバン・ジェネリック(バルサ―ル)160mg


                                                              ディオバン・ジェネリック(バルサ―ル)160mg


                                                              本剤は、降圧剤として知られるディオバンRの有効成分であるバルサルタンを含有しており、血管を広げることで血流を改善し、高血圧の方の血圧を下げる作用があります。

                                                              高血圧は、収縮期血圧130mmHg未満・拡張期血圧85mmHg未満のことを指し、虚血性心不全、脳卒中、腎不全などの引き金となりえます。血圧を正常値に保つことで、その他の種々の疾患のリスクを下げます。

                                                              腎臓において、レニンーアンギオテンシン系は、体内の血圧や電解質の調節に重要な役割を果たしています。バルサルタンは、レニンーアンギオテンシン系の重要な因子であるAT1受容体に結合し、その作用を抑制することで血圧を下げる薬です。AT1受容体に特異的に作用することで他のレニンーアンギオテンシン系の阻害剤でアンギオテンシテン変換酵素(ACE)阻害剤に比べ、空咳(痰の出ない咳のこと)の副作用が減少したと言われています。

                                                              ディオバン・ジェネリック(バルサ―ル)160mg


                                                              | 1/2PAGES | >>

                                                              PR

                                                              calendar

                                                              S M T W T F S
                                                              1234567
                                                              891011121314
                                                              15161718192021
                                                              22232425262728
                                                              2930     
                                                              << September 2019 >>

                                                              selected entries

                                                              categories

                                                              archives

                                                              recommend

                                                              links

                                                              profile

                                                              search this site.

                                                              others

                                                              mobile

                                                              qrcode

                                                              powered

                                                              無料ブログ作成サービス JUGEM