マーベロンジェネリック(ジュリアナ)

0

    マーベロンジェネリック(ジュリアナ)

    マーベロンジェネリック(ジュリアナ)

    体内でジュリアナによって少量の女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が補充されると脳が妊娠状態であると認識し、卵胞の発育・排卵が抑制されます。排卵しなければ卵子は精子と受精することがないので確実に妊娠を防ぎます。
    また、着床の鍵となる子宮内膜の増殖が抑えられることで、万が一排卵・受精が起こっても受精卵が着床しにくい=妊娠が成立しにくい状態になります。
    更にジュリアナは子宮の入り口付近の粘液の粘度を高めて精子の子宮内への侵入を防ぐ作用も持っています。

    ジュリアナは排卵を抑制することで卵巣・子宮を休めてホルモンバランスを整える作用があるために月経困難症(生理痛、月経過多など生理中の苦痛)やPMS(生理前の心身の不調)の改善効果があります。子宮内膜の増殖を防ぐことから子宮内膜症の予防や進行抑制の治療にも多く使用されます。

    更に、ホルモンバランスの乱れによるニキビの治療にも高く有効であるために近年では皮膚科でも処方されることが多くなりました。
    その他、更年期障害、骨粗鬆症の予防、卵巣がんや子宮体がんの予防などメリットがたくさんあります。

    ただし、長期的な服用で乳がんや子宮頸がんの発症リスクはやや高まるため定期的に検診を受けるなどの注意が必要です。

    マーベロンジェネリック(ジュリアナ)


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.02.04 Tuesday
      • -
      • 19:31
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM