フィンペシア(キノリンイエローフリー)+ツゲイン10%のセット

0

    フィンペシア(キノリンイエローフリー)+ツゲイン10%のセット


    フィンペシアは有効成分にフィナステリドを含んでおり、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として人気の高いプロペシアのジェネリック医薬品として販売されています。そのフィンペシアの中でも、この薬は新しく開発されたものでキノリンイエローフリーとなっています。

    キノリンイエローとは、着色料として使用されている添加物の1つです。フィンペシアでは錠剤のコーティング剤として使用されていました。

    日本では、このキノリンイエローは化粧品などに使用することは認められていますが、体内に取り入れた時の確かな安全性が確認できていないため食品の添加物として使用することは禁止されています。

    今まで販売されていたフィンペシアにはキノリンイエローが添加物として含まれていたので、身体の安全面などへの心配もありましたが、今回新しく販売されたフィンペシアはキノリンイエローフリーになっているので、安心して使用して頂けます。

    有効成分として含まれるフィナステリドには、AGAの進行を止め2つの発毛効果が期待できます。フィナステリドには薄毛の原因となる男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)を作る5αリダクターゼという酵素とテストステロンが結合しないようにしてくれる作用があります。ジヒドロテストステロンを作られなくすることで薄毛の進行を止め、細く切れやすくなっている毛髪が元気を取り戻し、強く太い毛髪に変化していく効果が期待できます。

    また、フィナステリドには頭の皮脂の分泌を抑える効果もあると言われており、皮脂によって滞ってしまっていた頭の血行が促進されることで、毛髪をより活性化させる効果が期待できると言われています。


    ツゲイン10の有効成分「ミノキシジル」は、20代から30代で発症する男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。AGAとは成人男性に見られる髪が薄くなる状態のことで、思春期以降に前頭部の生え際や、頭頂部分の髪が薄くなることです。早い人では20歳ほどで発症することもありますので「若ハゲ」と呼ばれることもあるようです。

    有効成分であるミノキシジルは、元々高血圧の治療に用いられていた降圧剤でしたが、それを服用していた副作用として、過剰な発毛作用がみられたことから男性型脱毛症(AGA)の治療薬として用いられることになりました。

    ミノキシジルの成分が頭皮の毛細血管を広げ、血液の循環を改善することにより、育毛促します。また、毛包を増やす、または頭髪の成長期を延長させることにより、成長してない毛髪が休止期に入るのを阻害する作用もあります。これらの効果によって、発毛・育毛を促します。

    このミノキシジルは、日本皮膚科学科が「男性の薄毛治療にもっともおすすめの成分である」と発表しており、あのリアップにも含まれています。ただし、リアップには最高で5%のミノキシジルが配合されているのに対して、ツゲイン10は倍の濃度で配合されています。発毛効果の高いミノキシジルを2倍にすることにより、発毛効果も倍期待できると言えます。

    ※ミノキシジルは色が変わやすく、溶剤に色がつくことがありますが、成分上、正常であり、商品に問題はございません。

    フィンペシア(キノリンイエローフリー)+ツゲイン10%のセット

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.04 Tuesday
      • -
      • 12:39
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM