イルベサルタンジェネリック300mg30錠

0

    イルベサルタンジェネリック300mg30錠


    イルベサルタンジェネリック300mg30錠


    イルベサルタン300mgは、長時間作用型アンジオテンシンII受容体拮抗薬(Angiotensin II Receptor Blocker:ARB)といわれるお薬です。

    服用することで24時間にもわたって優れた血圧低下作用を発揮し、高血圧によって引き起こされる腎臓病や脳梗塞、心筋梗塞などの命にかかわる病気の発症を予防することができます。

    イルベサルタン300mgは有名なジェネリックメーカーであるSandoz(サンド)によって製造・販売されています。

    サンドは世界的に有名な製薬企業であるノバルティスのジェネリック医薬品事業部門であり、ジェネリック医薬品のグローバルリーダーとして高品質でリーズナブルな価格の医薬品を世界中に提供しています。

    サンドは日本を含め世界160ヵ国以上で事業展開し、2014年度の全世界における売上高は約96億ドルにもなりました。

    現在では、サンドは医薬品業界になくてはならない存在となっています。

    イルベサルタン300mgもそんなサンドの製造する高品質なお薬であり、優れた治療効果をあらわします。

    日本では承認されていない300mgもの高用量の有効成分を含有しているので、服用することで強力な効果を得ることができます。

    イルベサルタンジェネリック300mg30錠


    イロベル(イルベタン錠ジェネリック)150mg

    0

      イロベル(イルベタン錠ジェネリック)150mg


      イロベル(イルベタン錠ジェネリック)150mg


      イロベル(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

      高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

      この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

      イロベル(イルベタン錠ジェネリック)150mg


      イロベル(イルベタン錠ジェネリック)300mg

      0

        イロベル(イルベタン錠ジェネリック)300mg


        イロベル(イルベタン錠ジェネリック)300mg


        イロベル(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

        高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

        この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

        イロベル(イルベタン錠ジェネリック)300mg


        オルメシップH(オルメサルタン+ハイドロクロロシアザイド)

        0

          オルメシップH(オルメサルタン+ハイドロクロロシアザイド)


          オルメシップH(オルメサルタン+ハイドロクロロシアザイド)


          オルメシップHは、アンジオテンシンII受容体阻害薬(ARB)であるオルメサルタン・メドキソミルと、利尿薬であるヒドロクロロチアジドを配合した降圧剤です。有効成分オルメサルタンメドキソミルが、体内物質アンジオテンシンIIと高血圧の原因となる受容体1との結合を妨げます。アンジオテンシンIIはアンジオテンシンII受容体1と結合してはじめて、血管収縮・血圧上昇・利尿作用・細胞増殖などに作用します。血液量や血液中のナトリウム(塩分)が低下すると、アンジオテンシンIIが生成されます。それが受容体1と結合し、動脈の血管収縮を起こすことで、血圧が上昇してしまいます。アンジオテンシンIIと受容体1の結合を妨げることで、降圧に効果を発揮します。

          もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

          これら2つの有効成分の組み合わせにより、アンジオテンシン?Uの活性化を抑制しつつ、利尿による降圧効果の維持や増強という、相乗効果が期待できます。

          オルメシップH(オルメサルタン+ハイドロクロロシアザイド)


          カプトプリル50mg

          0

            カプトプリル50mg


            カプトプリル50mg


            カプトプリルは高血圧の症状を改善する薬剤です。一般名はカプトプリルです。国内では同じ成分の薬剤が、カプトリル錠やジェネリック医薬品として承認され処方されています。国内のカプトプリルは12.5mg、25mgの規格の他、散剤があります。一般に血圧の数値が140/90(収縮期血圧/拡張期血圧)以上の状態が続く場合には、高血圧と診断される事が多いようです。血圧が上昇する原因には様々なものがありますが、体内にあるレニン・アンギオテンシン系と呼ばれる血圧を上げるサイクルが活動しすぎてしまう事も原因の一つです。このレニン・アンギオテンシン系で生成される、血圧を上昇させてしまう体内物質にアンギオテンシン?Uがあります。アンギオテンシン?Uはその前駆物質であるアンギオテンシン?Tから生成されますが、その生成にはアンギオテンシン変換酵素という酵素が必要です。カプトプリルはこのアンギオテンシン変換酵素の働きを妨げる薬剤です。アンギオテンシン変換酵素の働きが妨げられた結果、血圧を上げる体内物質であるアンギオテンシン?Uが生成されなくなり、血圧が下がります。

            カプトプリル50mg


            カルベア(イルベタン錠ジェネリック)150mg

            0

              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)150mg


              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)150mg


              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

              高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

              この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)150mg




              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)300mg


              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)300mg


              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

              高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

              この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)300mg


              カルベア(イルベタン錠ジェネリック)300mg

              0

                カルベア(イルベタン錠ジェネリック)300mg


                カルベア(イルベタン錠ジェネリック)300mg


                カルベア(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

                高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

                カルベア(イルベタン錠ジェネリック)300mg




                カルベア(イルベタン錠ジェネリック)150mg


                カルベア(イルベタン錠ジェネリック)150mg


                カルベア(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

                高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

                カルベア(イルベタン錠ジェネリック)150mg


                カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg

                0

                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg


                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg


                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

                  高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                  この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

                  もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg




                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg


                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg


                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

                  高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                  この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

                  もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg


                  カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg

                  0

                    カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg


                    カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg


                    カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

                    高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                    この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

                    もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

                    カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)300mg




                    カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg


                    カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg


                    カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)は、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。

                    高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                    この除圧薬は高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や糖尿病性腎症を合併した高血圧症に対して有効です。またイルベタン錠ジェネリックは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。イルベタン錠ジェネリックを服用したことで、血圧を下げるために血管が広がり、体内における水分や電解質のやりとりがコントロールされます。その効果で腎臓病や心臓病の患者にも有効であると考えられています。

                    もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

                    カルベジド(イルベタン錠ジェネリック)150mg


                    カルロック(カルベジドール)12.5mg

                    0

                      カルロック(カルベジドール)12.5mg


                      カルロック(カルベジドール)12.5mg


                      カルロックは、慢性心不全や高血圧、狭心症の症状を改善する治療薬として日本で販売されているアーチスト(第一三共)、アーチワン(沢井製薬)などのジェネリック医薬品です。 カルベジロールBP(Carvedilol BP)を有効成分とし、交感神経の受容体(α受容体、β受容体)を双方遮断する治療薬として、日本で初めて認可を受けました。血圧を下げ、心機能症状を改善させるため、慢性心不全や高血圧の薬として積極的に使用されています。

                      カルロック(カルベジドール)12.5mg


                      カンデサルタンシレキセチル16mg90錠

                      0

                        カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


                        カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


                        人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。

                        レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン?Uに変換され、このアンジオテンシン?Uがアンジオテンシン?U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン?U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン?U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

                        カンデサルタンシレキセチル16mg90錠




                        カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


                        カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


                        人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。
                        レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン?Uに変換され、このアンジオテンシン?Uがアンジオテンシン?U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン?U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン?U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

                        カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


                        カンデサルタンシレキセチル32mg90錠

                        0

                          カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


                          カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


                          人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。
                          レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン?Uに変換され、このアンジオテンシン?Uがアンジオテンシン?U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン?U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン?U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

                          カンデサルタンシレキセチル32mg90錠




                          カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


                          カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


                          人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。

                          レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン?Uに変換され、このアンジオテンシン?Uがアンジオテンシン?U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン?U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン?U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

                          カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


                          カーディゼムCD180mg

                          0

                            カーディゼムCD180mg


                            カーディゼムCD180mg


                            カーディゼムCD 180mgは、塩酸ジルチアゼムを有効成分とする、本態性高血圧症(軽症〜中等症)・狭心症・異型狭心症の治療薬です。
                            高血圧患者のうちおよそ9割は、本態性高血圧症と呼ばれる病態であり、その原因を特定できていません。塩分の過剰摂取や太りすぎ、運動不足、タバコや酒の過剰摂取といった環境要因や肥満といった遺伝的体質が深く関与していると考えられているものの、原因が明確になっていないため、血圧のコントロールが治療の主体となります。

                            また、心臓に酸素を供給する冠動脈の異常により一過性の虚血状態になる狭心症は、胸痛や胸部への圧迫感などがあり、心筋が壊死したり心筋梗塞をともなう場合もあります。 異型狭心症は、狭心症と同じく虚血性心疾患のひとつですが、心臓表面の冠動脈が痙攣することで症状が現れるもので、安静時に胸痛や胸部の圧迫感といった発作が起こることで知られています。

                            カーディゼムCD 180mgの有効成分である塩酸ジルチアゼムは、血管の平滑筋にあるL型カルシウムチャンネルのD部位に結合し、カルシウムチャンネルの機能を阻害する働きがあります。これによって心臓の冠動脈を直接拡張し、脈拍数を明らかに減少させることで血圧をコントロールし、本態性高血圧症(軽症〜中等症)や狭心症、異型狭心症の症状を緩和するのです。
                            カーディゼムCD180mg


                            スーパーメット(コハク酸メトプロロールXL)25mg

                            0

                              スーパーメット(コハク酸メトプロロールXL)25mg


                              スーパーメット(コハク酸メトプロロールXL)25mg


                              スーパーメットは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のコハク酸メトプロロールを含む医薬品は一般的に20mgや120?rが規格の錠剤です。

                              スーパーメットはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。スーパーメットは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

                              スーパーメット(コハク酸メトプロロールXL)25mg


                              セロケンXL(コハク酸メトプロロール)100mg

                              0

                                セロケンXL(コハク酸メトプロロール)100mg


                                セロケンXL(コハク酸メトプロロール)100mg


                                セロケンXLは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のセロケンは20mg、120?rの規格の錠剤です。こちらのセロケンXLは、1錠あたりメトプロロールを100mg含む国内には無い規格であるためご注意ください。

                                セロケンXLはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。セロケンXLは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

                                セロケンXL(コハク酸メトプロロール)100mg


                                ニカルジア(ニフェジピン)10mg

                                0

                                  ニカルジア(ニフェジピン)10mg


                                  ニカルジア(ニフェジピン)10mg


                                  ニカルジアはカルシウム拮抗作用を持つ二フェジピンを有効成分とした、高血圧治療薬です。慢性安定狭心症などの狭心症の発症の予防効果もあります。ニカルジアの有効成分である二フェピジンは、カルシウムチャンネル遮断を持つカルシウム拮抗薬で、心臓と血管に直接作用します。筋肉収縮に不可欠なカルシウムは、筋小胞体と呼ばれる筋肉細胞の滑面に存在する小胞体に貯蔵されています。 筋収縮時に、筋繊維の細胞内にカルシウムチャンネルという細胞膜状のゲートを経由し、筋小胞体に貯蔵されていたカルシウムが取り込まれます。 取り込まれたカルシウムは、細胞内のカルシウム結合タンパクと結合し、筋肉の収縮に作用します。有効成分二フェジピンはカルシウムチャンネルに結合し、カルシウムチャンネルを開けなくすることで、カルシウムイオンの移動を遮断します。 これにより、血管平滑筋が弛緩し、血管が拡張します。 血管の拡張によって、血液が循環する際に血管にかかる圧力が低下し、血圧が降下します。さらに、この血管拡張作用が冠状動脈で作用した際は、心臓への血液と酸素の供給が改善されることから、狭心症(特に狭心症発作)の予防薬としての作用もあるとされています。

                                  日本では高血圧症であるとされている人は約3,000万人と言われています。 つまり4人に1人が高血圧症ということになり、50歳以上の人においては、2人に1人が高血圧症であると言われています。長期に及ぶ高血圧症は、心肥大や動脈硬化を引き起こし、さらには脳卒中、心臓病、腎臓病などの合併症を引き起こすことになります。 このように、高血圧症は無症候のまま病状を進行し、命に関わるような合併症を引き起こすことから、『サイレントキラー』と言われています。狭心症は、心臓の筋肉の動脈である環状動脈が狭まり、心筋が一時的に虚血状態になることで発症し、胸痛や胸部圧迫感などの症状があらわれます。 冠状動脈の狭窄が原因であり、高血圧症による動脈硬化が原因としてあげられ、高血圧症による合併症の一つとして考えられています。

                                  ニカルジア(ニフェジピン)10mg


                                  ニカルジア(ニフェジピン)20mg

                                  0

                                    ニカルジア(ニフェジピン)20mg


                                    ニカルジア(ニフェジピン)20mg


                                    ニカルジアはカルシウム拮抗作用を持つ二フェジピンを有効成分とした、高血圧治療薬です。慢性安定狭心症などの狭心症の発症の予防効果もあります。ニカルジアの有効成分である二フェピジンは、カルシウムチャンネル遮断を持つカルシウム拮抗薬で、心臓と血管に直接作用します。筋肉収縮に不可欠なカルシウムは、筋小胞体と呼ばれる筋肉細胞の滑面に存在する小胞体に貯蔵されています。 筋収縮時に、筋繊維の細胞内にカルシウムチャンネルという細胞膜状のゲートを経由し、筋小胞体に貯蔵されていたカルシウムが取り込まれます。 取り込まれたカルシウムは、細胞内のカルシウム結合タンパクと結合し、筋肉の収縮に作用します。有効成分二フェジピンはカルシウムチャンネルに結合し、カルシウムチャンネルを開けなくすることで、カルシウムイオンの移動を遮断します。 これにより、血管平滑筋が弛緩し、血管が拡張します。 血管の拡張によって、血液が循環する際に血管にかかる圧力が低下し、血圧が降下します。さらに、この血管拡張作用が冠状動脈で作用した際は、心臓への血液と酸素の供給が改善されることから、狭心症(特に狭心症発作)の予防薬としての作用もあるとされています。

                                    日本では高血圧症であるとされている人は約3,000万人と言われています。 つまり4人に1人が高血圧症ということになり、50歳以上の人においては、2人に1人が高血圧症であると言われています。長期に及ぶ高血圧症は、心肥大や動脈硬化を引き起こし、さらには脳卒中、心臓病、腎臓病などの合併症を引き起こすことになります。 このように、高血圧症は無症候のまま病状を進行し、命に関わるような合併症を引き起こすことから、『サイレントキラー』と言われています。狭心症は、心臓の筋肉の動脈である環状動脈が狭まり、心筋が一時的に虚血状態になることで発症し、胸痛や胸部圧迫感などの症状があらわれます。 冠状動脈の狭窄が原因であり、高血圧症による動脈硬化が原因としてあげられ、高血圧症による合併症の一つとして考えられています。

                                    ニカルジア(ニフェジピン)20mg


                                    オルバンス(オルメサルタン・メドキソミル)20mg

                                    0

                                      オルバンス(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


                                      オルバンス(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


                                      オルバンス(オルメサルタンメドキソミル)は、血圧を上げる体内物質であるアンジオテンシンIIの働きを抑えて血管を拡張し、水分や電解質が調整されることで血圧を下げる、高血圧症の治療薬です。有効成分オルメサルタンメドキソミルが、体内物質アンジオテンシンIIと高血圧の原因となる受容体1との結合を妨げます。

                                      アンジオテンシンIIは、アンジオテンシンII受容体1と結合してはじめて、血管収縮・血圧上昇・利尿作用・細胞増殖などに作用します。血液量や血液中のナトリウム(塩分)が低下すると、アンジオテンシンIIが生成され、それが受容体1と結合すると、動脈の血管収縮を起こし、血圧が上昇してしまうのです。

                                      またアンジオテンシンIIは、循環血液量や血圧の維持に関係するホルモンであるアルドステロンの分泌と、抗利尿ホルモンであるバゾプレッシンの分泌を促進します。アルドステロンは、ナトリウムを再吸収することで血管内の血流量を増やして血圧を上げ、 バゾプレッシンは、細動脈を収縮させて血圧を上昇させます。 近年のマウスによる試験では、オルメサルタンが認知機能の低下に対して有意に抑制され、記憶力に対しても有意な改善が認められたとの報告があり、高血圧症の治療だけでなくアルツハイマーの治療薬としても、将来期待されています。

                                      オルバンス(オルメサルタン・メドキソミル)20mg


                                      ネビボロール5mg

                                      0

                                        ネビボロール5mg


                                        ネビボロール5mg


                                        ネビボロール5?rの有効成分ネビボロールは、血管を緩ませ血流を遅くすることで、高血圧の改善に作用するベータ遮断薬 です。高血圧を治療するために単独、あるいは他の薬剤と組み合わせて使用されており、ータ遮断薬と呼ばれる薬のクラスに含まれています。欧州では1999年から高血圧および心不全の治療薬として販売されており、アメリカでは2008年に承認されています。β遮断薬(ベータブロッカー)は、高血圧、頻脈性不整脈、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)、心不全などで用いられるお薬です。緊張状態だと交感神経が活性化し、動悸がしたり、血圧が上がったりします。その交感神経の作用をブロックするのが有効成分ネビボロールです。 ベータ遮断薬が心臓に作用すると、動悸をさせず、頻脈を抑えます。心拍数、心拍出量を抑制し、心臓の仕事量を低下させます。つまり、脈拍数をへらし、心臓の負担を減らします。このため、高血圧や頻脈性不整脈、狭心症治療薬として使用されます。

                                        高血圧は、血圧が正常範囲を超えて高い状態が続くことです。高血圧の人は、平常時に血圧が正常範囲を超えている状態を維持しています。高血圧が問題であるのは、脳卒中・心疾患・腎不全などの重大な病気の発症リスクを高めるからです。

                                        ネビボロールβ−アドレナリン遮断特性を特徴とし、本態性高血圧の治療に有用です。ベータ遮断体は、体内の様々な場所にあるベータ受容体を阻害することで作用します。 ベータ受容体をブロックすると、体内で自然に生成されるノルアドレナリンとアドレナリンと呼ばれる2つの化学物質の分泌を阻害します。それにより、血管を緩ませ、心拍数、血流を遅くし、血圧を改善する作用があります。

                                        ネビボロール5mg


                                        ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg

                                        0

                                          ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg


                                          ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg


                                          ハイザールは、強力な高血圧症治療薬です。有効成分として、1錠にロサルタンカリウムを50mg/ヒドロクロロチアジドを12.5mg含有しており、持続性アンジオテンシン?U受容体拮抗薬(Angiotensin II Receptor Blocker:ARB)/利尿薬合剤とも呼ばれています。ハイザールは、世界97の国または地域で発売されており、各国の高血圧治療ガイドラインでも推奨されているお薬です。日本でも2006年に承認されており、プレミネント配合錠LDという商品名でMSD株式会社によって製造・販売されています。

                                          高血圧症の原因は患者によってそれぞれ異なり、高血圧症治療薬単剤では十分に効果を発揮できない場合が多いです。そのため、現在の医療現場では血圧を適切にコントロールするために作用機序の異なる高血圧症治療薬を併用することが一般的です。ハイザールは、この異なる作用機序の高血圧症治療薬2種類を1つの配合剤としています。配合剤とすることで、複数の錠剤を服用する手間をなくし、なおかつ副作用を減らして血圧低下作用を強力にするという利点があります。

                                          それぞれの有効成分の特徴として、ロサルタンカリウムは日本では単剤ではニューロタン錠と呼ばれ1998年に承認されて市販されています。ロサルタンカリウムは、日本で初めて承認されたARBです。服用することで、血圧を上昇させる成分であるアンジオテンシン?Uの受容体に特異的に作用し、血圧低下作用をあらわします。

                                          ヒドロクロロチアジドも単剤で承認されており、1959年から日本で市販されています。ヒドロクロロチアジドは体内のナトリウムおよび水の排泄を促進し、余分な体液を尿として外部に出すことで血圧低下作用をあらわします。体内に余分な血液(水分)があると、心臓はその余分な血液を全身に循環させるため強力に収縮を行い、結果として圧力が強くなり、血圧が上昇します。ヒドロクロロチアジドは、この余分な水分を尿として排出することで心臓の負担を減少させることで血圧を低下させることができるのです。

                                          体内の余分な水分をなくすことで、むくみ(浮腫)の解消効果も期待できます。高血圧症患者を対象とした臨床試験では、ハイザールはロサルタンカリウムおよびヒドロクロロチアジドの単剤服用に比べてより優れた血圧低下作用が示されています。血圧を低下させることで心臓や腎臓等の臓器への負担を減らすことができます。それによって、将来起こるかもしれなかった脳卒中や心臓病、腎臓病等の命にかかわる病気の発症を予防することができ、結果としてより長生きすることができるようになります。

                                          ハイザールを服用するにあたって、注意することが2点あります。まず1つめは、ハイザールの服用によって一過性の血圧低下(ショック症状、意識消失、呼吸困難等を伴う)を起こすおそれがあるので、そのような場合には服用を中止し適切な処置を受けるようにしてください。また、本剤服用中は定期的(服用開始時:2週間ごと、安定後:月1回程度)に血圧をモニタリングすることが推奨されています。血圧計等で定期的に血圧を測定するようにしてください。

                                          2つめは、ハイザールの有効成分ヒドロクロロチアジドは、服用することで利尿作用をあらわすということです。ハイザールの服用タイミングは定められていませんが、夜間に服用してしまうと夜に尿意があらわれてしまうことがあるので、夕刻以降の服用は避けるのが一般的とされています。推奨されている服用方法は午前中(朝食後)なので、とくに問題がなければ、そのタイミングで服用するようにしてください。

                                          ハイザール(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg


                                          バソクセン(ネビボロール)5mg

                                          0

                                            バソクセン(ネビボロール)5mg


                                            バソクセン(ネビボロール)5mg


                                            バソクセン5mgの有効成分ネビボロールは、血管を緩ませ血流を遅くすることで、高血圧の改善に作用するベータ遮断薬 です。高血圧を治療するために単独、あるいは他の薬剤と組み合わせて使用されており、ータ遮断薬と呼ばれる薬のクラスに含まれています。欧州では1999年から高血圧および心不全の治療薬として販売されており、アメリカでは2008年に承認されています。β遮断薬(ベータブロッカー)は、高血圧、頻脈性不整脈、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)、心不全などで用いられるお薬です。緊張状態だと交感神経が活性化し、動悸がしたり、血圧が上がったりします。その交感神経の作用をブロックするのが有効成分ネビボロールです。 ベータ遮断薬が心臓に作用すると、動悸をさせず、頻脈を抑えます。心拍数、心拍出量を抑制し、心臓の仕事量を低下させます。つまり、脈拍数をへらし、心臓の負担を減らします。このため、高血圧や頻脈性不整脈、狭心症治療薬として使用されます。

                                            高血圧は、血圧が正常範囲を超えて高い状態が続くことです。高血圧の人は、平常時に血圧が正常範囲を超えている状態を維持しています。高血圧が問題であるのは、脳卒中・心疾患・腎不全などの重大な病気の発症リスクを高めるからです。

                                            ネビボロールβ−アドレナリン遮断特性を特徴とし、本態性高血圧の治療に有用です。ベータ遮断体は、体内の様々な場所にあるベータ受容体を阻害することで作用します。 ベータ受容体をブロックすると、体内で自然に生成されるノルアドレナリンとアドレナリンと呼ばれる2つの化学物質の分泌を阻害します。それにより、血管を緩ませ、心拍数、血流を遅くし、血圧を改善する作用があります。

                                            バソクセン(ネビボロール)5mg


                                            ミカルディス40mg

                                            0

                                              ミカルディス40mg


                                              ミカルディス40mg


                                              ミカルディス40mgは、血圧を下げるお薬です。血管内のアンジオテンシン受容体に作用し、昇圧物質アンジオテンシンIIの血管収縮作用を抑えることにより、血圧を下げる効果があります。高血圧症の治療などに用いられます。血圧を適切にたもつことは、脳卒中や心臓病、腎臓病のリスクを防ぐことにつながります。

                                              ミカルディス40mg


                                              ミカルディスプラス40mg

                                              0

                                                ミカルディスプラス40mg


                                                ミカルディスプラス40mg


                                                ミカルディス40mgは、血圧を下げるお薬です。日本では、テルミサルタンが成分のお薬です。血管内のアンジオテンシン受容体に作用し血管収縮作用を抑え血圧を下げる作用があります。高血圧症などの治療に服用されています。

                                                ミカルディスプラス40mg


                                                ミカルディス(テルミサルタン)80mg

                                                0

                                                  ミカルディス(テルミサルタン)80mg


                                                  ミカルディス(テルミサルタン)80mg


                                                  ミカルディスは、アンジオテンシンIIという昇圧作用がある物質を抑制することで、血圧を下げる働きをする、アンジオテンシンII拮抗薬と呼ばれるお薬です。有効成分であるテルミサルタンは、アンジオテンシンIIの持つ血管収縮と、ナトリウム保持作用を阻害することで、高血圧症の発症を強力に抑制します。また、アンジオテンシンII 受容体拮抗薬の中でも、半減期が最長の24時間もあるため、その効力が持続するとされています。アンジオテンシンIIとは昇圧作用を持つ物質です。アンジオテンシンIIには細動脈を収縮させる作用に加え、昇圧作用のあるナトリウムイオンを血中に保持するアルデステロンというホルモンを腎臓から分泌させる作用があります。これらにより血圧が上昇し、高血圧症が発症すると言われています。
                                                  高血圧症血圧が140/90mmHg以上の高血圧症である人は、日本では約3,000万人とされ、50歳以上の人では、2人に1人が高血圧症であると言われています。高血圧患者のほとんどが、本態性高血圧と呼ばれる、はっきりとした原因を特定できない高血圧症とされます。原因としては、食事での塩分過剰摂取やアルコール・運動不足・肥満・ストレスや疲労などが要因としてあげられる、生活習慣病の一つとしてとらえられています。頭痛、目眩、肩こり、むくみ、動悸、はきけ、耳鳴りなどの症状が出る場合もありますが、ほとんどの場合自覚症状がなく、またそれらは高血圧症特有の症状ではないので、放置されがちです。このように、高血圧症は無症候のまま進行し、命に関わるような合併症(心肥大・動脈硬化・脳卒中・心臓病・腎臓病など)を引き起こすことから、サイレントキラーとも言われています。

                                                  ミカルディス(テルミサルタン)80mg


                                                  リシノプリル2.5mg

                                                  0

                                                    リシノプリル2.5mg


                                                    リシノプリル2.5mg


                                                    リシノプリルは高血圧の症状を改善する薬剤です。一般名はリシノプリルです。国内の同成分の医薬品には、ゼストリルがあります。

                                                    リシノプリル2.5mg


                                                    ロサルタン50mg

                                                    0

                                                      ロサルタン50mg


                                                      ロサルタン50mg


                                                      ロサルタンは、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン?Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン?U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

                                                      ロサルタンには、腎臓を保護する働きが確認されており、その効果でたんぱく尿の減少や腎機能の悪化を抑えることが可能とされています。このため高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や高血圧症及びたんぱく尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症に対して効果を発揮します。またロサルタン(ロサルタンカリウム)は経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。

                                                      ロサルタン50mg


                                                      ★アルジュナ|JIVA

                                                      0

                                                        アルジュナ|JIVA


                                                        アルジュナ|JIVA


                                                        アルジュナは、インドの伝統医学アーユルヴェーダに基づいて開発されたサプリメントです。

                                                        有効成分としてアーユルヴェーダ生薬であるアルジュナを配合しています。

                                                        アルジュナはアーユルヴェーダ医学では心臓疾患にはまず最初に処方される生薬です。

                                                        アルジュナは心臓の機能を強化し、ストレスレベルを下げるのに優れたハーブとなっています。

                                                        服用することで血圧を抑える効果もあるとされています。

                                                        アーユルヴェーダは医学では心臓の健康を保つハーブとしてアルジュナを古くから活用してきました。

                                                        脂質の吸収を抑える効果もあるため、血中コレステロール値を抑える働きも期待できます。

                                                        アルジュナ|JIVA


                                                        ★カルデュラ(メシル酸ドキサゾシン)4mg

                                                        0

                                                          カルデュラ(メシル酸ドキサゾシン)4mg


                                                          カルデュラ(メシル酸ドキサゾシン)4mg


                                                          カルデュラは有効成分としてメシル酸ドキサゾシンを含有する高血圧治療薬です。
                                                          日本でも多く使用されている高血圧治療薬「カルデナリン」の海外ジェネリック医薬品であり、世界大手の製薬会社ファイザーが製造販売しております。

                                                          カルデュラは「α1受容体遮断薬」という系統の高血圧治療薬です。
                                                          高血圧治療で主流となっている薬剤はカルシウム拮抗薬(アムロジピンなど)やARB(ロサルタンなど)であるため、α1受容体遮断薬は第一選択薬ではありませんが、糖尿病や脂質代謝異常を合併している方に特に適しております。
                                                          喘息や排尿障害がある方も服用可能です。 

                                                          カルデュラは血管にある交感神経のα受容体を遮断することで、血管を拡張し血圧を下げます。
                                                          良好な血圧を保つことは、脳卒中・心臓病・腎臓病などの命に関わる疾患を予防して健康寿命を延ばすことに深く繋がります。

                                                          また、カルデュラは前立腺や尿道にあるα1受容体を遮断することで尿道を広げ、前立腺肥大による排尿障害を改善する効果が期待できます。

                                                          カルデュラ(メシル酸ドキサゾシン)4mg


                                                          ★リペース(ロサルタンカリウム)100mg

                                                          0

                                                            リペース(ロサルタンカリウム)100mg


                                                            リペース(ロサルタンカリウム)100mg


                                                            原因不明の高血圧症(一次性高血圧症)に悩まされている方
                                                            たんぱく尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症を患っている方
                                                            これまでの除圧薬で期待した効果が得られなかった方

                                                            リペース(ロサルタンカリウム)100mg


                                                            ノルバスク5mg

                                                            0

                                                              ノルバスク5mg

                                                              ノルバスク5mg


                                                              ノルバスクは、ファイザー株式会社が販売している、高血圧・狭心症治療薬です。

                                                              数ある高血圧治療薬の中でも、世界的に有名な薬で、高血圧治療において、第一選択薬とされ、多くの方の治療に役立っています。1993年12月から発売されていて、日本でも認可されている先発薬の降圧剤です。

                                                              ノルバスクの有効成分は、アムロジピンで、カルシウム拮抗薬という種類の医薬品に分類されます。カルシウム拮抗薬は、効き目が良く、安全性が高いといわれていて、合併症がある場合でも、安心して使用できる点が魅力です。カルシウム拮抗薬には、カルシウムが細胞内に侵入するのを防ぐ働きがあります。

                                                              血圧が上がる原因は、カルシウムが血管壁の細胞に侵入することです。それを防ぐために、カルシウム拮抗薬が使用されます。

                                                              アムロジピンは、心臓と全身の血管を拡張させ、血流を促すため、血圧を下げる作用があります。また、心収縮を抑え、心臓の負担を軽減する働きもあるため、狭心症の治療にも用いられます。効果は緩徐に現れるため、緊急な治療ではなく、日々継続して服用する薬です。

                                                              アムロジピンは半減期が長いことから、1日1回の服用で、持続的な臨床効果が得られる点が特徴です。さらに、多くの臨床エビデンスがあり、信頼性が高い成分です。

                                                              血糖値や脂質、尿酸への影響がないことから、年代を問わず多くの方に使用できます。また、アムロジピンは6歳以上の小児の高血圧治療にも使用することができる成分です。

                                                              ノルバスク5mg


                                                              << | 2/4PAGES | >>

                                                              PR

                                                              calendar

                                                              S M T W T F S
                                                                    1
                                                              2345678
                                                              9101112131415
                                                              16171819202122
                                                              23242526272829
                                                              << February 2020 >>

                                                              selected entries

                                                              categories

                                                              archives

                                                              recommend

                                                              links

                                                              profile

                                                              search this site.

                                                              others

                                                              mobile

                                                              qrcode

                                                              powered

                                                              無料ブログ作成サービス JUGEM