植物性メラトニン3mg

0

    植物性メラトニン3mg


    植物性メラトニンは、自然に近い眠りを誘導してくれるサプリメントです。
    1カプセルに有効成分としてメラトニンを3mg含有しています。

    有効成分もそれを入れているカプセルもすべて植物由来の成分で製造されているため、動物由来の成分を一切含みません。
    そのため、ベジタリアンの方やヴィーガンの方も安心して植物性メラトニンを摂取することができます。

    有効成分であるメラトニンは優れた睡眠効果が認められており、寝つきが悪い方や、夜に途中で起きてしまう方など短期の睡眠障害も長期の睡眠障害のどちらにも効果があります。

    睡眠を誘導するメカニズムは、体内時計によってコントロールされています。
    その人の生活リズムに合わせて脳内にある松果体といわれる部分からメラトニンが放出され、それにより眠気が誘導されます。
    メラトニンは睡眠ホルモンといわれており、昼間の日光が出ている時間帯にはほとんど分泌されず、夜になり日が沈むと分泌されます。

    体内リズムは、目の網膜に入る光によって調節されています。日光が網膜を通過すると、脳が朝になり起きる時間だと判断し、眠気が覚めます。
    夜になると暗くなるので、脳も夜だと判断しメラトニンを分泌し、眠気がくるという仕組みです。

    現代は夜でも明るく、それに加え、パソコンやスマートフォンの影響で不眠症の方が増えています。
    特に、パソコンやスマートフォンから出るブルーライトは刺激が強く、夜にも関わらず脳がまだ朝だと錯覚をしてしまい、体内リズムを崩し不眠症を悪化させる原因となってしまいます。

    このように体内時計のリズムが崩れると、メラトニンの分泌量が減ってしまい睡眠不足に陥ります。
    植物性メラトニンは、これらの不足してしまったメラトニンを補充することで不眠症を改善する効果があります。

    現在の日本の不眠症治療は、ベンゾジアゼピン系といわれる睡眠導入剤を使用するのが主流です。
    しかし、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は眠気を催す作用以外にも、抗不安作用、筋弛緩作用、記憶障害等の作用もあり、筋弛緩作用による転倒事故、記憶障害による起床時の忘却等の問題があります。

    さらに、長期間の睡眠薬の使用は依存症や耐性ができてしまい薬が効かなくなってしまう等の問題も出ています。
    しかしメラトニンは、それらの睡眠導入剤と違い体内にもともと存在する成分であるため、摂取することで自然な睡眠が誘導され、依存症を起こさず安全に使用することができるというメリットもあります。

    メラトニンの服用は生活習慣のリズムが崩れ昼夜逆転している不眠症の方や、海外旅行帰りの時差ボケの方、自然に近い睡眠をとりたい方におススメです。

    植物性メラトニン3mg

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.04 Tuesday
      • -
      • 14:07
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM