カンデサルタンシレキセチル32mg90錠

0

    カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


    カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


    人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。
    レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン?Uに変換され、このアンジオテンシン?Uがアンジオテンシン?U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン?U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン?U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

    カンデサルタンシレキセチル32mg90錠




    カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


    カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


    人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。

    レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン?Uに変換され、このアンジオテンシン?Uがアンジオテンシン?U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン?U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン?U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

    カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.04 Tuesday
      • -
      • 22:25
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM