スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.07.31 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)

    0

      ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)

      ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)


      ドンペリドンは胃腸に作用し、胃腸の動きを改善させることで吐き気を抑える作用があります。

      また、脳にある嘔吐中枢に働くので吐き気を抑える作用もあります。ドンペリドンはナウゼリンのジェネリック医薬品で、ナウゼリンに比べ、手の震えや生理不順などの副作用症状が現れにくいと言われています。

      さらに、子どもから高齢者まで幅広い世代の方に内服して頂ける便利な吐き気止めです。

      胃は規則正しく運動することで、食物を消化し、腸へと送り出しています。しかし、胃炎や十二指腸潰瘍、薬の副作用、外科的開腹手術など、胃の運動を妨げる原因があると、胃腸の動きが悪くなり、食物が胃に停滞してしまいます。

      胃に停滞してしまうことで、吐き気や嘔吐、食欲がない、お腹の張りや腹痛などの腹部症状、胸やけ、げっぷなどの症状が出てきます。これらの症状を改善してくれる薬がドンペリドンになります。

      吐き気は中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の2種類に分けられます。中枢性嘔吐は、脳にある嘔吐中枢が刺激されることによっておこる吐き気で、末梢性嘔吐は胃腸などの消化管が刺激されることによっておこる吐き気です。

      ドンペリドンは、後者の末梢性嘔吐に効果を発揮しますが、中枢性嘔吐にはあまり効果がありません。中枢性嘔吐に効果がないということは悪いことではなく、脳への薬の侵入が少ないということなので、脳に作用することで起こる副作用症状が出ることも少ないと言った利点もあげられます。

      脳への作用も全くないというわけではなく、少しですが脳の嘔吐中枢の働きを抑える作用があるので、気分の悪さを改善してくれます。

      ドンペリドンの主な効果としては、胃腸などの消化管にあるドーパミン受容体をブロックする作用があります。ドーパミンとは神経伝達物質のことで、ドーパミン受容体がドーパミンと結合すると、胃腸の動きが抑えられてしまうことがわかっています。

      なので、ドーパミンを内服し、作用することでドーパミンの結合を妨げ、悪くなっている胃腸の動きが改善されます。したがって、胃腸での食べ物の消化を促進し、順調に胃から腸へ送り出せるようになります。

      ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)


      レグラン(塩酸メトクロプラミド)10mg

      0

        レグラン(塩酸メトクロプラミド)10mg

        胃から込みあげる吐き気を抑える制吐剤です!食欲不振・胸やけやノロウイルスでの吐き気、胃腸トラブルの抑制にも効果的!

        レグラン(塩酸メトクロプラミド)10mg


        ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)

        0

          ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)

          ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)


          ドンペリドンは胃腸に作用し、胃腸の動きを改善させることで吐き気を抑える作用があります。

          また、脳にある嘔吐中枢に働くので吐き気を抑える作用もあります。ドンペリドンはナウゼリンのジェネリック医薬品で、ナウゼリンに比べ、手の震えや生理不順などの副作用症状が現れにくいと言われています。

          さらに、子どもから高齢者まで幅広い世代の方に内服して頂ける便利な吐き気止めです。

          胃は規則正しく運動することで、食物を消化し、腸へと送り出しています。しかし、胃炎や十二指腸潰瘍、薬の副作用、外科的開腹手術など、胃の運動を妨げる原因があると、胃腸の動きが悪くなり、食物が胃に停滞してしまいます。

          胃に停滞してしまうことで、吐き気や嘔吐、食欲がない、お腹の張りや腹痛などの腹部症状、胸やけ、げっぷなどの症状が出てきます。これらの症状を改善してくれる薬がドンペリドンになります。

          吐き気は中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の2種類に分けられます。中枢性嘔吐は、脳にある嘔吐中枢が刺激されることによっておこる吐き気で、末梢性嘔吐は胃腸などの消化管が刺激されることによっておこる吐き気です。

          ドンペリドンは、後者の末梢性嘔吐に効果を発揮しますが、中枢性嘔吐にはあまり効果がありません。中枢性嘔吐に効果がないということは悪いことではなく、脳への薬の侵入が少ないということなので、脳に作用することで起こる副作用症状が出ることも少ないと言った利点もあげられます。

          脳への作用も全くないというわけではなく、少しですが脳の嘔吐中枢の働きを抑える作用があるので、気分の悪さを改善してくれます。

          ドンペリドンの主な効果としては、胃腸などの消化管にあるドーパミン受容体をブロックする作用があります。ドーパミンとは神経伝達物質のことで、ドーパミン受容体がドーパミンと結合すると、胃腸の動きが抑えられてしまうことがわかっています。

          なので、ドーパミンを内服し、作用することでドーパミンの結合を妨げ、悪くなっている胃腸の動きが改善されます。したがって、胃腸での食べ物の消化を促進し、順調に胃から腸へ送り出せるようになります。

          ドンペリドン10mg(ナウゼリンジェネリック)


          レグラン(塩酸メトクロプラミド)10mg

          0

            レグラン(塩酸メトクロプラミド)10mg

            胃から込みあげる吐き気を抑える制吐剤です!食欲不振・胸やけやノロウイルスでの吐き気、胃腸トラブルの抑制にも効果的!

            レグラン(塩酸メトクロプラミド)10mg


            | 1/1PAGES |

            PR

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << September 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM