クラシッド500mg

0

    クラシッド500mg

    クラシッド500mg


    クラシッド500mgは、細菌が原因で起こる感染症を治療することができるお薬です。

    有名な製薬会社であるAbbott(アボット)社によって製造・販売されています。
    日本でもクラシッド500mgは販売されており、日本ではクラリス錠200という販売名で大正製薬株式会社によって製造・販売されています。
    有効成分としてクラリスロマイシンを含有し、1錠に日本のクラリス錠200よりも大容量の500mgを含有しています。
    服用することで高く安定した血中濃度と良好な組織委攻勢をあらわし、1日2回服用するだけで全身の感染症に対して治療効果をあらわします。
    そのため、扁桃炎や咽頭炎、肺炎、尿道炎、子宮頸管炎、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎等の一般的な感染症だけでなく、胃癌の主な原因でもあるヘリコバクター・ピロリの除菌にも利用されています。
    病気の原因となる細菌に対して特異的に作用するので、効果が強力にも関わらずヒトに対しては作用しないので副作用が少ないのが特徴です。

    クラシッド500mg


    タケプロンジェネリック30mg

    0

      タケプロンジェネリック30mg

      タケプロンジェネリック30mg


      タケプロンジェネリックは胃酸の分泌を抑制し、胃潰瘍の治りがよくなり、痛みや胸焼けがやわらぐと言われております。通常、胃酸は胃腸に進入してくる菌を防ぐ大切な役目をしておりますが、胃が弱っていると胃粘膜を傷つけ胃潰瘍の原因を引き起こし、更には胃酸が逆流すると胸焼けを引き起こしたりします。タケプロンジェネリックは低用量アスピリン療法または抗炎症・鎮痛薬の長期服用時における胃潰瘍の再発予防、さらには胃潰瘍の原因菌“ヘリコバクターやピロリ”の除菌補助、非びらん性胃食道逆流症の治療に用いられることもあるようです。

      タケプロンジェネリック30mg


      ノバモックス(アモキシシリン)500mg

      0

        ノバモックス(アモキシシリン)500mg

        ノバモックス(アモキシシリン)500mg


        淋病、梅毒など性感染症の治療に
        ピロリ菌の除菌に

        ノバモックス(アモキシシリン)500mg


        パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg

        0

          パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg

          パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg


          パリエットジェネリック(商品名ラビシップ)は有効成分としてラベプラゾール20mgを含有する胃腸薬です。
          胃酸を分泌するための酵素の働き(プロトンポンプ)を阻害することで、胃酸の分泌を強力に抑制します。

          日本でも非常に多く使用されている有名な胃腸薬「パリエット」の海外ジェネリック医薬品で、インドの大手製薬シプラ社が製造販売しております。

          パリエットジェネリックは「プロトンポンプ阻害薬(プロトンポンプインヒビター:PPI)」という系統に属する胃腸薬であり、胃腸薬の中で最も強力な胃酸分泌抑制作用を持っております。

          先発品のパリエットは国内で3番目に登場したプロトンポンプ阻害薬であり、胃酸過多による胃痛や胸焼け(胃炎)、胃潰瘍などの消化器系潰瘍、逆流性食道炎、ゾリンジャー・エリソン症候群、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌などといった消化器系疾患の治療に非常に多く使用されております。

          胃潰瘍・十二指腸潰瘍または逆流性食道炎の方を対象に行われた臨床試験では、90%以上もの高い治癒率が得られました。

          また、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬、解熱鎮痛薬)やアスピリン(抗血栓薬)が原因の消化器系潰瘍の予防改善にも有効です。

          パリエットジェネリック(ラビシップ)20mg


          ピロリ菌除去各1箱パック

          0

            ピロリ菌除去各1箱パック

            ピロリ菌除去各1箱パック


            ピロリ菌除去パックは、胃炎や胃潰瘍、胃癌の原因となるピロリ菌を除去するための3種類のお薬をセットにしたパックです。 3種類を同時に1日2回7日間服用することで、かなりの高確率でピロリ菌を殺菌することができます。

            ピロリ菌除去各1箱パック


            アモキシシリンジェネリック250mg

            0

              アモキシシリンジェネリック250mg

              アモキシシリンジェネリック250mg


              アモキシシリンジェネリックの有効成分であるアモキシシリンは、ペニシリン系に分類される抗生物質です。

              ペニシリン系は抗生物質の歴史の中で最も古く、様々な菌に効果を発揮してきました。ペニシリン系の中でも代表的で、最も使用される頻度の高い抗生物質であるサワシリンのジェネリック薬として販売されている薬がこのアモキシシリンジェネリックです。

              アモキシシリンジェネリックは梅毒や淋菌などの性感染症、扁桃腺や咽頭炎、中耳炎、ピロリ菌の除去などの幅広い感染症に使用されることが多いく、様々な菌に効果を発揮してくれます。しかし、ペニシリン系の抗生物質は幅広い細菌に効果が得られるので多用され過ぎてしまい、ペニシリン系の抗生物質が効かない耐性菌が体内で作られている場合もあります。

              アモキシシリンは、腸での吸収率がとても高いので、経口薬で使用しても点滴薬などと同じ位の効果を得ることができます。また、薬の効果に即効性があるので、実際の医療現場でも良く使用されている抗生物質の1つです。

              アモキシシリンジェネリックの主成分であるアモキシシリンは、体内に入って増殖を繰り返す細菌の細胞壁の合成を阻害することで、細菌の増殖を止めることができます。ほとんどの細菌は細胞壁がないと生きられないので、アモキシシリンジェネリックを内服すると体内に入った細菌を死滅させることができます。そのため、細菌によって起こされた発熱や腫れ、痛みなどの炎症症状を軽快させる効果が得られます。

              アモキシシリンジェネリック250mg


              オーグメンチン(アモキシリン+クラブラン酸)

              0

                オーグメンチン(アモキシリン+クラブラン酸)

                オーグメンチン(アモキシリン+クラブラン酸)

                2つの有効成分を配合し、相乗効果で細菌を強力に殺しながらも耐性を作らせないので、様々な感染症の治療に使用することができます。一般的な感染症から、性病の淋菌感染症までオールマイティな治療効果をあらわします。

                オーグメンチン(アモキシリン+クラブラン酸)


                | 1/1PAGES |

                PR

                calendar

                S M T W T F S
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                2930     
                << September 2019 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM