アサコール(メサラミン)800mg

0

    アサコール(メサラミン)800mg

    アサコール(メサラミン)800mg


    アサコールは、潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症(重症を除く)を抑える抗炎症剤です。有効成分メサラミンUSPは、元々は慢性関節リウマチの治療薬として開発されましたが、潰瘍性大腸炎への有用性が認められたため、現在では潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療薬として使用されています。 炎症性細胞から放出される活性酵素を消去し、炎症の進展を組織の障害を抑制するだけでなく、炎症性細胞の組織侵入防止などの作用により炎症を抑えることで、効果を発揮します。また、クローン病の再発にも、わずかながらの効果があると言われています。アサコールは、アメリカでの炎症性腸疾患治療剤市場の約半分を占めるシェアNo1の治療剤であり、世界60数ヵ国で販売されています。

    アサコール(メサラミン)800mg


    ペンタサ坐剤1g(メサラジン)

    0

      ペンタサ坐剤1g(メサラジン)

      ペンタサ坐剤1g(メサラジン)


      ペンタサ坐剤1gは、潰瘍性大腸炎の治療薬です。

      坐剤タイプで、直接肛門に挿入することで有効成分がダイレクトに患部に届き、強力な治療効果を得ることができます。

      ペンタサ坐剤1gはFerring Pharmaceuticals(フェリング・ファーマ)社によって製造・販売されています。

      フェリング・ファーマ社はスイスに本社を有するグローバルな製薬企業であり、1950年に設立されてから現在では6大陸50ヵ国以上に子会社を有しています。

      数多くの優れた医薬品を製造・開発しており、ペンタサ坐剤1gもそんな優れたお薬の1つです。

      世界100ヵ国以上の国や地域で承認されており、潰瘍性大腸炎に苦しめられている患者の治療のために多くの医療機関で処方されています。

      1日1個ペンタサ坐剤1gを肛門に挿入することで大腸の炎症を強力に鎮めることができ、それによって引きこされる下痢や腹痛などの諸症状を解消してくれます。

      ペンタサ坐剤1g(メサラジン)


      メサコール(メサラミン)400mg

      0

        メサコール(メサラミン)400mg

        メサコール(メサラミン)400mg


        余分な成分が入っていないため、他の治療薬より副作用が少ないです。炎症性腸疾患治療剤の最大マーケットであるアメリカにおいて、炎症性腸疾患治療剤のシェアNo1であり、世界60数ヵ国で販売されています。

        メサコールは、潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症(重症を除く)を抑える抗炎症剤です。有効成分メサラミンUSPは、元々は慢性関節リウマチの治療薬として開発されましたが、潰瘍性大腸炎への有用性が認められたため、現在では潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療薬として使用されています。 炎症性細胞から放出される活性酵素を消去し、炎症の進展を組織の障害を抑制するだけでなく、炎症性細胞の組織侵入防止などの作用により炎症を抑えることで、効果を発揮します。また、クローン病の再発にも、わずかながらの効果があると言われています。メサコールは、アメリカでの炎症性腸疾患治療剤市場の約半分を占めるシェアNo.1の治療剤であり、世界60数ヵ国で販売されています。

        ※潰瘍性大腸炎 : 潰瘍性大腸炎は、大腸の炎症により、潰瘍やびらができる疾患です。下血を伴うまたは伴わない下痢と腹痛が主な症状で、便が少しずつゆるくなり、やがて出血が現れ、けいれん性の腹痛と排便が起こるようになります。症状が重くなると、体重減少・発熱・貧血などが起こる場合もあります。

        ※クローン病 : クローン病は、全消化器官(口腔から肛門まで)の全域に、潰瘍ができたり慢性炎症がおきる、原因不明の疾患です。 潰瘍性大腸炎と同様に原因は不明で、遺伝や細菌・ウイルスによる感染などのほか、動物性たんぱく質や脂肪を多く摂取する食生活も関係していると考えられています。侵された部位で症状は異なりますが、腹痛と下痢が約半数の人にみられます。 けいれん性の腹痛、体重減少、出血を伴う慢性下痢、発熱、食欲不振、全身倦怠感、貧血などが数日から数週間続いたのち、症状は一旦治まりますが、これで完治したわけではなく、不規則に生涯を通じて再発します。

        メサコール(メサラミン)400mg


        ★メサラジン500mg

        0

          メサラジン500mg


          メサラジン500mg


          潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬です。有効成分メサラジンを1錠に500mg含有しています。日本では、杏林製薬株式会社によって製造・販売されており「ペンタサ錠500mg」という販売名で多くの方に服用されています。

          ペンタサ錠500mgは、デンマーク(現在:スイス)のFerring社により開発されたメサラジンを有効成分とするお薬で、病変部位である腸管内で徐々に有効成分を放出するように設計された放出調整製剤です。日本を含め、100を超える国や地域で潰瘍性大腸炎およびクローン病のお薬として承認・使用されています。

          メサラジン500mg


          アサコール(メサラミン)800mg

          0

            アサコール(メサラミン)800mg

            アサコール(メサラミン)800mg


            アサコールは、潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症(重症を除く)を抑える抗炎症剤です。有効成分メサラミンUSPは、元々は慢性関節リウマチの治療薬として開発されましたが、潰瘍性大腸炎への有用性が認められたため、現在では潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療薬として使用されています。 炎症性細胞から放出される活性酵素を消去し、炎症の進展を組織の障害を抑制するだけでなく、炎症性細胞の組織侵入防止などの作用により炎症を抑えることで、効果を発揮します。また、クローン病の再発にも、わずかながらの効果があると言われています。アサコールは、アメリカでの炎症性腸疾患治療剤市場の約半分を占めるシェアNo1の治療剤であり、世界60数ヵ国で販売されています。

            アサコール(メサラミン)800mg


            ペンタサ坐剤1g(メサラジン)

            0

              ペンタサ坐剤1g(メサラジン)

              ペンタサ坐剤1g(メサラジン)


              ペンタサ坐剤1gは、潰瘍性大腸炎の治療薬です。

              坐剤タイプで、直接肛門に挿入することで有効成分がダイレクトに患部に届き、強力な治療効果を得ることができます。

              ペンタサ坐剤1gはFerring Pharmaceuticals(フェリング・ファーマ)社によって製造・販売されています。

              フェリング・ファーマ社はスイスに本社を有するグローバルな製薬企業であり、1950年に設立されてから現在では6大陸50ヵ国以上に子会社を有しています。

              数多くの優れた医薬品を製造・開発しており、ペンタサ坐剤1gもそんな優れたお薬の1つです。

              世界100ヵ国以上の国や地域で承認されており、潰瘍性大腸炎に苦しめられている患者の治療のために多くの医療機関で処方されています。

              1日1個ペンタサ坐剤1gを肛門に挿入することで大腸の炎症を強力に鎮めることができ、それによって引きこされる下痢や腹痛などの諸症状を解消してくれます。

              ペンタサ坐剤1g(メサラジン)


              メサコール(メサラミン)400mg

              0

                メサコール(メサラミン)400mg

                メサコール(メサラミン)400mg


                余分な成分が入っていないため、他の治療薬より副作用が少ないです。炎症性腸疾患治療剤の最大マーケットであるアメリカにおいて、炎症性腸疾患治療剤のシェアNo1であり、世界60数ヵ国で販売されています。

                メサコールは、潰瘍性大腸炎やクローン病の炎症(重症を除く)を抑える抗炎症剤です。有効成分メサラミンUSPは、元々は慢性関節リウマチの治療薬として開発されましたが、潰瘍性大腸炎への有用性が認められたため、現在では潰瘍性大腸炎およびクローン病の治療薬として使用されています。 炎症性細胞から放出される活性酵素を消去し、炎症の進展を組織の障害を抑制するだけでなく、炎症性細胞の組織侵入防止などの作用により炎症を抑えることで、効果を発揮します。また、クローン病の再発にも、わずかながらの効果があると言われています。メサコールは、アメリカでの炎症性腸疾患治療剤市場の約半分を占めるシェアNo.1の治療剤であり、世界60数ヵ国で販売されています。

                ※潰瘍性大腸炎 : 潰瘍性大腸炎は、大腸の炎症により、潰瘍やびらができる疾患です。下血を伴うまたは伴わない下痢と腹痛が主な症状で、便が少しずつゆるくなり、やがて出血が現れ、けいれん性の腹痛と排便が起こるようになります。症状が重くなると、体重減少・発熱・貧血などが起こる場合もあります。

                ※クローン病 : クローン病は、全消化器官(口腔から肛門まで)の全域に、潰瘍ができたり慢性炎症がおきる、原因不明の疾患です。 潰瘍性大腸炎と同様に原因は不明で、遺伝や細菌・ウイルスによる感染などのほか、動物性たんぱく質や脂肪を多く摂取する食生活も関係していると考えられています。侵された部位で症状は異なりますが、腹痛と下痢が約半数の人にみられます。 けいれん性の腹痛、体重減少、出血を伴う慢性下痢、発熱、食欲不振、全身倦怠感、貧血などが数日から数週間続いたのち、症状は一旦治まりますが、これで完治したわけではなく、不規則に生涯を通じて再発します。

                メサコール(メサラミン)400mg


                メチメズ(メチマゾール)10mg

                0

                  メチメズ(メチマゾール)10mg


                  メチメズ(メチマゾール)10mg


                  メチメズは、甲状腺機能亢進症の内科療法において第一選択薬とされることが多い、有効成分メチマゾール(チアマゾール)を配合しています。メチマゾールは、ペルオキシターゼによるヨウ化物の酸化だけではなく、チロキシンやトリヨードチロニンに至る反応を阻害することで体内のヨード量を抑えます。それによって甲状腺におけるホルモンの過剰生成を阻害され、その分泌を抑制されます。これによって体内のホルモン量が正常に保たれるようになることから、ホルモンの過剰分泌による様々な症状を改善します。また、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、甲状腺の操作の影響を最小にするために、甲状腺手術や放射線ヨード治療の前に使用されることもあります。

                  甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や循環、内分泌機能、生殖などを調節するホルモンで、喉元にある甲状腺と呼ばれる器官から分泌されます。正常な状態では、甲状腺刺激ホルモンの作用によって適度な分泌量になるようにコントロールされますが、ホルモンが過剰に分泌されると、全身の新陳代謝が異常に高まり、頻脈、多食や体重減少、発汗、イライラ、動悸、不整脈など、アドレナリンが過剰に分泌された場合と似たような症状が現われます。これが甲状腺機能亢進症です。そのほかにも、首のはれを特徴的な症状として、眼球突出、集中力低下、精神不安定、不眠や、女性の場合は月経異常などが現れることもあります。

                  メチメズ(メチマゾール)10mg


                  | 1/1PAGES |

                  PR

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << July 2020 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recommend

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM